ヤルンヴィド追撃戦~黒き毒蜂の巣

作者:白石小梅

●大阪緩衝地帯
 大阪城の程近く……デウスエクスの跋扈により、人の住めなくなった廃墟群の中。
 甲殻類を思わせるビルよりも巨大な影が、足を縮めて身を隠していた。
 さながら、死骸に群がる蟻に解体されるかのように、人影にその姿を覆われて。
 寄生した蟲のようなダモクレスに動かされる死体の群れ……寄生体と呼ばれる人体が、外したパーツを黙々と運び出し、自律可能な部位はダモクレスと化して要塞より分離し、地上に開く魔空回廊へと歩んでいく。
 ゆっくりとその巨体を解いていく、黒く艶めいた要塞。
 その最奥で。
『精鋭戦力の撤退は完了……砲塔部、進捗を報告せよ……各脚部、重量負荷を計測……魔空回廊の維持時間を再測定……現時刻より分離したパーツは次回の魔空回廊へ……集積地にて待機せよ……』
 モニターに映る様々な数値やグラフを見詰めながらぶつぶつと呟いているのは、ハニカムを背負った蜂の女王を思わせる影。
 インスペクター・アルキタスと名付けられた指揮官機は、作業の進捗を脳内でシミュレートしながら、合理を突き詰めた撤退作業を推し進める。
 その時、中枢に一体の寄生体が入ってきて報告する。
『哨戒状況報告。各方面、異常なし』
『……』
 重々しく頷く、鳥に似た影。インスペクトガード・プルウェリスと名付けられた護衛機は、女王の背後に影の如く寄り添って。

 それは、かつての大阪デウスエクス連合前線基地。移動要塞ヤルンヴィド。
 寄生した樹木の枯死に伴い、巣を替える群れの如く。
 ダモクレス本軍への帰還を急ぐ、毒蜂の群れであった……。

●要塞ヤルンヴィド追撃
「ユグドラシル・ウォーの勝利、おめでとうございます。あれほどの陣容を誇った攻性植物勢力を正面から打ち破るとは、素晴らしい手腕でした」
 望月・小夜(キャリア系のヘリオライダー・en0133)は、感慨深く勝利を寿ぐ。
「……ですが、流石に大阪連合は大陣営でした。ゲートまで貫通はしたものの、地下に広がっていた敵勢力の大部分は逃走。現在、私たちが全力で探索しております」
 そちらは追って報告すると前置きし、小夜は大阪城周辺の衛星写真を表示する。
「皆さんには手始めに、大阪城周辺に残留している敵勢力の掃討をお願いしたいのです。具体的には先の戦争で最前線を担った『要塞ヤルンヴィド』及び、その駐屯戦力です」
 ヤルンヴィドはゲート破壊後、要塞司令官『インスペクター・アルキタス』の指揮の下、新設した脚部を用いて移動。彼我の勢力の緩衝地帯にある廃墟群に身を隠した。
「防御を固めると同時に魔空回廊を繋げ、戦力を撤退させつつ集めた資材などを運び出しているようです。巨大な要塞本体は魔空回廊を通れませんが、重要部分だけでも撤退させるべく要塞を解体し始めたのを確認しました」
 ヤルンヴィドは無数のダモクレスの集合体。時を掛ければ分解して移動可能な前線要塞とは、厄介な代物だ。
「みすみす逃すわけにはいきません。ヤルンヴィドの残存戦力への追撃。それが、今回の任務です」

