ミッション破壊作戦~光輝の剣よ、回廊を砕け!

作者:天枷由良

●プレゼントの使いみち
「さすがケルベロスね。あの巨大な……重巡級ダモクレス『ゴッドサンタ』も、立ちどころに撃破してしまうのだから」
 ミィル・ケントニス(ウェアライダーのヘリオライダー・en0134)は微笑みながら、おかげで重大な情報が判明したと付け加える。
「ゴッドサンタから入手した、あの『グラディウス』についてよ。長さ70cmほどの光る小剣型兵器。通常の武器としては扱えないけれど、その代わり魔空回廊の破壊に使えることが分かったわ」
 通常の魔空回廊なら時間経過で消失するため、グラディウスを用いるまでもない。
 しかし固定型の魔空回廊――特に、現在各地で『ミッション』の拠点となっている『強襲型魔空回廊』を破壊して、デウスエクスの地上侵攻を止めるにはもってこいの道具だろう。
「グラディウスは一度使うと、再使用までにかなりの長い期間、グラビティ・チェインを吸収させなければならないわ。けれど今回入手できたものには『すぐに使用可能』なグラディウスが多くあったの」
 これを用いれば、各ミッション地域をデウスエクスから解放する『ミッション破壊作戦』を行うことが出来る。
「どの場所、どのミッションを攻撃するかは、これからする説明をよく聞いて、皆で決めてちょうだいね。私たちヘリオライダーは、それに従うわ」

 まず、強襲型魔空回廊のある場所について。
 これは各ミッション地域の中枢になるため、通常の方法で辿り着くことは極めて難しい。
 場合によっては、デウスエクスに貴重なグラディウスを奪われる危険さえ考えられる。
「よって今回は『ヘリオンを利用した高空からの降下作戦』という形をとるわ。強襲型魔空回廊の周囲は半径30mほどのドーム型バリアで囲われているのだけれど、このバリアにグラディウスを触れさせることが出来れば良いから、高空降下作戦でも充分に狙えるわよ」
 強襲型魔空回廊の周囲には強力な護衛部隊が存在するが、高高度からの降下攻撃まで防ぐことは出来ない。
 八人のケルベロスがグラビティを極限まで高めた状態でグラディウスを使用し、強襲型魔空回廊に攻撃を集中すれば、場合によっては一撃で強襲型魔空回廊を破壊する事すら出来るだろう。
「たとえ一回で破壊できなくても、ダメージは蓄積するわ。最大でも十回程度……それだけの降下作戦を行えば、強襲型魔空回廊を確実に破壊する事が可能でしょう」
 そしてグラディウスは、攻撃時に雷光と爆炎を発生させる。
 この雷光と爆炎はグラディウスを所持している者以外に無差別に襲いかかるため、強襲型魔空回廊の防衛を担っている護衛部隊にも防ぐ手段はない。
「攻撃の余波で護衛部隊がある程度無力化されている内に、皆は雷光と爆炎によって発生するスモークを利用して、撤退してちょうだい。ミッション破壊作戦を続けるためにも、貴重な兵器であるグラディウスを持ち帰る事は重要よ」
 それでも護衛部隊を完全に無力化する事は不可能であるから、強力な敵との戦闘は免れないだろう。もし撤退にまごついて、敵が態勢を整えてしまった場合は降伏するか、或いは暴走して撤退するしか手段が無くなるかもしれない。
「けれど、混乱する敵が連携をとって攻撃してくる事はないわ。行く手を阻む強敵だけを素早く倒して、撤退できるようにしましょう」
 どんな敵が現れるかは、攻撃するミッション地域からある程度想定することも出来るだろう。それを考慮した上で、攻撃先を選択するのが良いかもしれない。
「今このときも、デウスエクスたちは前線基地としてミッション地域を増やし続けているわ。これを止めるためにも、皆の『強い意思や願い、想い、魂の叫びの全て』をグラディウスに込めて、ぶつけてちょうだい。もちろん、必ず発生するであろう強敵との戦いを潜り抜けて、グラディウスと一緒に全員無事で帰還することも、忘れずにね」


