第八王子強襲戦~復讐の赤い大地

作者:雷紋寺音弥

●第八王子の復讐
 どことも知れぬ、豪華な宮殿のバルコニー。
 集まった軍勢を見下ろしつつ、王子と思しき人物が彼らへの出撃命令を下している。
 星霊甲冑を身に纏った男達の姿から、彼らはエインヘリアルだろう。だが、男だけではなく、中には女もいる。一回り小柄なのは、シャイターンの女達だろうか。戦いに心を躍らせている者、仕方なく出撃命令に従っている者と、彼らの思惑は様々なようだ。
 どうにも統制の取れていなさそうな部隊。そんな彼らを指揮する王子の後ろから、心配そうに見つめるのは二人の女。
 一人は、王子直属の秘書官である。王子の気質を知っているだけに、彼女は不安で仕方がないといった様子だ。
 その一方で、もう一人は王子の娘だろうか。こちらは、戦いに出られることに浮足立っており、放っておけば自分だけでも勝手に出陣しそうな勢いだった。
「みんな、いいかい? 僕の大切なヘルヴォールを殺したケルベロスを倒しに行くよ!」
 檄にしては小さな声で、王子が言った。大半の者はおざなりに歓声を上げるだけだったが、シャイターンの女達からは、熱狂的な歓声が上がっていた。
 エインヘリアル第八王子ホーフンド。数だけは多い軍勢を率いる彼に、果たして勝利の女神は微笑んでくれるのだろうか。

●昏迷の焦土地帯
「緊急の招集に応じてくれ、感謝する。実は、死神の死翼騎士団との接触によって得られた『ブレイザブリク周辺のエインヘリアルの迎撃状況』に関する巻物を検証した結果、エインヘリアルの陣容に不可解な点が発見された」
 情報を詳しく分析した結果、エインヘリアルの迎撃ポイントや迎撃タイミングに、明らかに不自然な穴があった。その調査を進めた結果、新たな敵の動きを察知することができたと、クロート・エステス(ドワーフのヘリオライダー・en0211)は集まったケルベロス達に話を続けた。
「この情報だけならば、死神の欺瞞情報である可能性もあったが……副島・二郎(不屈の破片・e56537)ら、焦土地帯の情報を探っていたケルベロス達の情報と組み合わせた結果、焦土地帯のエインヘリアルの動きが、『大軍勢の受け入れの為の配置展開』によるものであると判明した」
 加えて、之武良・しおん(太子流降魔拳士・e41147)の調査と、ヘリオライダー達による予知の結果により、東京焦土地帯に現れる大軍勢の指揮官は、第八王子・ホーフンドであることも判明している。
「ホーフンドは大阪城のグランドロン城塞でレリ王女と共に撃ち倒した、三連斬のヘルヴォールの夫だ。出陣の理由は、妻の仇討ち……理由としては単純故に十分過ぎるな」
 ホーフンド王子の軍勢には、大阪城で撃破したレリとヘルヴォールの残党も加わっている。その戦力は高く、彼らがブレイザブリクに合流すれば、その攻略は難しくなってしまう。
 また、ホーフンド王子はヘルヴォールの復讐の為に、東京都民の大虐殺なども行いかねない。そのため、この王子のブレイザブリクへの合流は、なんとしても阻止しなければならないのだ。
「そういうわけで、君乃・眸(ブリキノ心臓・e22801)の作戦に従い、合流前のホーフンド王子の軍勢を奇襲する、強襲作戦を実行する事になった。幸い、ホーフンド王子の軍勢は、レリ配下、ヘルヴォール配下だった残党軍を前衛としているが故に、前衛と本隊との連携がうまく取れていないようだからな。おまけに、嫁の敵討ちに躍起になっているのは王子本人だけで、王子を大切に思う配下達は、地球への進行に消極的なようだ」
 元来、ホーフンド王子も本来は好戦的な性質では無く、臆病な程慎重であるという。ケルベロスの攻撃で本隊に危機が迫れば、狼狽して撤退を決断する可能性は高い。
「今回の作戦は、ブレイザブリクに合流しようとするエインヘリアルの王子の軍勢に対し、ブレイザブリクの警戒網の穴をついて精鋭部隊を浸透させて奇襲する作戦だ。敵の前衛を務めるのは、グランドロン城塞の戦いでレリやヘルヴォールの配下として戦っていた部隊の残党だな。連中の士気は高いが、ホーフンド王子の本隊との連携に隙がある。それを突いて、各個撃破するのが望ましいだろうな」
 前衛の右翼はレリ配下だった部隊、前衛の左翼はヘルヴォール配下だった部隊。この内、前衛部隊を壊滅させれば、救援のためにホーフンド本隊の部隊が駆け付けてこようとするので、この部隊を迎撃。ホーフンド王子の本隊に合流できないように、足止めすることも忘れてはならない。
 その上で、救援のために手薄になったホーフンド王子の本隊へ派手に襲撃をかけ、ホーフンド王子を牽制する。彼は臆病な性格なので、ケルベロス達の猛攻に恐れを成したホーフンド王子が撤退していけば、作戦は成功だ。
「死神、残党軍、そして新たなる王子……東京焦土地帯には色々な連中の思惑が絡み合っているが、一枚岩でないのが幸いだな。単に敵を倒すだけでなく、どのように立ち回って行くかが、この地の行末を決めることになるのかもしれないぜ」
 場合によっては、この地球におけるデウスエクス達の勢力図を、再び大きく塗り替える一歩になるかもしれない。そのためにも、この作戦は絶対に成功させなければならないと、クロートは改めて念を押しつつ、ケルベロス達に依頼した。