「今回は六班での連携作戦となります。作戦目標は『要塞司令官インスペクター・アルキタスの撃破』です」
 各班それぞれが役割を担い、出来る限りの成果を上げる必要がある。
「まず二班が敵が資材を運び出している魔空回廊を制圧。ゲートからの援軍を防ぎ、かつ、回廊制圧の情報を遮断します。最終的に、魔空回廊を用いて逃亡を図るだろうアルキタスをここで絡め取り、とどめを刺すためです」
 魔空回廊は固定型ではなく、一時的な開閉を繰り返す通常のもの。現地を完全制圧すれば襲撃情報を遮断でき、アルキタスを待ち伏せできる。
「そして解体作業中の要塞ヤルンヴィドへ強襲を仕掛ける班が二班。狙いは陽動です。すでに精鋭戦力は撤退済で、防衛戦力は寄生体など弱小個体群のみ。ある程度撃破すると司令官護衛機『インスペクトガード・プルウェリス』が要塞の防衛に出て来ます」
 プルウェリスが陽動に掛かった隙を狙い、残る二班で要塞内部に潜入。アルキタスを強襲するのだ。
「皆さんにはこの『潜入班』を担っていただきます」
 と、小夜は言う。
「要塞内部は解体中ですが、ダモクレス化した要塞の各部が攻撃してきます。壁、床、天井、扉、その他諸々……探索中、どこが襲ってくるかわかりません。警戒を怠らずに中枢を目指してください」
 ダモクレス化した各部位は強くはない。上手く警戒すれば、動き出した直後に撃破できる。消耗を最小限に抑え、中枢に向かうのだ。
「要塞中枢には、要塞制御を行っているアルキタスと多数のダモクレスがいますが、護衛の要であるプルウェリスがいなければ付け入る隙はあります。アルキタスにとっては、侵入者を撃破して撤退作業を継続するのが最善。皆さんを排除すべく迎撃するでしょう」
 だが相手は、狡猾かつ有能な指揮官。いつでも安全に脱出できる仕掛けを複数用意しており、不利になったら逃走を図る。潜入班のみで撃破するのは難しい。
「ですが彼女は最終的に魔空回廊から撤退しようとするはず。そこを予め魔空回廊を制圧していた制圧班の網に絡め取れば、撃破出来ます。三段構えの作戦になりますね」
 わざと接戦を演じるなどしてアルキタスの撤退判断を遅らせれば、アルキタスにより多くのダメージを与え、制圧班の闘いを有利にできるだろう。
「以上が作戦の概要です。班役割を理解し、最善を尽くしてください」
 小夜はそう言って、ブリーフィングを終えた。

 通常の魔空回廊では移動には時間がかかる。作業もまだ始まったばかり。解体作業中で防衛力を損なっている今こそ機。そういうわけだ。
「ええ。大阪城で多くの情報を得た指揮官機の撤退を許せば、ダモクレスの技術が革新される危険性もあります。敵司令官の確実な撃破を、お願いいたします」
 小夜はそう言って、出撃準備を希うのだった。


参加者
伏見・勇名(鯨鯢の滓・e00099)
シル・ウィンディア(蒼風の精霊術士・e00695)
愛柳・ミライ(明日を掴む翼・e02784)
新条・あかり(点灯夫・e04291)
羽丘・結衣菜(マジシャンズセレクト・e04954)
フローネ・グラネット(紫水晶の盾・e09983)
レスター・ヴェルナッザ(凪ぐ銀濤・e11206)
クロウ・リトルラウンド(ストレイキャリバー・e37937)