参加者
ヴァジュラ・ヴリトラハン(戦獄龍・e01638)
長篠・樹(紋章技工師・e01937)
白波瀬・雅(サンライザー・e02440)
アルケミア・シェロウ(罠仕掛け・e02488)
螺堂・セイヤ(螺旋竜・e05343)
御影・有理(書院管理人・e14635)
カッツェ・スフィル(黒猫忍者いもうとー死竜ー・e19121)
プラン・クラリス(愛玩の紫水晶・e28432)

■リプレイ

「どうせなら夏に来たかったね」
 そう言って、プラン・クラリス(愛玩の紫水晶・e28432)は紺碧へ身を投げた。
 飛ぶ力のないサキュバスの翼で風を拾うも束の間、全身が冷気に包まれていく。
 此処は北海道東方、千島列島沖。
 彼らケルベロスたちの目指すものは、遥か水底にある。

●潜行
(「グラウを思い出すなぁ」)
 カッツェ・スフィル(黒猫忍者いもうとー死竜ー・e19121)は海中を進みながら、およそ一年ほど前に討ち取った戦艦竜へ思いを馳せる。
 鯨の姿をした竜を掻っ捌いた感触は今でも手に残るが、それを愛おしむだけでは物足りなくなってきた頃。久々の竜狩りとあれば、自然と胸も高鳴った。
 とはいえ、その前に刃を突き立てるべき相手を忘れているわけではない。
 馴染みの鎌に代わって携えるは、輝く小剣グラディウス。これを強襲型魔空回廊に向けて振るい、傷つけ、あわよくば破壊するのが此度の目的だ。
 敵地中枢へ乗り込んでの作戦は厳しいものとなるだろう。
 しかしケルベロスたちは、一刻も早く回廊を破壊し、この地に君臨する深海竜メギドを討ち果たさねばならない。
 何故ならヴァジュラ・ヴリトラハン(戦獄龍・e01638)が考える通り、全ての戦いには人の生と同じく終わりが訪れるべきであって。
 終わらせなければ、かつて御影・有理(書院管理人・e14635)も抱いたような、まさしく竜の爪牙で抉られるほどの心痛を、数多の人々が味わい続けることになるのだ。
(「……これ以上、奪わせはしない」)
 影のように黒いボクスドラゴンのリムを伴う有理は、銀の薔薇が月長石を抱くペンダントに触れ、決意を新たにする。
 それをじっと見つめていた長篠・樹(紋章技工師・e01937)は、やがて返された微かな笑みに安堵して、視線を前に向けた。
 竜の拠点に攻め入ると聞き、よもや有理が捨て鉢になっているのではないかと案じていたが、どうやら杞憂であったらしい。
 ならば良し。あとは可愛い妹分の背を支え、竜勢力に一太刀浴びせてやるのみ。
 深海竜の餌食となって漂う船舶の残骸を次々と見送りながら、ケルベロスたちは生命が存在することすら許されないような暗闇を進んでいく。
 手持ちの灯りは、とうに役立たず。けれども程なく現れた獲物は、アルケミア・シェロウ(罠仕掛け・e02488)の狐面越しにも、はっきりと見て取ることが出来た。
 とぐろを巻く竜。この深海にすら適応した牙の兵。彼らの姿を歪める半球状の被膜。
(「私達のような思いを、他の人にはさせない!」)
(「これ以上、やらせるものか……っ!!」)
 白波瀬・雅(サンライザー・e02440)と螺堂・セイヤ(螺旋竜・e05343)が先陣切って魂の叫びを上げ、刃を突き出した。
 瞬間、業火と雷鳴が水底を揺さぶり、深海竜たちの姿が掻き消える。

