魔導神殿追撃戦~金牛の猛

作者:志羽

●魔導神殿追撃戦
 アスガルド・ウォーおつかれさま、と夜浪・イチ(蘇芳のヘリオライダー・en0047)は集ったケルベロスたちをねぎらう。
 勝利はとても喜ばしいことだ。しかしまだ、問題は残ったままなのだと――それは皆、察していたことではあるのだろう。
「皆にまたお願いしなくちゃいけないことがあるんだ」
 それはエインヘリアルの残存兵が、魔導神殿群ヴァルハラの宮殿と地上に出現してきたことへの対処だ。
 皆に頼みたいのは、第四王子ジーヴァが護っていた、金牛宮「ビルスキルニル」への対処だとイチは続ける。
 今、金牛宮「ビルスキルニル」は、敗残のエインヘリアルの軍勢を吸収し、鎌倉市周辺に出現。蒼のビフレストがある鎌倉駅に向かって進軍を開始しているのだと。

●金牛の猛
 敵の目的地は鎌倉駅。そこで待ち伏せをすることになる、とイチは作戦の説明を始める。
 鎌倉駅に到着すると金牛宮は移動形態から停止形態へと形状を変化させようとする。
「その変化の瞬間が攻撃の好機なんだ」
 形態変化を行う――その間に、隙を縫って金牛宮内部に突入することが可能だからだ。
 変化をする時は駆動部分や変形部分など複数のヶ所からの突入が可能となる。それによって、ピンポイントで狙った敵と戦うことができるとイチは続けた。
「皆には頭からの突入をお願いしたいんだ。そこから、予知ででた最善ルートを辿ってもらいたい」
 そして向かう先。狙うべき敵の名を、告げる。
「皆に対してもらう敵は第四王子ジーヴァ」
 変形をする金牛宮。その牛の頭辺りから侵入し、予知で出た最善のルートを辿れば――第四王子ジーヴァの下へ辿りつくことは難しい事ではない。
「この第四王子ジーヴァには2班で、絹さんのチームと連携して当たってもらうことになるんだ」
 第四王子ジーヴァは、エインへリアルの王子の一人。
 傭兵部隊「嘆きの無賊」を率いてアスガルド・ウォーに赴いていた。雷速の豪拳を武器に戦場を暴れまわる。そして「単純な殺し合い」を好む男。
 このジーヴァは対した時点で部下を数体つれているようだ。
 この部下達は傭兵部隊「嘆きの無賊」の者達。しかし彼らを排除しても、ジーヴァのみとなる時間はないかもしれない。
 それは、2,3体の「嘆きの無賊」の者達が戦闘中、継続的に現れるからだ。
 だからその対処も必要になるとイチは言う。放っておけば次々と増えて、戦いにくくなるのは必至だからだ。
「相手は強敵のひとり。油断はできないし……蒼のビフレストで何をしようとしているのかは分からないけれど」
 このまま放ってはおけない。
 だから、とケルベロス達へとこの先は託される。


参加者
幸・鳳琴(精霊翼の龍拳士・e00039)
シル・ウィンディア(鳳翼の精霊姫・e00695)
立花・恵(翠の流星・e01060)
ミリム・ウィアテスト(リベレーショントルーパー・e07815)
レイリア・スカーレット(鮮血の魔女・e24721)
カロン・レインズ(悪戯と嘘・e37629)
クリスタ・ステラニクス(眠りの園の氷巫女・e79279)
狼炎・ジグ(恨み貪る者・e83604)

