ミッション破壊作戦~未来へつなぐ祈り

作者:ほむらもやし

●動く時
「攻性植物勢力との決戦が迫り、事態が急を告げているね。だから急で申し訳ないけれど、残された攻性植物のミッション地域熊野速玉大社の攻略に向かいたい」
 ケンジ・サルヴァトーレ(シャドウエルフのヘリオライダー・en0076)は、今だからこそ一気呵成にミッション地域を取り戻そうと呼びかける。
「まず、これがグラディウス。多少の違いはあるけれど70cmが標準的なサイズだ」
 大きさや形など、見た目は様々であるが、普通の剣と取り違えることはない。
「降下攻撃の際に魔空回廊の上部に浮遊する防護バリアに刃を触れさせるだけで能力を発揮する。叩き付けても突いても切りつけても――手で持って使う限り接触のさせ方は自由だ」
 ミッション破壊作戦の戦術はある程度確立されているため、経験者には説明なしでも分かることも多いが、初めての者には知らないことも多い。
 この作戦では、ミッション地域『熊野速玉大社』の中枢部にある強襲型魔空回廊の上空までヘリオンで向かう。
 ヘリオンの安全や全員の降下時間を確保するために、通常よりも高い高度からの降下を行う。
「ジグラット・ウォー以降、保有するグラディウスの数が増えて状況は変わって来ているが、戦略兵器である位置づけは変わらないから、くれぐれも紛失しないよう注意して下さい」
 グラディウスは、一度使用すると蓄えたグラビティ・チェインを放出して主要な機能を失うが、1ヶ月ほどの時間を掛けてグラビティ・チェインを吸収させれば再使用できる。
 なによりグラディウスは使用者の思いと共に、皆で繰り返し使い続けたものでもある。
「ミッション破壊作戦は、グラディウスを使用した魔空回廊への攻撃と、撤退の二段階からなる。前半は個人の思いに基づいた叫び。後半は全員の協調と素早い行動が要となる」
 今から向かうのは、和歌山県の熊野速玉大社。
 熊野速玉大社への攻撃は初めてだから、特に中枢部の情報は現地に入らないと分からないこともあるが、地図上では熊野川と権現山に囲まれているように見えるが、基本的には市街地の中にあると見て良いだろう。
 市街地であってもミッション地域中枢部は、通常の手段では立入ることが出来ない敵勢力圏だ。
 そこで何が起こるかは分からない。
 時間をかけ過ぎれば、孤立無援のまま全滅することもあり得る。
「実際、上空から叫びながら降下して、グラディウスを叩きつける。という攻撃は相当に目立つ」
 グラディウス行使の余波である爆炎や雷光は強力で敵軍を大混乱に陥れる。
 発生する爆煙(スモーク)によって、敵は視界を阻まれ、連携など組織的行動が出来ない状況である。
「グラディウス行使を終えてからスモークが効果を発揮する時間は長くはない。多少のばらつきはあるけれど、数十分程度という印象だ」
 強力な敵が占拠する中枢に奇襲を掛けて、一度も戦わずに逃走できるほど甘くはない。
「グラディウスを使うときに叫ぶことを『魂の叫び』と呼ぶ。気持ちを高めて叫ぶと効果的と言われるけど……」
 ミッション破壊作戦では、ケルベロスたちが抱いている、様々な思いをぶつけ重ねて、魔空回廊を破壊し、最終的にミッション地域の開放という結果を目指すのだ。
 立ちはだかる敵は「カヌシャ・ノイ」幻で人を惑わし、心を弄んだあげくに命を奪う攻性植物である。
 既にこのミッションで得られた情報によると幻を見せ、あるいは蔦を使って精神を蝕むという。
「大決戦が迫る中、この戦いは目立たない小さな局地戦になるだろう。それでも僕は今やらなければいけないと思うんだ。――力を貸して貰えないかな?」
 人々の苦痛を取り除く為に、勇気と思いやりに満ちた行動を起こしている人たちが、世界には数え切れない程存在する。
 困難な時代であるからこそ、続けなければならない仕事はある。


参加者
伏見・勇名(鯨鯢の滓・e00099)
シルディ・ガード(平和への祈り・e05020)
千歳緑・豊(喜懼・e09097)
灰山・恭介(地球人のブレイズキャリバー・e40079)
煉獄寺・カナ(地球人の巫術士・e40151)
今・日和(形象拳猫之形皆伝者・e44484)
帰天・翔(地球人のワイルドブリンガー・e45004)
 

■リプレイ

●決行の朝
 熊野三山のひとつ、熊野速玉大社は和歌山県新宮市にある。
 攻撃決行の朝は快晴で、魔空回廊さえ設置されていなければ、本来眠りから覚めた街が動き始める頃だった。
 攻性植物との決戦直前ではあるけれど――何も変わらない。
 どんな時だって地球の皆の為にまっすぐに行くよ!