●咆哮
(「竜の魂をたくさん潰すためにも、ちょっとは本気出して貰わないとね!」)
(「漁船を沈められたら、美味しい海鮮が食べられなくなっちゃうよ」)
 我欲と等しく、それ故に純粋なカッツェとプランの想いが閃光と化して荒れ狂う。
(「弱きを助け強きを挫くはドラゴニアンの誉れ……その為に、俺達は永遠の命と力を捨てたのだ!」)
 ヴァジュラの信念が溶岩のように、止めどなく溢れて海を灼く。
 小さな剣から放たれるケルベロスたちの魂は海底に嵐を巻き起こし、沈黙が揺蕩うばかりだった世界を一瞬で反転させた。
 しかし魔空回廊を守る壁は堅牢堅固。猟犬の咆哮を全て受け止め、ひたすらに侵略を阻み続ける。
(「流石は竜の拠点、一筋縄ではいかんな……!」)
 暴れるグラディウスを押さえ込み、ヴァジュラはニヤリと笑った。
 相対するものが何であれ、強ければ強いほどに気が高ぶる。
(「この地を守り、取り戻す! 背負ったものと俺自身の為に――我が戦獄の全てを賭して、ぶち壊す!」)
 沸き立つ血潮に剣の輝きは増して、吐き出される力が更なる苛烈さを帯びた。
 それでも、壁は割れない。崩れない。
(「ドラゴン共……貴様等は必ず、俺がこの手で滅ぼす……!!」)
 セイヤが滾る感情の全てを込めても、僅かな綻びさえ見出せない。
(「このっ! さっさと砕けろ!」)
(「漁の邪魔する害獣は、消えて」)
 カッツェとプランが唸る。しかし放たれる力は、虚しく消えていく。
(「やはりもう少し、強い恨み辛みでもあった方が……いや」)
 頭を振って、アルケミアは剣を握り直した。
(「わたしに拘るものは無くても、お前たちの所為で悲しむ友達がいるんだ。……返してもらうよ、平穏を! さあ、害竜退治だ!」)
 狐面の裏から全霊を注ぐ。にわかに剣の生む光が強まって――しかし壁は悠然と、それを跳ね返す。
 届きそう、という感覚すら抱けない。回廊との間に隔たるものは、彼らの決意と想像を確実に上回っていた。
(「だけど……こんな所で、立ち止まっていられない!」)
 雅は歯を食いしばりながら、剣を蹴りつける。
 たとえ回廊を傷つけても、破壊しても、竜が巣食う彼方の島で死んだ友は蘇りやしない。
 親しき人を同様に亡くした有理や樹とて、そんなことは百も承知。
 だが――。
(「彼が帰って来なかった日のこと、忘れるものか!」)
 有理の剣から放たれる光が、一段と凄烈になった。
 この一度で壊さねば、明日が誰かの『あの日』となるかもしれない。
 そんな哀しみを繰り返すわけには。人の心に消しえぬ傷を重ねるわけにはいかないのだ。
(「命を護る事――これが……私達ケルベロスの為すべき事!」)
(「そして必ず竜十字島へ! 私達の爪牙、突き立ててみせる!」)
 樹と有理。九龍と名付く地から来た二人は肩を並べ、力の限りに剣を振るう。
 生命奪われた人々の嘆きを、遺された者の痛みを、竜の島で果てた戦士たちの無念すらも取り込んだかのように、轟く双雷が幾度も壁を打つ。
(「諦める訳にはいかない! 皆の光を……私に貸して!」)
 帰りを待つ仲間。自身の中にある魂。大切なものを守るという意志。
 己が信ずる全てを込めて、雅は心擦り切れるほどに哮る。
(「絶対に……絶対に、諦めるものかぁぁぁッ!!」)
 渾身の叫びは雷光を一つに束ね、炎と重ね合わせた。
 刹那、星をも割りそうな衝撃と轟音、閃光が海を駆け抜ける。
 ケルベロスたちはグラディウスを手放さぬよう、必死で奔流に耐え忍ぶ。
 女神が微笑んだのは、その時であった。
 光が神の雷槌となって、壁を一振りで叩き壊す。
 その奥に佇む回廊も、燃え盛る火天が一息で消し飛ばす。
 天地開闢でもやってきたのか、とかく凄まじい力が海底を薙ぎ払っていく。
 そして力を振るったケルベロスたちでさえ理解の及ばぬうちに、竜の拠点は跡形もなく崩れ去っていた。
 この光景を奇跡という言葉で括る以外に、表す方法は見つからない。

