スターライト

作者:崎田航輝

 夜風にも澄んだ春の匂いが漂う季節。
 まだ少し冷える宵の空気の中、空を仰ぐと天球に満天の光が輝いていた。
 中天から北に見えるのは美しいアステリズムを成す北斗七星。
 そこから視線を東廻りに南下させれば、眩いアークトゥルスとスピカが見えて、空に広く伸びる春の大曲線を望む事ができる。
 それに留まらず、無限の星々の明かりを楽しむように──子供や大人達はわいわいと空を見上げていた。
 夜半に多くの人々が集うそこは、天文台。
 街明かりから遠い丘にあるからだろう、星の光を遮るものもなく、遠方までその輝きを観測することができる。
 平素は見られぬ美しい夜空と、春の星座に瞳を輝かせて。訪れる人々は眩い星々に新たな季節を感じていた。
 けれど、そんな宵空の下に踏み入る巨躯の影が一人。
「とても星の美しい夜じゃないか。永き光は、崇高だ」
 それは愉快げな声音と共に剣を抜く、白銀鎧の罪人──エインヘリアル。
「故に儚き命は此処で、散ってもらおう」
 静かに言うと、刃を振り抜いて目の前の人々を切り捨てる。
 血潮が弾けて夜闇に赤い煙を散らすと、悲鳴と絶望の声が満ちる。罪人はそこに静けさが降りるまで、只管に命を切り裂いていった。

「春の星座が見やすい時期ですね」
 夜のヘリポート。
 イマジネイター・リコレクション(レプリカントのヘリオライダー・en0255)はケルベロス達へそんな言葉を口にしていた。
「空も晴れて澄み渡っていて。とある展望台にも人が集まっているのですが……」
 そんな場所へ、エインヘリアルが出現することが予知されたのだという。
 やってくるのはアスガルドで重罪を犯した犯罪者。コギトエルゴスム化の刑罰から解き放たれて送り込まれる、その新たな一人ということだろう。
 これを放っておけば人々が危機に晒される。
「皆さんにはこの敵の撃破に向かってほしいのです」
 現場は天文台のある丘。
 天文台の展望スペースには多くの人がいるが……今回は警察の協力で事前に避難が行われる。こちらが到着する頃には人々も逃げ終わっていることだろう。
「戦いに集中できる環境です。皆さんは建物の前で待ち伏せし、敵が現れたら迎え討ってください」
 それによって周囲の被害も抑えられるだろうから、とイマジネイターは続けた。
「無事勝利できた暁には、皆さんも天文台で星など見ていってはいかがでしょうか」
 今の時期、春の星座がよく見える。
 少しだけ冷えるものの過ごしやすい気候でもあるので、ゆっくりと星明かりが楽しめるだろうと言った。
「そんなひとときの為にも、ぜひ撃破を成功させてきてくださいね」


参加者
奏真・一十(無風徒行・e03433)
キリクライシャ・セサンゴート(林檎割人形・e20513)
ウルズラ・オーベルラント(揺籃のアルクダ・e23781)
六星・蛍火(武装研究者・e36015)
笹月・氷花(夜明けの樹氷・e43390)
ラグエル・アポリュオン(慈悲深き霧氷の狂刃・e79547)
ディミック・イルヴァ(グランドロンのブラックウィザード・e85736)