参加者
月宮・朔耶(天狼の黒魔女・e00132)
露切・沙羅(赤錆の従者・e00921)
スノーエル・トリフォリウム(四つの白翼・e02161)
若生・めぐみ(めぐみんカワイイ・e04506)
ティーシャ・マグノリア(殲滅の末妹・e05827)
リリエッタ・スノウ(小さな復讐鬼・e63102)
ルーシィド・マインドギア(眠り姫・e63107)
ジークリット・ヴォルフガング(人狼の傭兵騎士・e63164)

■リプレイ

●突撃、中央本隊!
 八王子焦土地帯。かつては死神が跋扈し、そして今はエインヘリアルの勢力圏となっているその場所は、既に多数の場所で戦闘が開始されていた。
「これほどの大軍相手に大立ち回りをして大暴れする、か。ふっ……胸が高まるな」
 戦いの鼓動に衝動が堪え切れなくなりつつも、ジークリット・ヴォルフガング(人狼の傭兵騎士・e63164)は身を隠しながら呟いた。
 本隊への突撃とは胸が高鳴るが、しかし仕掛けるタイミングは今ではない。戦場はバラバラでも、それぞれの部隊が足並みを揃えて作戦通りに行動しなければ、あっという間に瓦解する。
「大規模作戦だからね。足でまといにならないようにしないと……」
 露切・沙羅(赤錆の従者・e00921)もまた、敵の出方を窺いながら、しかし物陰で息を潜めていた。
 他の場所もかなりの激戦のようだが、こちらはそれ以上に敵の数が多い。それこそ、百や二百では済まない程の、実に千体近いエインヘリアルの軍勢が、第八王子ホーフンドの守りについているのだ。
「エインヘリアルの王子様も本当にいろいろなんだねぇ……。敵討ちの気持ちは分からなくはないけど、『はいそうですか』って言えるわけがないんだよね」
 敵を討ちたいという気持ちは分かるが、しかし黙って狩られるわけには行かぬと、スノーエル・トリフォリウム(四つの白翼・e02161)が続けた。
 そもそも、今ではケルベロス達の味方となった第一王子のザイフリートを始め、エインヘリアルの王子達とは、これまでも幾度となく戦って来たのだ。これまでのエインヘリアル達との確執を考えると、彼らと平和的な解決ができる可能性は、殆ど皆無に等しい。
「あれは……どうやら、仕掛ける時が来たようですわ」
 そんな中、ルーシィド・マインドギア(眠り姫・e63107)が遠間に見えるガスの煙を確認し、時が来たことを他の仲間達に告げる。
 現在、ヘルヴォール軍へは本隊左翼から、レリ軍へは本隊右翼から増援が出されている。その内の、本隊左翼を担うユウフラ軍をバイオガスによって孤立させ、本隊中央と容易に合流できなくしている間がチャンスだ。
「では、皆さん一気に行きましょう」
 ナノナノのらぶりんを殿へと下げ、若生・めぐみ(めぐみんカワイイ・e04506)がスイッチを押せば、それは盛大な爆風を伴いケルベロス達に戦うための力を与える。その勢いに任せ、他の者達は一斉に、敵の本陣目掛けて雪崩れ込んだ。
「な、なんだ! 敵襲か!?」
「なんと……! まさか、既にこんな場所まで攻め込まれていたのか!?」
 本陣の防衛部隊故に、自分達の出番はまだ先であろうと考えていた一部のエインヘリアル達は、完全に出鼻を挫かれた様子で狼狽えている。なにしろ、数が多いだけあって、直ぐに隊列を整えてくるのだろうが、ここは少しでも敵の戦力を削るべきだ。
「八王子市に第八王子……何か深い意味があるのかな?」
 ふと、敵の攻撃を掻い潜りながら、リリエッタ・スノウ(小さな復讐鬼・e63102)が呟いた。単なる洒落か、もしくは偶然の産物だと思いたいが、そもそもエインヘリアルには、どれだけの王子がいるのやら。
「あれ……エインヘリアルの王子って何人いるんだっけ?」
 同じく、敵のフレイルによる攻撃を杖で受けながらも、月宮・朔耶(天狼の黒魔女・e00132)もまた首を傾げた。だが、残念ながら、その答えを確かめるのは後回しだ。
「気を抜くな! 今は目の前の敵に集中しろ!」
 ティーシャ・マグノリア(殲滅の末妹・e05827)が檄を飛ばし、敵の投げて来た火炎瓶を打ち返す。圧倒的な大部隊を前に、第八王子ホーフンドを撤退させるための、決死の戦いが幕を開けた。