●激昂
「許さぬ……許さぬぞ!!」
 澱む海の底から、邪悪な声が響く。
 弾かれたように水を蹴ったケルベロスたちを追い抜き、深海の主は牙を剥き出しにして吼えた。
(「……ふん」)
 やれるものならとばかりに敵を睨めつけ、グラディウスを鞘へと収めたヴァジュラが二つの金剛杵を取り出す。
 名乗りを上げられないのがもどかしい。せめてもと心の内で語り、ヴァジュラは全身の傷跡から地獄を滾らせた。
(「さあ、俺と殺し合え! そして我が戦獄に死を満たせ!」)
 開戦の狼煙だ。生ける者全てを喰い散らかそうとする無数の炎弾が撃ち出され、激しく燃え盛りながらメギドへ向かって――渦の壁に阻まれ、消えていく。
「この身に脆弱な炎など通ずるものか!」
 殺意を漲らせた深海竜の、巨大な身体がうねる。渦が弾かれて、ケルベロスたちを捻り潰さんと襲いかかる。
 樹の散りばめたヒールドローンや、アルケミアの張った守護星座陣など物ともしない圧倒的な力。それでも自身へと迫る渦を紙一重で避けたカッツェとリムは、ヴァジュラとセイヤを捕らえるはずだったものに身を投げて庇い通した。
(「っ……!!」)
 防具で備えて守勢に立っても、ただの一撃で全身がバラバラにされたような感覚を味わいながら、しかしカッツェは笑う。
(「上っ等! だからドラゴンは殺し甲斐がある!」)
 二振りの鎌で首を刎ねる瞬間が待ち遠しい。けれどその前に下拵えだ。
 未だ荒れる海を掻き分けて硬化した爪を突き立てれば、有理に脳髄を賦活され、プランから妖精の祝福を受けた雅が潮流を裂きながら現れて、ヴァルキュリアの装備を具現化させた脚で蹴り込む。
(「ドラゴンは全て、俺の敵だっ……! 俺の全てを以てでも、貴様を倒すっ……!!」)
 巨竜の姿に目の色を変えたセイヤも、魔装の脚甲アルビオンに注ぎ込んだ力を全て破壊に転化して炸裂させた。
 打撃の起こした鈍い音が、ゆっくりと海中を伝わっていく。
「……これが何だと言うのだ」
 小さく震え、呟くメギド。その周囲を城壁のように水が覆った。
 取り付いていた三人が跳ね飛ばされ、もがいて体勢を立て直した時、深海の主は繕うこともなく叫ぶ。
「この程度の者に! 我らがドラゴニアの回廊は擦り潰されたというのかッ!
 なんたる汚辱! なんたる恥辱! 
 かくなる上は貴様等の屍を連ねて沈め、海行く全てを塵と化して積もらせてくれる!
 よもや生きて帰れると思うな! ケルベロスどもッ!」
 身が竦むほどの純粋な怒りと憎悪を叩きつけられて、そこでケルベロスたちは思い違いを悟った。
 此処は敵地の只中。立ちはだかるは個体最強のデウスエクスとされるドラゴン。
 戦いながら何処かを目指すとか、厳しくなれば退くなどと器用なことは出来ない。
 帰るには、まず深海竜を討ち果たさねばならないのだ。
 どんな手段を用いても。

