宵に歌う胡弦

作者:崎田航輝

 夜半、ひとけのない公園に、伸びやかな音色が響いていた。
 それは、朗々とした歌声にも似た弦音。細い体と長い弓、美しいシルエットを持つ二胡によるものだった。
 弾いているのは一人の青年。こうして夜、邪魔のない場所で練習するのが日課だった。
 他の音の存在しない中、夜空には二胡が情感を唄う音だけが響く。柔らかな音色による、滑らかな旋律、繊細なビブラート。それがひとつの物語を紡ぐように、流麗な音楽を作り上げていた。
「そろそろ、時間も遅いか。明日は演奏会もあるし、今日はここまでに……」
 と、その青年が手を止めたその時だ。
「──素敵な響きね。そんな音楽を作り出せる貴方には、素晴らしい才能がある」
 不意に、言葉とともに1人の女性があらわれた。
 それは紫の衣装をまとったシャイターン・紫のカリム。
「君、は……?」
「……だから、人間にしておくのは勿体ないわ」
 青年は口を開こうとする。だがそのときには、カリムが手元から炎を生み出し、青年を燃やし尽くしてしまっていた。
 そして、代わりに出現したのは、エインヘリアルとして生まれ変わった巨躯の体。
「これからは、エインヘリアルとして……私たちの為に尽くしなさい」
 カリムが言うと、青年だったエインヘリアルは、従順な頷きを返す。
 その手には、細長い弓のような美しい剣。それを確かめるように振るうと、1つ頷いて歩きだす。
 目指すのは、人々のいる街だった。

「集まっていただいてありがとうございます」
 イマジネイター・リコレクション(レプリカントのヘリオライダー・en0255)は、ケルベロス達に説明を始めていた。
「本日は、シャイターンのグループによるエインヘリアルの事件について伝えさせていただきますね」
 そのグループ『炎彩使い』は、死者の泉の力を操り、その炎で燃やし尽くした男性をエインヘリアルにする事ができるようだ。
「エインヘリアルとなった者は、グラビティ・チェインが枯渇している状態みたいです。なので、それを人間から奪おうとして、暴れようとしているということらしいですね」
 エインヘリアルは、既に町中に入っている状態だ。
「急ぎ現場に向かい、そのエインヘリアルの撃破をお願いします」

 状況の詳細を、とイマジネイターは続ける。
「敵は、エインヘリアル1体。出現場所は、市街地です」
 街の中心部であるために、人通りの多い一帯だ。
 エインヘリアルはここに現れ、殺戮を始めようとしている状態だという。
 幸いまだ被害者は出ていないので、急行して人々との間に割って入れば、そのまま戦闘に持ち込むことで被害を抑えることが出来るだろう。
「戦闘に入りさえすれば、エインヘリアルも、まずはこちらを脅威と見て排除しにかかってくるはずです」
 そこで撃破すれば、被害はゼロで済むはずだと言った。
 では戦闘力についての詳細を、とイマジネイターは続ける。
「剣を使った攻撃をしてくるようですね」
 能力としては、氷波による遠列氷攻撃、物理攻撃による近単ブレイク攻撃、連撃による近単体パラライズ攻撃の3つ。
 それぞれの能力に気をつけてください、と言った。
「多くの命がかかった作戦でもありますので……是非、撃破を成功させてきてくださいね」
 イマジネイターはそう言葉を結んだ。


参加者
芥川・辰乃(終われない物語・e00816)
アニエス・ジケル(銀青仙花・e01341)
藤原・雅(無色の散華・e01652)
虎丸・勇(ノラビト・e09789)
カレンデュラ・カレッリ(新聞屋・e14813)
風陽射・錆次郎(戦うロボメディックさん・e34376)
本屋・辰典(断腕・e44422)
今・日和(形象拳猫之形皆伝者・e44484)