 ヘリオンを飛び出た、シルディ・ガード(平和への祈り・e05020)は真下に存在を認めた魔空回廊に狙いを定める。落下の勢いは地面に引き寄せられるように増し、頬に当たる風は平手で打たれるように感じるほど。
「時に恐ろしく時に暖かい、そんな自然を愛する人達の土地。キミ達はそんな人々の想いにひかれてきたのかな」
 攻性植物「カヌシャ・ノイ」は愛する者の幻によって心を惑わし人を死に導くと言われる。
 シルディの脳裏に、嘗て打ち倒したローカストたちとの、少なく無い記憶が思い浮かんで来る。
 何の心構えもないままにその幻を見せられれば、術中に落とされたかも知れないが、宇宙の皆が救われる方法を見つけ出す。――シルディはあのとき交わした約束を胸の中で繰り返す。
「そしてこうする事がお互いに救済になると思った……のかな?」
 なぜ敵は、熊野速玉大社に狙いを定めたのか?
 熊野権現三神のうち熊野速玉大神は衆生の苦しみ、病気を癒す薬師如来として過去世の救済をもたらすとされているが、「カヌシャ・ノイ」と結びつく何かがあるのかは、あるいは無いのかが分からなくなってくる。
「……救いにならないとは思わないけど」
 穏やかな死を受け容れた人たちは、幸せな気分のまま、過去と現在を精算して、来世を夢見て果てたのだろうか? それは客観的に見て、本人が正常に判断しても言えることか。
 落下を開始してから魔空回廊を覆う、防護バリアが間近に迫るまでの短い時間、思考が交錯する。
「それで命を奪うのであればボクは見過ごせない。救済はまやかしではなく、寄添い守り癒す事だと思うから、生きられる限り、生きていてほしいと思うから」
 立ち塞がる壁のようにしか見えないバリアを目掛けて、叫び、グラディウスを突き出す。
 爆発。空気が白熱に輝く火球が出現し、刹那に火球はバリアを凌ぐ大きさに膨張する。
「この回廊を閉じさせてもらうよ!」
 上も下も分からない白光の中、シルディはグラディウスに力を込める。
 凄まじい勢いで放出されるグラビティが破壊の力となって、火球の膨張と空気の熱膨張によって押し出された周囲の空気が凄まじい勢いの爆風となる。
 閃光が収まり、続けて攻撃姿勢に入っていた、今・日和(形象拳猫之形皆伝者・e44484)の目に波紋のように拡がる爆風と衝撃波によって街が壊れて行く様が見えた。
「……なんてことを。ここは平安時代から貴族や皇族がお参りに来ていた神聖な場所なんだぞ!」
 グラディウスを行使すれば、その余波は敵だけではなく周囲にあるものにも破壊をもたらすことは分かっているつもりだったが、その状況は苛烈を極めていた。
「神聖な場所を占領してドヤ顔する気持ちは分かるよ。ボクだってそうするだろうから」
 爆風に薙がれた家屋が上昇気流に巻き上げられて、遅れて拡がる熱線によって燃え上がる様は大炎熱地獄を連想させる。
「でもね、ここは世界中の人達から大切にされている心の拠り所なんだよ」
 地獄の最下層の如き光景の中に堂々鎮座する魔空回廊を覆うバリアを見ていると、日和の平坦な胸の内に熱い物が込み上げてくる。
「そんな場所をキミ達攻性植物だけの場所にしておくコトは、絶対に許されないんだ」
 この一撃で打ち破る。叫びと共にグラディウスを振り上げて、振り下ろす。
 グラディウスがバリアに触れた瞬間、澄んだ高い音が響き渡り、この日二度目の閃光が現れる。
「ボク達の手でキミ達を全滅させてみせる!」
 日和は弾き飛ばれそうになるグラディウスに力を込める。次の瞬間、奥歯で氷をかみ砕いたような感覚がして身体が宙に浮かびあがり、滑り落ちるようにバリアから落下して行った。