■リプレイ


 身を潜める、ダモクレスの集合体。輝く躯体に満ちる、生命の鼓動。番犬の大攻勢を持ち堪えたその力は、侮れない。
 シル・ウィンディア(蒼風の精霊術士・e00695)は、要塞の威容を見上げて。
(「こんな大きなものが解き放たれればどうなるか……逃がすわけにはいかないっ! 指揮官ごと、完全に破壊して……禍根は、全部断つっ!」)
 視線の先で、陽動班が闘っている。主を守らんとする、鳥の如き護衛機と。
「ぷ……ぷるぇ……むい……言いづらいの、でて来たな。やるんびどー、とつにゅうさくせん、かいしー」
 伏見・勇名(鯨鯢の滓・e00099)が合図を出し、隠れていた潜入班が動く。脇を抜け、出入り口へと続くタラップを駆ける。
(「あの蒸気要塞を思い出すのです……制圧じゃなくて、ここを選ぶあたりが、貴女らしい。今日は……必ず、ね」)
 愛柳・ミライ(明日を掴む翼・e02784)の脳裏によぎるのは、苦い記憶。ちらりと見るのは、フローネ・グラネット(紫水晶の盾・e09983)。
(「要塞ヤルンヴィド……そして、インスペクター・アルキタス。ええ。何か、宿縁を感じます。あの記憶を雪ぐのは……今だと」)
 一瞬、絡んだ視線で、戦陣を征く女二人は語り合う。
 突入班は16人。だが僚班と共に中へ飛び込んだレスター・ヴェルナッザ(凪ぐ銀濤・e11206)は、舌を打った。
『警告。ヤルンヴィド内に侵入者。繰り返します。ヤルンヴィ……』
 激しい警報の中、壁の顔が声を発する。瞬間、クロウ・リトルラウンド(ストレイキャリバー・e37937)が愛竜ワカクサと共に熱線を解き放った。
 外壁に次々と攻撃が命中し、沈黙する。
「必殺、ワカクサ・ランチャーの威力、思い知ったか! 蜂が相手とあっちゃ負けられないんだ! 緋色蜂師団員としてはね!」
 初戦は快勝。だが新条・あかり(点灯夫・e04291)は、ちらりと僚班と視線を交わす。
(「視線を感じた。今の一瞬で『奴』はもう、こっちを見てる。多分、今も……この警戒状態じゃ、隠密気流も通じない」)
 青眼の機人が、目に同意を示して頷いた。
 反目を装うなら、同道するのは危険だ。奴との騙し合いは、すでに始まっている。
 暗黙の了解を交わし、レスターが大仰に叫んで突き進む。
「こんな要塞、腹の中からぶち破ってやりゃいい! 幸い壊すのだけは得意分野だ。お前らもそれでいいな? ついてこい!」
 だが、分かれ道をまっしぐらに走るこちらに対して、僚班は。
「待つんだぜ! 慎重に進んだ方が良いんだぜ!」
「要塞を唯破壊するなど無駄も良い所です。かの磨蠍宮のように、役立てる方が合理的でしょう」
 そう返すと、滑り込むように横道に逸れる。
「あ、こら! 抜け駆けする気? させないわよ!」
 羽丘・結衣菜(マジシャンズセレクト・e04954)がわざと喚き、まんごうちゃんが同意するように跳ねる。
(「大丈夫よ。この班も、他の皆も、同じ目的を共有してる。頑張りましょう……!」)
 駆け抜けるその瞳の裏側で、そう結びながら……。

 要塞の最奥。
 冷ややかに、呟く声が響く。
『侵入者を検知……総数、十六体……戦力分散の意図は不明。各部隊の目標分析を開始』
 毒蜂に似た影が、映像を睨んでいる。手鏡確認や円陣を駆使し、防衛線を突き破って来る二班の姿を。
『優先目標、撃退後の作業継続……次善目標、本機の撤退。総員、迎撃準備を開始せよ』
 後ろに佇む死者の群れを振り返り、女王は身構えた。
 迫り来る猟犬を、迎え撃つために。