■リプレイ

●接敵
 夜景を眼下に見る、上空。ケルベロス達はヘリオンで市街へと飛来してきていた。
「しっかし、こんな街中で暴れさせるたァな」
 カレンデュラ・カレッリ(新聞屋・e14813)は下方に流れていく町並みを見下ろしつつ、呟いている。
「記事のネタに困らねェのは有り難いが、もう少し平和的に活動してくれねェもんかね?」
「今回もまた、音楽家の人が狙われたんだね」
 声を継いで遠方を見るのは、今・日和(形象拳猫之形皆伝者・e44484)。その視線の先、大通りの中に、人垣と1体の巨躯の姿が見えてきていた。
「エインヘリアル、ですか」
 そう声を零すのは、本屋・辰典(断腕・e44422)。
 声音は落ち着いたものながら、微かに興味深げにその敵影に目をやっていた。
「こうして意外とあっさり増えるものなのですね。驚きました」
「それもこれも、死者の泉の力、か」
 風陽射・錆次郎(戦うロボメディックさん・e34376)は、ふと声を継ぐと、首を振って、眉尻を下げていた。
「ものすごい力……だからこそ。そんなものを使って、殺しただけじゃなく、あんな風にするなんて。魂の冒涜だよ」
「……ええ。命を奪い、それにとどまらず、奪った命に更なる命を奪わせようとは……全く、許し難く」
 目を伏せる芥川・辰乃(終われない物語・e00816)も、その声に静かな怒りを滲ませる。
 ボクスドラゴンの棗は、そんな主を見て気負わせぬようにと、周囲を飛び回っていた。辰乃は棗に頷き、ハッチから体を出す。
「そうですね。今は先ず、戦場へ」
「うん。一般人の人の為にも、被害者の人の為にも──」
 と、頷くのは虎丸・勇(ノラビト・e09789)。ライドキャリバーのエリィとともに、先頭を切って夜空へ跳んでいた。
「──こんな戦い、早く終わらせないとね」

 騒乱の人波の中で、エインヘリアルは1人、剣を振り上げていた。
 悲鳴に叫声。それを意に介さぬように、巨躯は腕に力を込める。
「さあ、演奏を始めよう──」
 だが、ちょうどその時。空から舞い降りてくるものがあった。
「おまちくださいませ!」
 それは、くるりと身軽に体を翻す、アニエス・ジケル(銀青仙花・e01341)。降下とともに鋭い矢を放ち、エインヘリアルの鎧を穿って後退させていた。
 着地したアニエスは、ぴしりと向き直って、巨躯へ立ちはだかっている。
「あなたのお相手はアニエスたちですよ! これ以上、一般の方々は傷つけさせません!」
「何だ、君は……」
「……ケルベロス」
 と、睨み返していたエインヘリアルに、背中から声が響いた。
 藤原・雅(無色の散華・e01652)。怯む様子もない無機質な表情で、挑発してみせる。
「……それ程までにグラビティチェインが欲しいのであれば、私から持っていくと良いよ。……まあ、タダでは無いのだが」
「ケルベロス……そうか、君たちが」
 エインヘリアルは得心したように、剣を握り直した。こちらを倒すべき敵と認識したのだ。
 が、そこで別方向から光が降ってくる。
「どこ見てるの。そんなに隙だらけだと……縛り付けちゃうよ!」
 それは眩い翼を駆る、日和だ。同時、着地とともに低い姿勢で一撃。霊力を纏った拳で巨躯を捕縛していた。
 その間に、錆次郎は人々へ声を上げている。
「皆、今のうちに逃げて!」
「脅威は、必ず討ってみせます。ですから慌てず、退避を」
 と、辰乃も呼びかけて、周囲のものを誘導していく。
 人々が動き始めると、勇は逆流を防ぐようにキープアウトテープを巡らせていた。
「さあ、危ないから離れて! 近づいちゃ駄目だよ!」
「被害など出させませんから、安心して逃げていてください。──何せこちらは、護り勝った上で生き残りに来たものですから!」
 惑うものへは、辰典が声をかけて安堵させていく。その内に、人々はスムーズに避難。狭い一帯は無人と化していた。
 エインヘリアルは遅まきながらそれに気づき、苦渋の表情で見回す。
「いつの間に……」
「邪魔されて怒ってんのかい?」
 と、その視界を遮るように、カレンデュラは紫煙をくゆらせて疾駆。眼前に肉迫していた。
「別に構わないぜ、食事を続けてくれても。命の保証は──出来かねるがな」
 瞬間、重い蹴り上げで、巨躯の顎を打ってふらつかせる。
 連続して、錆次郎はブラスターを撃ち当て、辰典も近づいて飛び蹴り。辰乃は霊力で前衛を守護し、同時に雅も刀を抜いて印を切っていた。
「それでは私も、助力させてもらおうかな。──祓い、清め、護り給え」
 それは『香の護り』。刀が空を斬ると藤の花の香りが舞い、前衛に守りの加護を与えていた。
 エインヘリアルは反撃に出ようとしている。が、そこへは勇が跳んでいた。
「もう少しだけ、じっとしていて貰おうかな」
 勇はそのまま、逆手に持ったナイフ・業【カルマ】に雷を纏わせる。
 その力は遁術、『雷刃』。刹那、鋭い雷光を奔らせて一閃。エインヘリアルの肩を裂くとともに麻痺を与えていた。