●ハッタリ合戦
 敵の本陣ともなれば、そこにいる敵の数は他の戦場よりも圧倒的に多い。
 見たところ、ホーフンド王子を守るエインヘリアル達の数は、1000名は下らないようだった。個々の強さは大したことはないが、しかしこれだけの数の敵を前にして、たった30名程度のケルベロスだけで王子の首を取るのは不可能に近い。
 元より、この戦いでホーフンドを倒せるとは、この場にいる誰もが思っていなかった。だからこそ、大切なのは敵に少しでも脅威を与え……否、こちらを脅威と思わせることで、早々にホーフンド王子に撤退してもらうことである。
 そのために必要なのは、時により多くの敵を倒すことよりも、相手に脅しをかけること。
 遠間から、誰かの声が聞こえる。恐らく、同じ本陣を攻めている、別の部隊の者の声だろう。
「すでに前衛は壊滅しタぞ……! まずは厄介な補給隊を絶つ。ホーフンドを殺せ……!」
 王子を殺せ。その声が戦場に響き渡ると同時に、エインヘリアルの兵達の間に、一斉に動揺が走った。
「お、おい、マジかよ! こいつら、本気で王子を狙ってるぞ!」
「怯むな! たったこれだけの数で、王子のところまで辿り着けるものかよ!」
 少数精鋭の突貫に対して狼狽える者、未だ余裕の態度を崩さない者、敵兵達の反応は様々だ。それだけ敵の集団は烏合の衆ということだろう。そして、そんな敵の動揺を、むざむざ見逃すケルベロス達ではなく。
「周りから引っぺがして喰ってってやンよ、怖ェか? 怖ェよなァ」
 続けて戦場に響き渡る脅しの言葉。数的有利は未だ敵の方にあるにも関わらず、大胆不敵な自信に満ち溢れた言霊が、敵の勝利に対する確信を疑念に変えて行く。
「な、なんだ、この連中は! まさか、本気で俺達と刺し違えるつもりなのか!?」
 一度、疑念が波及すると、もう駄目だった。囁きがどよめきに変わり、戦場全体に広がって行くのを見て、最後に朔耶がダメ押しの一言を告げた。
「ゴチャゴチャほざかんで、そろそろとっとと星に帰んでまえ……!」
 このまま戦い続ける者は、誰であろうと容赦なく殺す。数的不利を覆す圧倒的気迫。それは、どんな強大な武器や技よりも強く、そして深く、奥に控えるホーフンド王子の心を抉るのに十分なものだった。
「敵が動揺している? 皆、一気に押し切るよ!」
 押し寄せてくる敵の波を愛銃の連射で牽制しつつ、沙羅が叫んだ。状況的には決して楽な展開ではなかったが、ここで苦しさを表情に出せば、今まで積み上げて来たものが壊れてしまう。
「この大軍だ……逆手に取らせて利用させて貰おう」
 桜舞い散る剣戟で、同士討ちを狙うジークリット。さすがに、敵の数が多過ぎるため、そこまで効果は見込めなかったが、それでも牽制としては十分だ。
「くそっ! 敵は数が少ないぞ! 取り囲んで、集中攻撃で叩くんだ!」
 混乱しながらも、未だ冷静さを欠いていない何人かの敵兵達は、辛うじて効果的な策を示しながら、ケルベロス達の包囲に回る。が、それとて、予想していなかったわけではない。そちらから集まって来てくれるのであれば、好都合。集中攻撃を食らう前に、範囲攻撃で一網打尽だ。
「行くよ、ルー。全部、払い除けるから……」
「分かりました、リリちゃん。くれぐれも、気をつけて」
 リリエッタの言葉にルーシィドが頷き、扇を両手に構えて華麗に舞った。激しい円舞と共に撃ち出されるのは、大小様々な18筋もの光線。それは、敵の肉体だけでなく神経までも穿ち、時に肉体の自由を効かなくさせる破界の光。
「ぐぅっ……か、身体が……痺れ……ぎゃぁっ!!」
「……余所見は厳禁だよ。代償は高くついたね」
 思わず痺れた個所に目をやった敵兵の身体に、リリエッタの拳がめり込んだ。小柄な体から繰り出したとは思えぬ一撃。自分の倍ほどもある巨躯を誇る相手でさえ、リリエッタは易々と沈めて見せ。
「後ろはお願いしますね、らぶりん。……切り裂く、ルージュフラッシュ!」
 残る敵を、めぐみが手刀による超高速の回転攻撃で、次々に炎へと包んで行く。
「あ、熱ぃ、痛ぃぃ! は、早く手当てをしてくれぇ!」
「後退だ! 後退して、他のやつと入れ替わ……ぐぇっ!!」
 手傷を追った者達の中でも特に気の弱い連中が先んじて下がろうとしたが、その背中をティーシャが情け容赦なく射抜いた。
「合流させるつもりもない。お引き取り願おうか!」
 乱戦において、ルールなどあってないようなものだ。卑怯者と、笑わば笑え。命を奪い合う戦いでは、時に非情に徹せねばならぬこともある。
「マシュ、援護をお願いね。……さあ、どこからでも掛かって来るといいんだよ! この結界は、絶対に破らせないんだから!」
 肩に乗せたボクスドラゴンのマシュに牽制を任せながら、スノーエルは手にした長剣を大地に突き刺し、その刀身に宿る星辰の力を解放して行く。
 ここから先は、持久戦。こちらが倒れるのが早いか、それとも王子の心が完全に折れるのが早いか。
 八王子の焼けた大地の上で、この地の命運を賭けた駆け引きが始まった。