●応酬
(「――ヤツに比べれば……っ!!」)
 おびただしいほどの血が滲む片腹に顔を顰め、セイヤは降魔刀『叢雲』を振るった。
 この竜を討たずして、故郷を滅ぼした悍ましき竜を滅することは出来ないだろう。
 無茶を承知で吶喊。蒼い鱗を裂けば僅かに敵の動きが鈍る。間髪入れずに雅が裂け目へ指天殺を打って、寸分違わぬところにアルケミアが流星の如く鮮やかな蹴りを浴びせると、プランの放った白い蝙蝠が魔力を伴い、傷を穿った。
(「残霊と戦い続けたことなどお前は知らんだろう。だが俺は、今日この日を待ち望んでいたのだ!」)
 此方も体中に新たな傷跡を作るヴァジュラが、仲間の連撃に続いて金剛杵を百節棍と化し、怒涛の連打を叩き込む。
 些か鈍重になった巨体は狙い所に困らない。しかし並のデウスエクスならば討ち果たすであろう破壊的な技も、深海の主に致命傷を負わせるには至らない。
 怒れるメギドは漆黒のドラゴニアンを捉え、あらゆるものに終焉をもたらす牙を剥いた。
 ヴァジュラは怯まず、呻かず、恐れず、真っ向から相対する。
 その意気や良し。けれども貫き通して海に散られては、難局を乗り越える為に必要な火力が失われてしまう。
 主が命ずるまでもなく、押しのけるようにリムが躍り出て、間もなく霧散した。
 有理は銀の薔薇を掴む。
 ただ一人の盾役という最も危うい立場になったカッツェの脳髄を念入りに賦活すると、樹も光の盾を具現化して防護に当たらせた。
(「あぁ、もう! 殺す、絶対に殺す!」)
 光盾越しに竜の眼を睨めつけ、カッツェは鎌を携えて水を掻く。
 失った血肉は魂で補わせてやる。虚の力を纏う蒼い大鎌を未だ鈍い深海竜の首元へ添えて引けば、刃を伝う竜の生命力が傷ついた身体と荒んだ心に沁みた。
 このまま首を刎ね飛ばしてやりたい。けれどそれには力及ばぬことも、己が務めるべき役目も分かっている。
 逸る気持ちを押さえて竜から離れ、カッツェは仲間を守る体勢を取った。
 しかし直後に突き立てられた牙は、少女から意識を攫うに充分な一撃。
 雅が目を見張る。欠片ほども笑えない状況で、アルケミアは海底から『嗤う影』を、痺れ毒の刃を呼び起こす。
 それが喉元を薙いだ所で、牙に掛かったままだったカッツェは力なく漂った。
 進退ここに窮まれり。
 衰えることのない竜の凶牙から、盾を無くして生き残れるはずがない。
(「今度はわたしが助ける番、なのかな」)
 アルケミアは、雅へ視線を向けた。
 狐面の裏まで読み取られているかは分からない。
 だが彼女は、恐らく同じことを考えているのだろう。
 ならば、先にやるしかない。
 意を決して竜を見据え――力を解き放つ前に、ケルベロスたちは揃って驚愕を浮かべた。
(「……気に入らない。その眼も、牙も、鱗も骨も魂も何もかも! お前の全てが!」)
 とうに限界を迎えたはずの肉体を、魂が凌駕する。
 ケルベロスならままあることが、全身を血で染めた少女に起きていた。

●終結
 幾度も賦活された脳髄が力を引き出し、深海竜を素手で抉って悶えさせる。
 ほんのひと時、呆気に取られた仲間たちも、ここしかないと猛撃を加える。
「死に損ないがァ!」
 奈落の底から引きずり出したような声を上げて、煌めく牙が今度こそカッツェを戦えぬ身体に追い込んだ。
 しかし、その一手が産んだ時間は大きい。
(「最後の勝負だ!」)
 雅が海中を飛び上がって、身の内にあるヴァルキュリアの魂と残された力の全てを右足に込める。
(「ヴァルキュリア・ストラァァァイクッ!!」)
 海を割らんばかりの乙女の一撃は、敵の腸を容易くぶち抜いた。
 何かが捻じ切れるような、とても竜のものとは思えぬ悲鳴が響く。
 それを真正面から受けてもまるで表情を変えずに、プランはサキュバスの、夢魔としての伝承を顕現する。
(「貴方には悪夢をあげる、現に微睡み悪夢は続き終わらない」)
 死に拐かされる深海竜の眼が濁った。もはや正気ではないだろう。
(「あと一押し……!」)
 アルケミアがオウガ粒子を振りまく。
 盾に守られ生き残った二人の戦士が、それぞれの武器に全霊を賭す。
(「かくも素晴らしき戦いを、最高の結末で終わらせる為に!」)
 ヴァジュラの金剛杵が、地獄の炎を纏って叩きつけられる。
(「打ち貫け!! 魔龍の双牙ッッ!!」)
 セイヤの全身に漲る漆黒のオーラが黒龍を象って、巨大な敵を喰らうように飲み込む。
 深海竜は全てを破壊しつくされ、水底に還っていく。

 少々時間を掛けすぎたらしく、入れ替わるように浮き上がってきた竜牙兵たちから必死に逃れるケルベロスたちを救ったのは、ミッション中のケルベロスたちであった。
 満身創痍の八人は援軍に殿を任せ、用意していたあらゆる道具を使って逃げ、ヘリオンに乗り込む。
 一名は暫しの加療が必要だと思われるが、それだけの被害で終えたことも、ただの一度で回廊を破壊したことも、小剣を失わなかったことも、重ねて奇跡であったというばかり。
 だが確かにケルベロスたちは回廊を破り、全ての小剣と共に帰還を果たしたのだった。

作者:天枷由良 重傷:カッツェ・スフィル(黒猫忍者いもうとー死竜ー・e19121) 
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2017年1月11日
難度:普通
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 23/感動した 1/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 0
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。