●剣戟
「強いんだね……これなら確かに、デウスエクスが殺されてしまうのもわかる」
 エインヘリアルは呟きながら、体に滲んだ血を見下ろしていた。
 だが、同時に笑いを零すように、刃を構え直す。
「でも好都合だ。これなら全力で新しい音を奏でられる」
「……その剣、二胡の弓だね」
 雅は白銀色の瞳で、敵の剣を見つめていた。
 それは確かに、変貌する前なら美しい音色を奏でられたであろう、二胡の弓だ。
「……シャイターンにも解る程の音楽の才、その二胡の音……、聴いてみたかったね」
「そうだね。この人の二胡を心待ちにしている人もいたんだろうし。出来れば、こんな形で相対したくなかったよ」
 錆次郎も少し、淋しげな声を落とす。
 エインヘリアルは、反抗するように笑んでみせた。
「何を悲しがる事がある。もっといい音を奏でればいいんだ。死の音色を」
 言って剣を突きつける。その表情はしかし、既に人から外れた狂的なものだった。
 錆次郎はゆっくりと首を振る。
「ううん、させない。此処で、止めてあげるよ」
「そうだよっ。かわいそうだけど、本気でいくからねっ!」
 まっすぐに言ってみせた日和は、周囲に紙兵をばらまいていた。一瞬視界を覆ったそれは、霊力の淡い光を灯して、仲間の守りを固めている。
「これはチャフ。キミの目を欺くためのね!」
「ええっ、攻撃はアニエスたちが、いたしますよ!」
 瞬間、声を上げたアニエスが、疾駆して巨躯へ肉迫していた。
「さあ、ポチくんも……!」
「ピコピコ」
 と、応えるように音声を発するのはテレビウムのポチ。そのまま走り込んで、エインヘリアルの脚部を傘で打ち据えていた。同時、アニエスは爪を鋭利に伸ばし、胸部に斬打。巨躯にたたらを踏ませていく。
「さて、こっちも連携していくよ」
 次いで、勇はエリィとともに疾走していた。
 エリンへリアルは勇に狙いをつけようとする。が、そこにはタイミングよくエリィが突撃。巨躯がそれで視線を下ろせば、今度は上方から勇が跳んで一撃。エクスカリバールで脳天を強打していた。
 ふらついたエインヘリアルはそれでも反撃に出る。が、繰り出された斬撃はエリィが装甲で上手く受け、衝撃を半減させていた。
 直後には、錆次郎がルーンの力を解放し治癒。辰乃も同時、想いの力を込めて、銃口から命の光を放っていた。
 その力は『或旧友へ送る』。着弾とともに暖かな煌めきを生んで、エリィの浅い傷を完治させていた。
「治療の方は、これで大丈夫でしょう」
「では、反撃としましょうか」
 辰乃に声を返し、辰典は即座に踏み出す。鈍銀色の板金鎧にオウガメタルを纏わせ、要塞の如き堅牢さを得た辰典は、そのまま一打。重量を拳にのせて殴り上げ、巨体を宙へ煽った。
 間を置かず、雅がそこへ跳び、斬撃。斬霊刀・藤霞を奔らせ全身に傷を刻んでいく。
 血滴が降る中、カレンデュラも高々と跳躍していた。
「無防備だな。全力で行くぜ!」
 瞬間、空中で繰り出すのは『強襲』。
 急所に拳を打ち込み、頭突きで一瞬意識を飛ばし、回し蹴りで巨躯を地に叩きつける。さらに、落下と同時にカレンデュラは追撃。銃弾の雨を降らせ、鮮血を散らせていた。