■リプレイ

●金牛宮の中へ
 最善の道筋をケルベロス達は進む。
 2班16人――その気配は隠れ進む術を持っていても、気づかれるところなのだろう。
 変形を始めた金牛宮、その頭から侵入し向かうのは第四王子ジーヴァの居る場所。
 鎌倉、この場所にミリム・ウィアテスト(リベレーショントルーパー・e07815)は想い込めていた。
「……2度目はさせません」
 鎌倉での戦い。最初のころを思い出しますねと心中で紡いで。
「なかなか近所迷惑な大行進じゃねぇか。いかにもあの野郎らしいぜ」
 狼炎・ジグ(恨み貪る者・e83604)はその拳を叩きこみ、小さく舌打ちし――己の記憶の中にある姿を浮かべた。
 ゴッドサイト・デバイスで周囲からの情報を得ていた立花・恵(翠の流星・e01060)は次来ますと走りながら示す。
 ジーヴァの元へは道筋が示されていたが敵からの襲撃が皆無という訳ではない。
 そして恵だけでなくレイリア・スカーレット(鮮血の魔女・e24721)も周囲の、敵の動きを警戒していた。
 不要な戦闘は避けたいところだが、こちらに集ってくる。
 戦闘を仕掛けるなら――先手だ。
 レイリアはあらかじめ皆で決めておいたハンドサインでタイミングをも示す。
「シル!」
 曲がり角から現れた敵から守る様に幸・鳳琴(精霊翼の龍拳士・e00039)は動いていた。
 そしてその声にすぐ反応してシル・ウィンディア(鳳翼の精霊姫・e00695)の攻撃を皮切りに、連続で見舞われる。
 重なる攻撃に、一人二人ならすぐに倒せるが、騒ぎが起きていることはもう、敵にも知られているのだろう。
 倒れこんできた敵をぴょんと高いジャンプで避けて、壁を足場にしてカロン・レインズ(悪戯と嘘・e37629)は素早く動く。その後ろをミミックのフォーマルファウトもついてくる。
 今は回復をする必要もなくクリスタ・ステラニクス(眠りの園の氷巫女・e79279)は己のできることを――撤退が必要になったとき、ドローンを囮とするにはどこへ向かわせればいいかを視線だけで探っていた。
 時折現れる敵を、攻撃重ねて確実に仕留めていく。
 敵からの攻撃は受ける事もなく疲弊は最小だ。しかし、進むのに時間がかかってしまえば――敵に集う時間を与えてしまう。
 ケルベロスたちが金牛宮へと侵入していることは、敵もすでに知っているようだ。
 道筋をたどった先――開けた空間にいるのは倒すべき相手である第四王子ジーヴァ。
 そして彼を守る様に配下たちが展開していた。