『侵入者を発見。警告。直ちに……』
「邪魔は、させない!」
 その声が終わる間もなく、シルは蒼穹棍に青白い焔を纏わせて、立ちふさがる外壁と寄生体を打ち破る。
「とどめをお願い!」
「んう。びしゃーん」
「安らかに眠ってください……!」
 勇名の雷撃が外壁を打ち割り、ミライの氷結が寄生体を停止させた。
 走り抜ける先に見えるのは、指令室と思しき大扉。開いていないということは。
「ハッ……! 内輪揉めは、こっちが先手か。仲良しごっこよりゃ、よっぽど気が楽だ。一丁、先にインテリ指揮官の顔を拝んでやるぜ」
 先頭を走るレスターが、片口を釣り上げてそれを蹴り破る。
「……!」
 そこにいたのは、砲を構えた外壁と、武装死体の群れ。
 背後に控える蜂の女王が囁く。笑うように。
『迎撃せよ』
 爆音が響き、指令室のドアが消し飛んだ。女の寄生体が閃光を乱射し、男の寄生体や装甲の死体が刃で踊りかかって来る。
「行って、まんごうちゃん!」
 舌を打って閃光を受け止めるレスターに、結衣菜の主従が加勢する。斬撃をエクトプラズムで塞ぎながら敵を蹴り払って。
「あとはユグドラシルゲートの闘いの事後処理だけと思ってたけど……この数! 十五体はいるよ!」
 僚班と同行すべきだったか。いや。そうすればあの女はこちらの演技を見破ったはず。
 外壁が発射してきた熱弾を、今度は最後方から跳んだ紫の盾が打ち払う。
「ここがあの炎日騎士スコルの武装技術を産んだ場所……! 確かに、彼女は強敵でした! 忌まわしきその技術! 要塞ごと、葬らせて頂きます!」
 そうだ。耐える闘いの覚悟はある。それに、敵は指揮官を除けば脆い。
「入り口で迎撃に出てきた敵との交戦が、響いています……! もう一斑が助けに来るまで、持ち堪えましょう……!」
 ミライはそう叫んで、失われた愛しい想いを歌いあげる。敵部隊を模した偽装は、今の一瞬で引き千切れた。
 でも、これでいい。
「指揮官らしく後方かぁ……! 厄介だね……! でも、それならそれでやりようはあるよ!」
「ああ! たっぷり喰らえ! こんな基地、今のうちに全部、ガラクタにしてやる! ワカクサ、回復は任せたぞ!」
 シルの氷結が迸る。武装死体の群れごとモニターを貫き、クロウの解き放った熱弾はコンソールを巻き込んで炸裂する。敵の群れに出来た隙間を縫うのは、勇名のミサイル。
『護衛せよ』
 だが女王を狙った熱弾は、飛び込んだ寄生体が身に受けた。弾けたその一体を見る勇名の視線が、僅かに歪んで。
「むい……てきのじんけい……ぶあつい、なー。こうげき、むずかしい……」
 ぽつぽつと呟かれる、消極的な言葉。偽装も破れたこちらの見た目は、実際以上の負傷に見えるだろう。
 毒蜂の女王はこちらを伺いながら、蜂状のデバイスを解き放つ。放たれる閃光を防ぐのは、稲妻の壁。
 あかりは冷徹に、その目の動きを追う。
(「そう。無駄な小細工が破れて苦戦していると思ってくれた方が都合がいい……次の策はないと、思い込むから」)
 やがて、僚班が追いついてくる。
 真の策は、そこからだ。