●闘争
 エインヘリアルは、呻きながら起き上がる。その表情は憎らしげなものだった。
「まだだ……僕はやれるんだ。この体で、新しい音楽を……」
「でもそれは、破壊をもたらしてしまうものだから。人間だった君がやりたかったものとは、別物だよ」
 錆次郎は静かに声を返す。元凶への怒りを感じながら、それでもまっすぐに見据えていた。
 エインヘリアルは問答無用とばかり、剣を握り直す。
 だが、そこへはアニエスが先んじて接近していた。
「させはしないのです、よ! えいっ……!」
 瞬間、オウガメタルで拳を覆い、一撃。殴打を加えて鎧の一部を粉砕する。
 ふらついた巨躯へ、日和も死角から距離を詰めていた。
「ほらほらっ、よそ見してると危ないぞっ! こっちだよ!」
「く……」
 エインヘリアルは慌てて振り向く。だが、日和は低い姿勢でゼロ距離へ。そのまま、遠心力をつけた蹴りを放っていた。
「猫拳は拳だけじゃなくて蹴り技も強いんだぞ! コレで痺れちゃえ!」
 瞬間、命中した一撃が巨躯の動きを止めると、勇もそこへ跳躍。脚に炎を纏わせ、熱気を伴う飛び蹴りを打ち込んでいた。
「このまま、連撃でいけるかい」
「ええ、任せてください」
 次いで、勇に応えた辰典は、間合いを取った位置から射撃。ライフルから光の奔流を撃ち出し、巨躯の足元を凍結させていた。
 エインヘリアルはそれでも、氷波を放って反撃する。だが、直後には錆次郎が、流体金属・ポーンメタルから光の粒子を発散し回復。
 同時、辰乃も楚々と足を踏み鳴らし、花嵐のオーラを生み出していた。それが皆を万全に保つと、辰乃は棗に言葉をかける。
「攻撃はお願いしますよ」
 棗は応えるように羽ばたき、敵の間近でブレス。巨体の全身に傷を刻んでいった。
 エインヘリアルは呻きつつも、倒れずに剣を振り回す。が、カレンデュラは眼前にいながらも間一髪で体を逸らしていた。
「っと、危ねえ危ねェ、危うく真っ二つだ。仕事終わりのウイスキーが飲めなくなるところだった──ぜ!」
 刹那、カレンデュラはリボルバー“静寂のルネッタ”で連射。無数のマズルフラッシュを焚いて巨体に穴を開けていく。
「ぐぅ……!」
 苦悶を上げつつ、エインヘリアルはそれでも腕を振り上げる。しかしその腕を、雅が藤霞の刀身で抑えていた。
「……ふふ、そうそう思い通りにはいかないよ」
 涼やかな声と、掴みどころのない表情で、雅は笑ってみせる。
 同時、優雅な所作で藤霞を引き、敵の手元を裂くと、返す刀でさらに一閃。冷気を纏った斬撃で、エインヘリアルの胸部を裂きながら、地に伏させていた。