●限界戦線
 怒涛の如く四方から攻め込んだケルベロス達ではあったが、元より戦力差は明白だった。
 戦いが長引くにつれ、徐々に負傷も蓄積して行く。敵との戦力差は恐ろしい程に大きく、まともに戦えば最後、あっという間に駆逐されてしまうことだろう。
 だが、それでもなおケルベロス達が持ち堪えているのは、ホーフンド王子が彼らの脅しに対して屈したからに他ならなかった。
 下手に前へと出れば殺される。そう判断した王子は、完全に守りの一手へと転じていた。心なしか、前線で戦う兵達も、あまり積極的に攻め込んでこようとしていない。
 このまま行けば、もしかすると更に奥深くへ攻め込めるのでは? ふと、そんな考えがケルベロス達の頭を掠めたが、それは直ぐに打ち消されることとなる。
「……妙だな? 先程から、やけに敵の動きが良くなったような気がする」
「確かに、言われてみれば……。なんかこう、指揮系統が変わった感じが……っ!?」
 行動に一貫性のなかった烏合の衆。それらが部隊を少数に分け、遊撃隊を組織していることに気が付いたティーシャと朔耶だったが、その時は既に遅かった。
「フハハハ! もらったぁっ!!」
「なっ……! しもた!?」
 目の前の敵に注意を向けていた朔耶の隙を突いて、側方から回り込んで来た敵兵がフレイルを振り回しながら突っ込んで来た。間髪入れず、オルトロスのリキが身体を張って主を守ったが、それがリキの限界だった。
「リキ! おのれ、やってくれたのぅ……。この借りは万倍にして返し……あたっ!?」
 しかも、運の悪いことに、朔耶を狙って来た敵兵は一人だけではなかった。続く敵のフレイルに頭を直撃され、そのまま失神してしまう朔耶。見れば、リキ以外にも前衛で守りに就いていた者達は、その大半が疲弊により限界寸前だった。
「うぉぉぉっ! こんな武器でも、やってやるぜぇっ!」
「ちょっ……! そ、そんな一度に来られたら……きゃぁっ! 」
 補給兵や衛生兵達が、手にしたフライパンや薬箱で、めぐみを四方八方からタコ殴り。形振り構わぬ敵の行動に、ケルベロス達の陣形は、瞬く間に崩壊させられて行く。
「くっ……! こうも遠方から狙われては、こちらも動きが……」
 刀を握り締めて歯噛みするジークリットだったが、そんな彼女の下へは、多数の拳銃弾や火炎瓶が殺到していた。
「拙いな……。このままでは、いずれ押し切られるぞ」
 そろそろ、撤退の頃合いか。ライフルで牽制を続けるティーシャが、思わず他の仲間達に目配せした時だった。
「ジーク様、リリちゃん、今、私が助け……っ!?」
 中衛で戦列維持に努めていたルーシィドの胸に、敵の放った拳銃弾が直撃したのだ。見れば、めぐみは奮闘虚しくボコボコにされ、ジークリットもまた燃え盛る炎に全身を包まれて、絶叫と共に倒れ伏していた。
「ルー!? ……お前達、覚悟はできてるよね?」
 リリエッタの瞳の色が、一瞬にして変わった。敵と見做した者を決して許さない、非情な暗殺者としての目だ。
 お前達、全員生きて帰れると思うな。静謐なる怒りを込め、リリエッタがついに銃を抜く。が、そのまま突貫しようとした彼女を、ティーシャが慌てて制止した。
「待て! 既にこちらは限界だ。このまま撤退するぞ」
「でも、誰かが敵を抑えないと、後ろから攻撃されても知らないよ?」
 殿は、あくまで自分が務める。そう言って譲らないリリエッタに、ならば自分も最後まで戦線の維持に努めるとスノーエルが言った。
「それなら、私ができるだけ援護してあげる。でも、本当に無茶はしないって約束してくれないと駄目だよ」
「……うん、わかったよ」
 友を置いて先に死ねば、それは友を悲しませる結果となる。そう言われてしまうと、リリエッタも首を縦に振る以外に術はなく。
「信じられたのは、そう……あなたがいたから……」
 希望に満ちた唄を紡ぎ、スノーエルはリリエッタに集中する攻撃を緩和して行く。その力に鼓舞されながら、リリエッタは不可視の大気の弾丸を精製し、それが生み出す真空波によって、周囲の敵を切り裂いた。
「切り裂け! 大気の弾丸――エアリアル・バレット!」
「な、なにぃっ! こいつ、本命は銃の攻撃か!」
 今まで攻撃の大半を素手から繰り出していたリリエッタだったが、本来の彼女が得意とするのは銃。完全に意表を突かれた敵兵達は思わず怯んでしまい、その隙にケルベロス達は、倒れた仲間を抱えて戦場を後にした。