●遭遇
 ゴッドサイト・デバイスが示してはいたが、その数に恵は瞳細め。レイリアも改めて気を引き締める。予想よりも多い敵数だ。
「ケルベロスか。早えなあ、おい」
 集う敵、その中で一人だけ雰囲気が違うものがいる。
 雷を纏うエインヘリアル――それこそが、第四王子ジーヴァだ。
 その姿を目に、レイリアは思うのだ。ヴァルキュリアである己は、と。
(「奴らから見れば、私達は裏切り者なのだろうな。だが、私は地球の者達と生きる事を選んだ」)
 その選択に、後悔はない。だから真っすぐ、レイリアは視線を向けていられた。
 一体、何をしようとしているのか――それを問いかける者がいる。
「ねえ。王子さんの狙いはなに? ビフレスト中枢のコギトエルゴスム……? それか第一王子かそれ以外?」
 軽く探りを入れるけれども。
「そんなこたァ知ったこっちゃねえ」
 ジーヴァの反応は全く興味がないといった反応。
 その様子に、問いかけても無駄かなとシルは思う。ここに出てきたということ。蒼のビフレストと共鳴した何かが――かと思ったけれども。
(「まぁ、あなたが知ってそうなことなさそうだね……」)
 恵も思った通りか、と胸中で零す。
「単純な殺し合いを好む……か、話し合いは見込めそうにないな」
 けれど――それは。
「もっとも、俺達だって話し合いに来たつもりはないけどな!」
 戦う意思が無きものは、ここにはいない。
 ジーヴァへと声が向けられる。その一瞬の空白の合間に一歩前へと踏み出すジグ。
 ジグは、この中で最もこのジーヴァに対して縁のある男だった。
「よぉジーヴァ、十数年振りだな」
 ジグの言葉にジーヴァは片眉あげて誰だというような表情を見せる。しかしそれはジグも予想していたことだ。
「まあ俺を覚えているかいないかには興味もないが……十数年前の怨みは返させてもらう」
 ジグは言い放ち、地を蹴って踏み込む。
 それが戦闘開始の合図となり、敵の――まず配下たちが立ち塞がった。
 カロンは立ち塞がる配下たちの向こう、ジーヴァの姿を捉える。
 初手に己がする仕事は、ひとつ。
 異なる色持つ鎖をしゃらりと躍らせて、カロンはジーヴァへと伸ばした。
 地を這うように伸びる鎖、そして上から、覆いかぶさるように伸びる鎖。
 伸ばした鎖はいくつか、その全てが絡みつくことはなかったがそれでも、その身を捉えた。
「全部はいかなかったけど……それでも」
 何もできないほどの相手ではないことは確かだ。
「ひとりで戦うわけではありませんから」
 部下を従えていても、連携なら負ける気はしないとミリムは思う。
 仲間を守る為、ミリムは前へと立つ。配下の攻撃を受け止め、弾いて戦いの道筋を作っていく。
「っぐう!!」
 攻撃が重い、とミリムは思う。己の得物構えて堪えて。この重さが敵の強さなのだろう。だがミリムは此処で折れる事はない。
「我が名はレイリア・スカーレット。ケルベロス……そしてヴァルキュリアとして、貴様らは討ち滅ぼす」
 レイリアは凍刃槍の切っ先を向け、ミリムが抑えた敵へと攻撃かけた。
「じっくり敵を見てくださいねー」
 そう言いながらクリスタもまた、敵の動きを見つつ後衛の仲間へと光輝くオウガ粒子を零していく。それにより感覚研ぎ澄まされれば――一層、狙いは正確なものとなっていく。
 おバカな子のふりをして『どうしてこんなところに攻めてきたんでしょうー?』と目的を引き出してみようか、とも思ったが先の会話から彼らは何も知らなさそうなことがもうわかってしまった。
 配下が攻撃仕掛けてくる。シルに向かうものを鳳琴は弾いた。
(「隣に頼もしい……唯一無二の存在がいる」)
 こんなに心強いことはないと、シルは思う。互いの指には輝くものもある。
 それは新しい絆の指輪。聖夜に永遠を誓った輝きだ。
「……後ろ、任せるよっ!」
「任せて! 必ず守ってみせるから――……だから、勝利を」
 鳳琴がいるから、シルは安心して全力を傾けられる。
 皆の守りの力を高める鳳琴。シルは目の前の敵へとその脚振り上げ、急所を砕くように払った。
 ミリムもにゃいぼうを躍らせる。炎を纏って、己が攻撃塞いだ敵、そしてジーヴァをも巻き込んで炎を巻き上げた。
 しかし敵もやられてばかりではなく。攻撃力を、狙いの精度を高めて仕掛けてくるもの、ジーヴァによる何人をも巻き込む攻撃とケルベロス達へと容赦ない。
 クリスタは仲間たちの様子をよく見定めていた。
「傷はまだ浅いですー」
 やはり、攻撃を受ける頻度が多いのは守りを担う鳳琴とミリムの二人。
 二人を重点的にクリスタは癒していく。そして恵は、敵の状況を見ていた。
 ジーヴァは――その破壊力に全てをおいている。そしてジーヴァを守るための配下もいるようだ。
 で、あれば自分がとる手はひとつ。
 構えたのはT&W-M5'キャッツアウェイク、リボルバー銃だ。
 その足を止めるための攻撃を配下、っしてジーヴァにも向けていく。
 今でも多いと感じる配下。だが増援が来ることもわかっている。早めに倒していきたいところだ。
 レイリアも恵と同じく、配下への攻撃がまず通る様にと動く。
 そして敵も、癒しの術を持つ物を狙ってくるのだ。クリスタに向いた攻撃をカロンのミミック、フォーマルハウトが飛び出て変わりに受ける。
 そして近くの配下へとその口開けてガブガブと噛みついてかかっていた。