●決着
 這いつくばるように地に手をつくエインヘリアル。漏れる声は、慟哭交じりでもあった。
「馬鹿な……僕は、死ぬのか、ここで……」
「……ええ」
 辰乃は小さく返す。
 救えたかもしれないと思ってしまうのは、きっと傲慢だと辰乃は思っている。
(「でも、その気持ちを忘れてしまえば、私は戦えません」)
 だから辰乃は、憐憫とも悔恨ともつかぬ感情を抱きながら、敵に向かい頷きを返していた。
「ま、早めにやってやるさ」
 と、言ったカレンデュラは再び強襲。連打と銃撃で、一気に巨躯の体力を削り取っていく。
 そこへ、勇もナイフに雷を纏っていた。
「じゃ、このまま畳み掛けていこうか」
「はいっ! アニエスもまいります、ね!」
 応えるアニエスも接近。ポチの打撃と挟み込む形で、爪撃で足元を切り裂いていく。
 そこで、勇はエリィに足をかけ跳躍。山なりに跳び、エリィが突撃をかますのと同時に、雷の落ちるような刺突を喰らわせていた。
 エインヘリアルは朦朧としながらも、必死の斬撃を繰り出す。だが、辰典がその頑強な鎧で耐え抜いてみせると、即座に辰乃がオーラを施して治癒していた。
「ありがとうございます。では俺は攻撃を」
 と、辰典は反撃に移り、溜め斬りで巨躯の片腕を切り飛ばしていく。
 悲鳴を上げるエインヘリアルへ、雅はあくまで泰然と。歩み寄るような軽い踏み込みで、藤色の光散らす、強烈な袈裟斬りを叩き込んでいた。
「……さて、そろそろ、という感じだね。あとは頼めるかな」
「うん」
 雅に頷いた錆次郎は、足取りも覚束ない巨体へ向き直り、エネルギーを収束した。
「無念は必ず晴らすから、ゆっくりお休みね」
 瞬間、眩いブラスターを放つ。それが巨躯の意識を飛ばしていくと、同時に日和が高速で駆け、至近まで迫っていた。
「これでトドメだーっ! 懐に潜り込んで、打つべしっ!」
 そのまま声とともに、全身を輝かせて抗神拳。
 光柱が昇るかのような裂帛のアッパーカットを放ち、エインヘリアルを宙へと飛ばして、霧散させた。

「おわりました、ね! みなさま、お疲れさま、です!」
 戦闘後、アニエスの言葉に皆は戦闘態勢を解いていた。
 日和も息をついて見回す。
「ふうっ、つかれたーっ。壊れたものはなかったかな?」
「……少し周りが傷ついてるみたいだね。直そうか」
 雅が言うと、皆は頷き周囲をヒール。綺麗な町並みへと修復した。
 錆次郎はその間も辺りを捜索していたが、敵の手がかりになるようなものはなかった。
「どんな小さなものでいいから、と思ったんだけどね。残ったのはこれだけ、か」
 言って見下ろすのは、二胡の弓の破片だ。
「二胡の演奏、聴いてみたかったなぁ……」
 勇は呟いて、その破片を見下ろす。
 その内にそれも、風に散って消えていった。勇は目を閉じて、弔う。
「どうか、安らかに」
「それにしてもニコって、どんな楽器なんだろ? このお兄さん、いつも笑顔だったのかな?」
 日和は素直に首を傾げる。
 辰乃はゆっくりと頷いた。
「あるいは、人であったときはそうだったのかも、しれませんね」
「……才能に目を付けておいて、弾く手指をも焼き変える、ですか」
 辰典は視線を落として口を開く。
「俺は音楽に明るくありませんが。域に辿り着く鍛錬がふいにされるのは、やはり感心しませんね」
「ええ、本当に、許し難いことです」
 辰乃は言ってしゃがみ込む。それから見下ろし、自身も呟くように祈った。
「……どうか、安らぎを」
「──あー、やっぱ閉まってるか」
 と、カレンデュラは近くの店を覗き込み、残念そうに首を振っている。
「買い出し頼まれてんだけどな。此処の店員、どこ行ったか知らねェか?」
「……おや、ちょうど戻ってくるようだ。あの中にいるんじゃないかな」
 それに、雅が応えて遠くを向く。
 そちらからやってくるのは、街へ帰ってきた大勢の人々だった。
 こうして辺りはすぐに、平和の風景となる。
 皆は頷き、それを機に解散。街や帰路へと、それぞれに去っていった。

作者:崎田航輝 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2018年2月12日
難度:普通
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 5/感動した 0/素敵だった 1/キャラが大事にされていた 0
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。