●敗者への凱歌
 混戦の続く戦場から、辛くも全滅を逃れて抜け出したケルベロス達。彼らはその大半が、満身創痍な状態だった。
「うぅ……すみませんね、らぶりん……」
 らぶりんに引っ張られるめぐみは、どこか申し訳なさそうな表情だ。リリエッタに背負われたルーシィドは、未だ目を覚まさない。もっとも、幸いにして急所はやられておらず、時間が経てば直ぐに目を覚ますことだろう。
 同じく、ティーシャに背負われているジークリットもまた、全身のあちこちが焦げている。
「やれやれ……脱力した人間って、意外と重いねぇ」
 失神している朔耶を背負った沙羅が、思わず呟いた。それを見て苦笑しつつ、スノーエルは箱から顔を出しているマシュの頭を優しく撫でた。
「マシュ、お疲れ様。今は、ゆっくり休んでいいんだよ」
 喧嘩に負けて、勝負に勝った。そんな戦いだ。一見して、大部隊を相手に無謀な突撃を行って退けられたような感じだが、そもそも最初から王子を殺せるなどとは思っていない。
 目的は、あくまでホーフンド王子を撤退させること。その作戦の一環として、少しでも王子に恐怖を与えることができたのであれば幸いだと、ケルベロス達は焼けた大地を背にしつつ帰還した。

作者:雷紋寺音弥 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2020年4月14日
難度:普通
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 4/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 1
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。