 銀の炎を滾らせて、レスターが咆哮する。
「フン……! 遅れてくる奴らに出る幕なぞ与えねえ。競争となりゃ、嫌でも熱が入る。眠らせてやるぜ、死人ども!」
 敵陣へと斬り込む身体は、すでに傷に溢れている。それでもなお降り注ぐ光線を払いながら、男は敵の攻勢を断ち割った。
 それを脇から捉えるのは、腕の銃を構えた女王。
「!」
 だが轟音と共に弾丸に撃ち抜かれたのは、レスターを庇った神霊。光と共に砕け散る姿を見て、結衣菜が眉を寄せる。
「まんごうちゃん! ……よくやったわ。私たち、おかげでまだ闘える! 見せるわ、私のマジックショー!」
 いつの間にか手元に出した魔法の葉が、片膝をついたレスターを癒す。勇名、クロウ、シルの活躍もあって、敵の頭数は十体近くまで減っている。
 その時、崩れたドアから僚班が飛び込んできた。青眼の機人が部屋を見回し、あかりを睨みつける。続けて叫ぶのは、艶めいた黒髪の地球人。
「ちょ、あんま壊すなって言ってんでしょうが!」
「この要塞の破壊を手伝って! でなければ、こちらから叩きだしますよ!」
「へぇ……上等。一度あなたとは戦ってみたかったのよねえ……」
 シールドを展開しながら、フローネがきっと睨み返す。
「あれさえ手に入ればヤルンヴィドは此方のモノだ! 壊してはもったいない!」
「冷静になればどっちの言い分が正しいかは分かるはずだぜ?」
 乱闘にもつれ込みながら僚班は言い募る。彼らの攻撃を避けながら、蜂の女王は眉を寄せた。番犬たちの、その態度に。
 奇跡を願う歌で敵を縛り上げていたミライが、振り返って言う。
「そんなの聞いていないのです……この要塞は危険すぎます……!」
 笑いだしそうな気持ちと修羅場の緊張感で、悲痛な表情を彩って。
「だから、やめてよ! 敵の前なのに!」
 僚班からは、悲鳴に似た叫びが響く。勇名は、それに同意を示すが……。
「んう……けんか、いくない。……でもぼくは、ここをこわす、な」
 争いを止める気配はない。コンソールを火焔の蹴りで貫きながら、困惑する指揮官機と弾き合う。
『……?』
 そう。
 これは内紛を演じて、敵指揮官の撤退判断を遅らせる策。これが、本命だ。
「宜しい、この場を制した班が要塞の扱いを決めるという事ですな」
「勝手に決めないでよね! そもそも壊しちまえばこっちのモンだし!」
 クロウはホイールスタンプを翳して、タイヤから竜の顔を覗かせる。飛び出た竜弾を弾いて、蜂の女王はぎらりと目を光らせた。
『状況把握……要塞利用と要塞破壊にて対立。優先撃破対象を決定……』
(「掛かった! そして……こっちを狙う気だ。護るよ……!」)
 あかりが迸らせるのは、鎖の結界。女王の銃口が火を噴いて、それを突き破る。
 敵は明らかに、狙いをこちらの班に定めたようだ。
(「壊す方より、鹵獲する方を残した方が利用しやすいと踏んだんだね……!」)
 回復で前線を支えるのが精いっぱいという姿勢を見せる彼女と目配せをして、シルは棍を振るう。弾丸のように伸びた一撃に肩口を貫かれながらも、蜂の女王は残った手勢と苛烈な攻めに転じる。
 策は、成った。
 だがそれは、これより自分たちが集中的に狙われることを意味してもいるのだ。


「とどめだよ!」
 シルが、護り手の首を飛ばす。合流したことで勢いを増した番犬たちは、敵の群れを次々に駆逐し、残りはすでに数体。だが……。
「ぐっ……」
 閃光に射抜かれ、遂に一人が身を転がす。
「レスターさん! 今、行きます!」
「駄目だよ。もう、間に合わない……!」
 フローネの盾の援護も、慈雨を降らすあかりの癒しも届かぬ場所で。酷薄な女王は、膝をついた男に、腕の巨銃を向ける。
『敵前衛の防御能力、測定完了……戦況優勢』
「ハッ……データだ何だと、お前ら幹部はそればかりだな。偶にゃ最後まで体張って自分で確かめてみろ……こんな風にな!」
 傷だらけの体が、大地を蹴る。すぐさま放たれた銃弾がその胸倉を撃ち抜いた。続けて追撃の針が飛ぼうとするも、レスターの勢いは止まらない。
『……!?』
 その顔を睨みながらレスターは骸と名付けられた大剣を、女王の肩口にめり込ませた。
「後は……任す、ぜ……!」
 貫通した大針を、背から生やしながら。
 ずるりと、崩れ落ちるまで……。

 こちらが嬲られる間に僚班は敵をほぼ壊滅しつつある。だが女王の勢いは揺らがない。
『敵部隊、連携率低。殲滅に要する時間……推定完了』
 解き放たれるは、蜜蜂状のデバイス。
「来る……! 戦況を覆す気だね!」
「むい……たくさん。ぜんぶ、こわす」
 クロウや勇名が火砲や雷を乱射するも、迫る毒蜂の群れは止まらない。
「賢いんだね……でも、殲滅なんてさせない。こっちには、フローネさんも、シルちゃんも、ミライさんもいるんだから」
 そう呟くのは、結衣菜。先に散った従者を追うように、群れの中に突貫して。
「駄目です、無茶しちゃ……!」
 止めるミライを振り切って、結衣菜は群れを引き付ける。仲間の代わりに次々撃たれながら、閃光の雨を血塗れで走る。
「大丈夫、勝てるよ……! 皆なら、きっとやれる! 後はお願いね!」
 敵の群れを飛び出した結衣菜は、渾身のエクトプラズムを撃ち放った。一撃が女王の顔面を打った時、その背に閃光が集中する……。