●一進一退
 配下たる嘆きの無賊を削りながらジーヴァにもダメージを与えていく。
 嘆きの無賊はとびぬけて強いというわけではない。数の多さをさばいて――しかし、増援がやってくる。
「ケルベロスだ!」
「加勢いたします!」
 現れたのは三体だ。
 と――ごーんと重厚な鐘の音が響いて。もう一方の班が一気にジーヴァへと総攻撃をかけていく。
 配下へと彼らの攻撃は向かないが――それならこちらが配下を削ればいい。
 ふらつく配下の姿が見えた。その敵は攻撃を多く受けているもの。
 空の霊力をRocketBladeSSでぶつける一撃に込めて恵は敵の傷の上を走りぬけるように攻撃かける。
 その一撃に配下は膝をつき、その場に崩れ落ちた。
 そしてもう一体――こちらに不利を撒く敵がいる。
 混沌の絶望スライムへを腕へ集中するミリム。それが槍の如く伸び敵を貫いて、その力を削っていく。
 確実に、ダメージを募らせるために。
 ジグはジェットパック・デバイスでもって空中にありながら攻撃をかける。
 ジーヴァへ思い切り攻撃を叩きつけたいところだが、今は配下の対処が先。
 骸音・【死神熱破】を唸らせて目の前の敵を斬り伏せていく。
 視線を向けた先、ジーヴァは攻撃かけられつつも――楽しそうに見える。
 それと同時にジーヴァへ攻撃が届くなら、叩き込んでいくだけだ。
 蒼穹棍『シルフィード・アンカー』に炎を纏わせて、シルはそれをを躍らせる。
 焼き払うように、目の前の守り手めがけて放つ攻撃。その炎は広がり、他の敵をも捕らえていく。
 ジーヴァへは、皆の攻撃により重なりつつある。しかしそれを見てか、後方で動く敵の姿が目に付いたのだ。
 氷結輪を、レイリアはその手で遊ばせる。魔法の霜を後方の敵、その足元に放ち凍り付かせていくのだ。
「くそ、ヴァルキュリアが!」
 苦し紛れのように放たれる言葉。レイリアはそれがどうした、というような顔をする。
「我らヴァルキュリアをどう言おうと構わんがザイフリート王子への侮辱だけは、決して許さん」
 それを言わずとも、お前たちと迎合することはないのだがと冷たく言い放った。
 そのレイリアの動きはカロンの助けにもなるのだ。
 ひとりひとりの行動が、勝つための布石となっていくのをカロンは感じていた。
 今、ジーヴァにいくつか阻害がかかっている。そこにもう一つ――狙いを定めて。
「覚悟の是非を問う必要もなかろう。許す可能性など皆無なのだから」
 それは科学魔法だ。本来は一撃に全力を使用するためのもの。けれど科学分野の技法を取り入れ、敢えて魔力を細分化することを試みて、様々な魔術を連続で放出することに成功したのだ。
 幾多の魔弾をつがえて、構えて――あまたの魔弾を打ち放つ。
 それは回復技能すら満足に使用できなくなる術だ。
 しかしこちらも阻害を乗せていくなら、敵からもまた同じく仕掛けられる。
 その耐性を前列の仲間たちへと向けるのはクリスタだ。
「キラキラの守りなんですー」
 万華鏡のようにきらめく氷の結晶が降り注ぐ。それは癒しと守りの加護を与えていくものだ。
 煌めくものをその身に纏いながらケルベロス達は戦い続ける。
 互いの力を削りあいながら戦いは熾烈なものとなっていた。