 上昇気流に巻き上げられた異形の影が矢の如き雷光に焼かれて灰と消える様をみながら、帰天・翔(地球人のワイルドブリンガー・e45004)は胸の内に熱い気持ちを滾らせる。
「死んだ人に会いたい……人であれば誰でも思うことです! 家族を失った僕もそう思う時があります……」
 大して親しくない相手でも喪失感を覚えることはある。それが繋がりの深い者であれば狂おしくなる感覚であることは翔にも容易に想像できた。
「そんな人達の想いを利用して命を奪うなんて……絶対許せねー! それを言うに事を欠いて救済だと!? 人を愚弄するのも大概にしろ!」
 目の奥が熱くなるような感覚、偽りで人の心を弄ぶ卑劣さに、地中から湧き上がったマグマが水に触れたかの如くに怒りが爆発した。
「そんなてめぇの腐った性根、叩き直して……いや、引っこ抜いて駆除してやる!」
 翔は無我夢中で目の前の壁――バリアに向かって何度もグラディウスを叩き付ける。
 崩壊の兆しを見せるバリアが鞭に打たれる少女が痙攣するが如くに揺れる。
 だが、グラディウスのグラビティを放出し尽くした翔に出来るのはここまで。
 次いでグラディウスを抜き放った、千歳緑・豊(喜懼・e09097)は、ここから先は剥き出しの力と力のぶつかり合いになると直感する。今やバリアには蜘蛛の巣を張ったような模様が入っており、激しい上昇気流によってゆらゆらと揺れているように見える。
(「本陣攻略前の別地点への強襲、心が躍るね」)
 熊野速玉大社の魔空回廊を破壊すれば、残す攻性植物勢力の拠点は大阪城のみとなる。
 最後のミッション地域の攻略によって何らかのアクションを起こす可能性も頭を過るが、決戦を間近に敵が不用意な動きを見せるのなら、それはそれで都合が良いだろう。
「本陣攻略前の景気づけだ! 派手にいこうじゃないか!!」
 グラディウスを弾く力も弱まったのか、豊は易々とグラディウスを叩き付け、バリアの亀裂を広げる。
 畳みかけるように、灰山・恭介(地球人のブレイズキャリバー・e40079)が続く。
「大切な者を失う辛さ……俺も分かる。会いたいと思う気持ちも否定はしない」
 防御力を消耗したバリアは亀裂を自己修復する猶予もない状態で、恭介のグラディウスが吠える。
 激しく揺れると同時に爆炎に包まれて、遂に無数の破片を散らし始める。
「だが、その苦しみを救うと称し、命を奪い糧とするなど断じて許せん! 貴様に殺された人間は、別離の辛さを乗り越え、未来へ進むこともできたはずだ!」
 閃光の輝きが風景を埋め尽くし、全身が燃え上がるように熱いのに、それ以上に身体の内から怒りが溢れ出てくる。グラビティと共に放出される叫びは破壊の力を増幅し、バリアにはそれを食い止めようがなく、ただ耐えるしか出来なかった。
「その未来を奪った貴様を、俺は絶対に許さない! 貴様が殺してきた人々の無念を受けよ!」
 爆発。
 未だ嘗て人類が目にしたこともない――この世ならぬ色彩が、押し下げられたバリアと強襲型魔空回廊との接触を機に生じる。異界に繋がるこの世ならぬ世界を感じながら、煉獄寺・カナ(地球人の巫術士・e40151)は前方に突き出したグラディウスを確りと握り絞める。
「失った人への想いを利用し、人の生き血を啜る外道な攻性植物!」
 襲われる側の巨富を知ればこそ、この敵に一片の同情も共感も抱ける余地はなかった。
「どれだけの人々を、救済などと称して弄び、殺してきたのですか!?」
 猛る太陽の如き閃光に包まれて、それでも耐え続ける魔空回廊。
「もうこれ以上、あなたの戯言のために犠牲になる人を出させはしません! 消えなさい!」
 カナの怒りを孕んだ叫びが轟く中、この日6度目の爆発が魔空回廊の存在を打ち消さんと大地と大気を焦がした。熊野速玉大社の在った場所は赤熱して溶鉱炉の中の如き有様に見えた。