■リプレイ

●星辰
 深い藍の空に無数の光が煌めく。
 無二の輝きが星座を成す天球は眩い程で──丘に登った笹月・氷花(夜明けの樹氷・e43390)は愉しげな声を零していた。
「もう春の星座が見られる時期になったんだね」
「ああ、見事なものだな」
 と、仰ぐ奏真・一十(無風徒行・e03433)も宵の目に星灯りを映す。
 戦いを前にすれど、美しい空には視線も釘付けになる。だから何も現れなければいいものをと思わずには居られないが──。
「来たみたいだね」
 静かな声音で、ラグエル・アポリュオン(慈悲深き霧氷の狂刃・e79547)は下方を見遣っていた。
 照明で視界を確保した、その先。
 無人の景色の中を歩み来る巨躯の姿がある。
 白銀鎧を身に纏う罪人、エインヘリアル。此方に気づくと剣を抜いて声を向けてきた。
「崇高な星の夜に、邪魔な光が在るようだね」
「ふむ。崇高、か」
 と、巨躯の言葉に怯むでもなく、ディミック・イルヴァ(グランドロンのブラックウィザード・e85736)は視線を空へ注ぐ。
「星霊甲冑も与えられずにこのような流刑地へと送られ、それでも星を想うとは気の毒だねぇ」
 声音は心を吐露するように。
「もしも武勲を立てれば、その崇高な光は貴公のものであったかもしれない」
 アスガルドのいち妖精として憐れみを感じるよ、と。
 向けられた言葉に、罪人は俄に柄を握りしめた。
「グランドロン……侮辱するか。憐憫を向けられる筋合いはない。まだ、光は手に入る」
 番犬さえ消えればね、と。
 剣を構えて敵意と共に奔り込んで来る。
 が、そこへふわりとピンクの裾を踊らせて、ナイフを抜き放つのが氷花。
「させないよ。貴方を真っ赤に染め上げてあげるから!」
 朗らかな程の笑いを浮かべて、繰り出すのは『血祭りの輪舞』。手元、首、鎧の隙間。絶え間なく注ぐ斬閃の雨で血飛沫を散らせた。
 その間隙に、一十が星の如き銀粒子を撒いて後衛を補助すれば──。
「こちらも護りを整えておきます」
 馬体を翻すジャスティン・アスピア(射手・e85776)が、星剣を輝かせて光の流線を描いていた。
 溢れる煌めきが皆へ加護を齎すと、同時に温かな耀を生み出すのがキリクライシャ・セサンゴート(林檎割人形・e20513)。
 真珠色の髪を揺蕩わせ、空へ翔ぶと宵を太陽で照らすように。両の掌から零す『陽光の珠』で明るく慈悲深く、仲間へ浄化の力を与えゆく。
「……リオンは、敵へ」
 と、呟けば眼下のテレビウム、バーミリオンが疾駆。握った刃を巨躯へと突き立てた。
 血流を零しながらも罪人は剣風を吹かす。が、
 吹き荒ぶ衝撃の中でブロンドを靡かせながら、六星・蛍火(武装研究者・e36015)は真っ直ぐ佇んで斃れない。
「ドローンの群れよ、仲間を警護しなさい」
 表情には眠たげなまま、嵐の中で怖じける素振りもなく。手をのばすと小さな影を壁の如く展開して風を軽減させていた。
「あとは頼めるかしら」
「ええ。任せて頂戴」
 嫋やかに頷くウルズラ・オーベルラント(揺籃のアルクダ・e23781)も、すらりと手を翳し。靭やかな所作で小型機を振り撒き前衛を防護していた。
 照射する治癒の光が、皆の体力をも癒やしていくと──その間にラグエルは雪を舞い踊らせている。
 冬が戻ったと思わせる程の白色は、しかし七彩を帯びて鮮やかに溶けて。溢れた魔力が魂を鼓舞するよう、仲間へ力を齎した。
「これで、攻撃は任せるね」
「了解したよ」
 返しながら、ディミックは後方から両腕を突き出している。
 瞬間、肘より先の機巧が輪転して収納されると、代わりに顕れ稼働するのは砲塔。次の刹那には粒子が光を帯び、鮮烈なビームとなって発射された。
 直撃を受けた巨躯が傾ぐと、キリクライシャも紅く艶めく砲弾で連撃。足元を抉り動きを鈍らせてゆく。
 罪人は体勢を崩しながらも剣を振り上げる、が。
「やらせはしないさ」
 ジャスティンが銃口を向けて早打ちを敢行。狙い違わず腕を貫き力を奪い去った。
 手元を抑えながら、罪人は小さく呻く。
「……やはり、君達を斬らねば星を愛でる事も出来ないね」
「それほど星を愛するならば、君も星にしてやろうか?」
 と、一十は義骸装甲の片脚を浅く持ち上げて。
「何ならば、主星アスガルドの近くに昇らせてあげようではないか」
 戯れのように言いながらも、直下へ脚撃。『震幹驀地』──伝搬した衝撃波を収束させ、爆発的な威力で巨体を吹き飛ばした。