●決着
 ジーヴァへの攻撃が畳みかけられ、そして配下も倒され攻撃の道が開かれていた。
 今、好機が巡っている。ぐずぐずしていれば増援も来てしまうだろう。
 ジーヴァも攻撃を受けすでに満身創痍なのだ。先ほど、ジーヴァの腹の中でこれまでの傷が爆発するように膨れ上がるのが見えた。
 しかしそれでも――引きはしない。
 その拳を握る挙動が見えた。ジーヴァが攻撃繰り出そうとするのをシルは蒼穹棍をヌンチャクとして裁いて、そして懐に踏み込む。
 怪我を負っているというのに、それでもまだ強さを感じる――強い相手と戦うのはわくわくする。
 それは戦い終わりまで続いていた。その気持ちを乗せて、放った一撃が深くはいる。
 しかしそれで、終わりではなく。
 電光石火の蹴りを鳳琴は見舞った。
 その瞬間、二人の視線があう。
(「愛しき翼絆と、貴女と共にある。それが溢れる勇気をこの身に満たすんだ」)
 第四王子がどれほど強くても、倒れない。そしてその先を掴んでいくのだから。
「人々の想い背負うケルベロスは、負けませんッ!」
 鳳琴の言葉にシルは頷く。
 この男の終わりは、もう近いのだ。
 傷を負っている者もいるけれど今は攻撃の時とクリスタは氷結輪をその手から放った。
 高速回転するそれは冷気の嵐を噴出させ、その身を氷付かせていくもの。
「――貴様を、冥府へ送ってやろう」
 レイリアの翼が、氷の結晶状に変化する。より鮮やかに紅く――輝く程に強い魔力で周囲の水分を結晶化させ、冥府深層の冷気を纏った一振りの氷槍を創り出した。
 魔力を込め全力で投擲された氷槍は、無慈悲にジーヴァを貫いた。
 腹に穴が開く――それでも男はまだ止まらない。
 カロンはその強さに一瞬耳を震わせる。けれど、恐怖を感じているわけではなかった。
「でも、もう終わりっ」
 カロンの手にあるファミリアロッド、foreverが元の姿を取って魔力を帯びて放たれる。
 その一撃はジーヴァをさらに追い込んでいくもの。
「ゲートが壊されたってのに、往生際が悪いぜ」
 まったく、というように微かに恵は笑い乗せる。
 けど、そっちがその気なら俺達は戦うまでだと瞳には強い意志を乗せて。
「この地球を好きにはさせない。それがここに住む定命の生き物たちの意志なんだからな!」
 いい放ち、恵は改めて、リボルバー銃を構えた。
「一撃をッ! ぶっ放す!!」
 全身に闘気を込めて、神風の如きスピードで恵は肉薄する。リボルバーの先を向けた場所は、敵の腹だ。零距離から一撃を放ち離脱する。その銃弾は敵の身の内で炸裂し、衝撃を与える。
 ぐ、と呻くような声を溢すのは確実にダメージが募っている証だ。
「ハハハ! 殺されろ!!」
 しかし、こういう戦いは相手とて望む所なのだ。
 その拳を握り、雷纏わせて攻撃を。その拳を、ミリムが前に入り、受け止めた。
「守りきってみせます!」
 強く紡ぎ、痛みを感じつつミリムは堪えた。守り切っての怪我ならば――勲章モノと。
 ジーヴァの前に、ジグは立つ。
 その目に映るのは――十数年、怨みを募らせた相手だ。
「別れを告げろジーヴァ。存命二度と拝む事のない……現世によぉ!」
 お別れだ! とジグは叫んで踏み込んだ。
 握る拳で殴りつける。その拳より流し込む怨みはジーヴァのすべてを停止させるもの。
 敗者に明日は無いの――あるのは掛け値なしの終わりのみ。
 ジグの叩き込んだ一撃はジーヴァのすべての動きを停止させた。
 膝をつき、その体は消えていく。
 第四王子ジーヴァは、怨みのせた拳により、打ち取られた。
 目的を果たしたなら、長居する必要はないと素早く金牛宮から離れるのだった。

作者:志羽 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2021年1月4日
難度:やや難
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 6/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 0
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。