「まだおわっていない」
 伏見・勇名(鯨鯢の滓・e00099)の目には、赤熱する風景の中に融けずに残った魔空回廊の存在がハッキリと見えていた。
「あいたい人にあえるのは、ほわほわかもしれない」
 見続けていると網膜が焼けてしまうような気がして、ほんの一瞬勇名は瞼を閉じる。瞼を透過してくる薄赤い色を感じながら、命を失った人たちに思いを巡らせる。
「でも、ウソのほわほわでとじこめるのは、それはとても……いくない」
 本人が幸せでも、それが偽りに心惑わされた結果だとすれば、切なすぎる。
「きっとカラコロだ……だれかがカラコロすると、ぼくモヤモヤする」
 死んでいった者の気持ちは大切にしたいが、認めてはいけない。怒りとも悲しみとも違う、胸を締め付けられるような感情――勇名は乏しい語彙で胸の内のモヤモヤをひたすらに叫び、そしてグラディウスを突き出す。
 いこう、グラディウス。
「だからこのモヤモヤぶつけて、ちゃんと、ここをかえしてもらう」
 勇名のグラディウスから生み出された火球が輝きを増しながら内部にある異質な色彩を消し去って行く。
 7人のケルベロスが集い、それぞれの叫びを叩き付けられた魔空回廊は跡形もなく破壊された。

●撤退
「境内の外は市街地だから、方向はあまり気にしなくても大丈夫なのかな?」
「強いていえば、大鳥居のある方でしょうか?」
「緑が薄いのもそっちの方だよね」
 日和の疑問に答えたのは翔とシルディだった。グラディウス行使の余波によって熊野速玉大社の境内は破壊され尽くしていたが、大鳥居に向かって参道を進めば迷うことは無いはずだ。
「誰もが思いつく退路だよね。敵も待ち受けているだろうね」
 グラディウス行使の余波で生じたスモークが身を隠してくれるが、気をつけた方が良いだろうと豊が指摘すると誰もが無言で頷いた。
 大鳥居までは100メートルほど、市街地はそこから太鼓橋を挟んで目と鼻の先だ。
 一行が撤退を開始してまもなく、大鳥居の前で、攻性植物カヌシャ・ノイは待ち構えていた。
「悪いが、早々に通らせてもらうよ。ゆっくりできなくて申し訳ないね」
 豊が言い放つと同時、カヌシャ・ノイの両眼が穏やかに細められ、ゆっくりと白い手が差し伸べられると細い枝のような髪の毛が気流のようにうねり飛ばされた。
「?!」
 それは払いのけようとした豊の手をすり抜けて目を覆うように巻き付いた。
(「なぜかって? それは……」)
 甘い香りに包まれたような感覚がして豊の中で過去の記憶が交錯する。そして自分でも何をしているか分からないまま、足を止めて後ろを振り向いた。
「とよ?! どうした」
 異変を察知した勇名が声を上げると同時、豊の手にした拳銃が火を噴く。
 放たれた弾丸は勇名の薄い胸を貫いて後方に飛び抜けた。体内から込み上げてくる何かに喉を詰まらせる勇名。一方、カヌシャ・ノイの催眠の力は豊の心の支配を強めて行く。
「いけーっ、捕まえたら離さないぞ!」
 催眠に罹った豊も気になったが、日和は敵に精神を集中させる。操られたケルベロスチェインが複雑な軌跡を描きながらカヌシャ・ノイの繊細な身体を縛り上げる。
「ひゃうっ」
 悲鳴のような声を上げ、助けを求めるような視線を豊に向けるカヌシャ・ノイ。
「集え地の魔力! 彼の者の穢れを取り払い、彼の者を護る内なる盾となれ!」
 シルディは詠唱と共に両手をかざす。2つの渦を描くような風が吹き始めて豊の顔に巻きついた蔦を吹き飛ばして行く。
「卑怯なヤツだ!」