●静夜
 倒れ込んだ罪人は、這いながら憎悪の声を零す。
「……愚かな抵抗を。短き命など無為だというのに……」
「あなたにとって無為ならば、斬ってもいいというの?」
 と、蛍火は仄かに呆れた声音だった。
「夜の空はこんなにも綺麗なのに、どうしてエインヘリアルの心は醜いのかしらね」
「判りませんが、だからこそ咎人なのでしょう」
 ジャスティンは言いながら、敵を乾いた視線で見据える。
 前から思っていたが、と。
「そんな価値観しか持てない粗大ゴミ……罪人エインヘリアルとは、哀れな存在なのかもしれない」
 これっぽっちも同情も手加減もできないがな、と。
 至近で銃を向けると、零下の光線で膚を凍らせてゆく。
 同時に氷花も跳躍。角度をつけて旋転すると螺旋状に焔を描いて。
「さぁ、この炎で燃やし尽くしてあげるよ!」
 叩き降ろす蹴撃で烈火の苦痛を与えていた。
 ふらつく巨躯は、藻掻くように剣を振る。だが一十が身を以て防げば、蛍火が掌を向けて清廉な輝きを瞬かせた。
「すぐに治してあげるわね」
 流れ星の如く翔んだその光は、撫ぜるように傷を拭い去る。
 蛍火の匣竜、月影も月色の光を注ぎ治癒。防護こそ削がれたが、それが在ったが故に負傷は浅く済み──体力は万全となった。
「ありがとう」
 一十が言いながら反撃の拳を打てば、匣竜のサキミも燦めく水流のブレスで傷を刻む。
 罪人は振り払おうと剣を掲げたが、そこへディミックが背部機巧のレーザーをブースターに転化して肉迫。
「私も後ろで見ているばかりではないよ」
 敵の反応が遅れた一瞬に、機械槌で強烈に打ち据えた。
 宙へ煽られた巨体へ、キリクライシャは曲線状に翔びながら、天より降ろした光を蹴り出してゆく。
 如何に頑強でも、強そうな見目であっても。
「……弱れば、同じこと」
 それを示すよう、弾ける輝きで鎧を粉砕して直接体を穿っていた。
 地に墜ちた罪人は、それでも声を荒らげ剣を振り回す。
「……何故抵抗する。永き光の前では、定命などただの刹那だというのに──」
「星に比べたらそうでしょうけどね」
 と、ウルズラは剣風の中で凛然と声を響かせた。
「だからって、簡単に差し出すほど、儚くなんてありませんのよ」
 そのまま七彩を持つ光のヴェールが揺らめかせ、柔らかな煌めきで風を霧散させていく。
 時を同じく、ラグエルも氷を数珠繋ぎにした鎖を踊らせていた。
 綺羅びやかな透明色は、星空の彩を中に映して美しく耀く。そこに伝わせた冷気の魔力が六花の魔法陣を描き、皆の包んで癒やしていった。
 内に潜む狂気を顕にすることもなく。ただ静やかに声を向ける。
「後は、頼むね」
「ええ」
 応えたジャスティンは風を切って奔り抜け、罪人の横合いをとっていた。
 そのまま相手が此方を向く前に、マズルフラッシュを閃かせて『ホローポイント』。体を抉る弾頭で、巨体の傷を十重二十重に深めていく。
「今です!」
「うん!」
 頷く氷花は巻き髪を揺らし跳躍。星穹を背に大ぶりのパイルバンカーを掲げた。
「雪さえも退く凍気を、食らえー!」
 硬質な駆動音で撃ち出された魔氷の杭は、巨躯の胸部を貫き縫い止める。そこへ落下しながら、氷花は続けてナイフも握っていた。
「これでお終いだよ!」
 刹那、一閃。切り抜く斬撃で罪人の命を四散させた。