(「二人、倒れた……!」)
『……? 戦況、劣勢? 状況、再測定開始……』
 固めに固めた長期戦の陣容も、すでに崩壊寸前。だが僚班は、敵を駆逐し終えた。
 互いの視線が、交錯する。
「要塞への被害が大きい! これでは元も子も無くしますぞ」
 赤い竜人が、合図の言葉を口にする。その横へ滑り込むのは、シル。
「演技はもういいよ……! わたし達が足を止めるから、回り込んで!」
「うむ、任せよ!」
 熊の獣人が応じて、彼らは弾かれたように敵の後ろへ走り抜ける。
 突如として揃った足並みに、女王は視線を泳がせ、コンソールに手を伸ばした。だが。
「おやおや? 部屋でもすぽーんと飛ばす気だった?」
「無駄だよ……僕らが、何してたと思う?」
 クロウの割かれた太ももや肩口を縫い合わせ、あかりが鼓舞の紫電を走らせて。
「ん。スイッチ、ぜんぶ……こわれた、な」
 勇名が熱弾を放って、壁ごと敵を攻撃する。
『本機は、撤退する』
 狼狽えた様子を見せて、女王はそれを口にする。瞬間、壁のいくつかがその言葉に従うように脱出口を開いた。その一つに向かう女王の前に立ちふさがるのは、シル。
 約束の指輪に触れ、決意と共に四元素の力を掌に収束して。
「部下がいる内なら、逃げられたんだろうね」
 女王は眉を歪めて腕の銃を向ける。
「でも、もう無理だよ。あなたの為だけに用意したんだから……そう、わたしの十八番の精霊収束砲をね……!」
 渾身の一撃が、交差する。互いの胸倉を撃ち抜いて。
 緋を散らした少女の躰は脱出口を転げ落ち、女王は部屋の中へと弾かれる……。


 フローネとミライが、叫ぶ。
「こちら三名が戦闘不能! ですが……!」
「ええ! 撤退を封じました……!」
 弾かれた女王に僚班が一斉に襲い掛かる。
「これ、ぼくたちで、勝てる、なー」
「よっし、完勝するよ! 援護だ、ワカクサ!」
「油断禁物だよ。攻撃は狙撃手のみにして、回復を……!」
 遂に、追い詰めた。包囲は成り、もはや女王に逃げ場はない。
「一斉に行きましょうぞ」
 女王と激突を繰り返す中、僚班の竜人が呼びかける。態勢を立て直し、番犬たちは逃げようと足掻く女王を迎え撃った。
「ええ。もう、気持ちだけなんていいません。あなたを、逃さない……今です、フローネさん! 今日こそ……!」
 ミライが重力に縛られた少女の歌を紡いで、毒蜂の女王を呪縛する。僚班と共に、その動きを縫い留めて。
『状況、測定不能……!』
 構えた砲口。紫の瞳が狙うは、毒蜂の女王か、遠い日の不覚か。
「私は、紫水晶の盾……何度砕かれようと、必ず立ち上がる。あなたの敗因は、番犬の執念を、侮ったことです」
 そして轟いた砲声が、目を見開いた毒蜂の首を引き千切った。

 鬨の声が、指令室に響く。
 突入二班は女王の知略を上回り、完勝を果たした。
 ヤルンヴィド追撃戦……その終幕は、こう記録された。

作者:白石小梅 重傷:シル・ウィンディア(鳳翼の精霊姫・e00695) レスター・ヴェルナッザ(凪ぐ銀濤・e11206) 
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2020年7月17日
難度:普通
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 8/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 1
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。