 もし自分が催眠に罹っていれば、殺された筈の家族が現れたのかも知れない。憤りを感じながら翔はバスターライフルを敵に向ける。銃口の輪郭に光が伝い、次の瞬間、極太の魔法光線が放たれる。その直撃を受けたカヌシャ・ノイの身体が光条の中で塵を散らしながら壊れて行く。次いで追い打ちを掛けるように、流星の輝きを纏った恭介の飛び蹴りが激突して、その繊細な女の身体を地面に叩き付ける。
「人々に救済を与える。それが、私の使命……」
 死んだ後の世界で、先に死んだ人と再会できることは否定もできないし、証明もできない。
 否定できないのを良いことに、命を奪うための口実としているように感じられた。
 カナは心の中に憤りに突き動かされるように、氷属性の騎士のエネルギー体を召喚する。透き通った氷の軍馬に跨がった騎士が弾丸のように飛翔し突き出された槍がその身体を貫く。
 もの悲しそうな顔をして膝を着くカヌシャ・ノイだったが、倒れない。直後に破壊された身体を自ら癒して立ち上がった。
「あなたたちは、ここを出て行って、なにがしたいのですか?」
「わかりきったことを――」
 それだけ言って、豊は口を噤み、地獄の炎で出来た獣を召喚する。間近に迫る大阪城への攻撃を漏らすわけには行かないし、おしゃべりで時間を費やすべきでもなかった。
「ターゲット」
 次の瞬間、炎の獣は敵に襲いかかり、間髪を入れずに、恭介の振るった月光斬の軌跡がザックリと繊細な身体を切り裂く。プシャッと生温かい体液が恭介の方に噴き出す。
 人の心を惑わし操る能力には長けていたが、カヌシャ・ノイは繊細な見た目が象徴するように脆く、ケルベロスたちの連続攻撃には長く持ちこたえる力は無かった。
「てめぇの肉片一つ……いや、魂まで残らず全て喰らい尽くしてやるぜ! 消えちまいな!」
 翔の解放した混沌がカヌシャ・ノイを飲み込み、次いで消えろと命じれば、巻き込んだ存在の不規則性を増大させる。
「まだだ」
「はい!」
 翔の声に応じるようにカナは両手に霊力で作り出した刃を出現させる。
「師匠……これが私なりのあなたの剣です!」
 そして不規則性により曖昧になったカヌシャ・ノイの身体を滅多斬りにして、花の如き傷口を開いた。
「あとはお願いします」
 カナの声に勇名と日和は視線で頷き合う。
「いっくぞー」
「ボクをこれ以上、怒らせるなよ!」
 勇名がエクスカリバールを投げ放ったのに、タイミングを合わせて、日和は左目を閉じて右眼だけでカヌシャ・ノイを睨み据える。
 エクスカリバールが命中して首が横に曲がる。
 直後、カヌシャ・ノイは身体のあちこちを瘤状に膨張させながら爆発して消滅した。
 勝利を喜び合う間もなく、一行は台石と片方の柱のみを残して破壊された大鳥居を越えてミッション地域中枢からの撤退に成功する。
「ここまで来ればもう大丈夫だよね」
 先頭のほうを行く勇名と豊が走る速度を緩め、歩き始めたのに気がついてシルディは口を開いた。そしてカヌシャ・ノイによって少なく無い人が命を失ったことを思いながらも、熊野速玉大社の方を振り向いた。
「これで攻性植物勢力のミッション地域、ここでオシマイなんだね」
「んうー」
 日和の呟きに勇名は胸の内にあった言葉にし難い気持ちを声色に込めて応じた。
 感傷に浸るには早い。攻性植物との決戦は間近に迫っている。

作者:ほむらもやし 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2020年6月27日
難度:普通
参加:7人
結果:成功!
得票:格好よかった 4/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 0
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。