●星空
 星灯りの下に賑わいが満ちる。
 丘をヒールした番犬達は人々を呼び戻し平和な景色を取り戻していた。天文台では、既に多くの人が宵の時間を楽しんでいる。
 番犬達もまた展望スペースへ。
 蛍火は視界に広がる無限遠の星天に、仄かに瞳を見開いていた。
「少し上るだけで、これほど視界が開けるのね」
 丘では見えなかった地平線。
 三百六十度の展望。
 遮るもののない夜空のドームは目を細めるほど眩くて──隣の氷花もわぁ、と踊るようにくるんと回っていた。
「明るいね。星がいっそう光ってるみたい」
 少しだけ夜が更けたことで、空は暗く、相対的に星の光量が増す。はっきりと、星々が織りなす数多の形を観察することが出来た。
 蛍火も実感と共に頷き、天を指差す。
「春の星空ってとても綺麗よね、ええと、今はどんな星座が見られるのかしら?」
「確か、北斗七星があるんだよね」
 どのあたりかな、と。
 氷花も空を指でなぞるように、その特徴的な形を探し始めた。
 すると中天からやや北寄り。緩やかなカーブとコの字型が成す、鉤の形にも似た星列が見える。
「あっ、あれだよ」
「こうして見ると、明るい星ばかりで出来ているのね」
 おおぐま座の中でも、浮かび上がる程の形を蛍火は見つめた。
 他にも探せば、星座は枚挙に暇ない。
「あれがこじし座で、あっちがやまねこ座……資料に書いてあるよ」
「これも春だからこそ、見られるのね」
 夜に溶ける黒の衣装を柔風に揺らし、蛍火が呟くと、氷花も頷いた。
「春が過ぎたら、また一年後だね」
「ええ」
 今にしか見られぬ輝き。だからしっかりと愉しんでおこう、と。
 二人は暫し星の観察に興じた。

 一十は優しい宵風の中、天文台へ。
 サキミは変わらず愛想がないけれど、星見に異存はないようで傍らで空を仰いでいる。
 一十も瞳を上へ向けつつ──。
「ふむ、北極星はわかるのだが……」
 星に詳しくない身としては、知識が欲しかった。
 すると丁度、愉しげに観察している青年がいたので、教えてほしいと声をかけた。
 学生だという彼は、喜んで空を指す。
「ポラリスがあるのがこぐま座で、その下を泳ぐのがりゅう座です」
「成程。確かに長い星座だ」
 一十は頷いて、言葉通りに辿っていく。
 その南の北斗七星。そこから伸びる春の大曲線。
 視線の動きが同期することに気づいたサキミに、真似するなとばかりに時折しっぽでぺしりと叩かれつつ。
 星座の逸話も聞けば興味深くて。
「向こうにはどんな星座があるのだろう──」
 一十は更に彼に話を聞いて、星下の時間を過ごした。

 照明を落として、キリクライシャは星だけの夜を仰ぐ。
 春は透明な空気に穏やかさが加わり、光も柔らかい。バーミリオンと共に見つめるそんな景色は美しかった。
 それも幾通りもある光の、ひとつ。
「……力強い陽光も暖かいものだけど。……静かな月光も、穏やかな星の光も……力を分けてもらえると思わない?」
 と、目を向けると。
「……あら」
 隣のバーミリオンはつーんとそっぽを向いている。
「……拗ねているの?」
 バーミリオンは何とも応えない。けれどキリクライシャは声音にほんの少しだけ、優しさを交えていた。
「……わかっているわ、リオンの光も頼もしいわよ。……今度、一緒に扱える光についても考えましょう」
 言って、そっと頭を撫でる。
「……ね?」
 すると、ぺたり。バーミリオンはキリクライシャに寄り添っていた。
 それからまた、ふたりは空の光を見上げていく。

 上着をしっかり着直して、マフラーも巻いて。
 冷え性のウルズラは防寒もばっちりに、天体観測を始めていた。
「十年以上ぶり、かしら」
 今より虚弱で、野外活動を制限されていた過日をふと思いつつ。わくわくと心が逸ると、星座早見盤を手に早速空を仰ぐ。
 詳しくはないけれど、春の大曲線や大三角は知っていた。
「でも、こんなに綺麗に観たのは初めてね」
 それからうしかい座やこいぬ座、眩いスピカを擁するおとめ座。星を結んで星座を描くと、楽しくて夜が更けるのも早く感じた。
 スタッフに言って天体望遠鏡を覗かせて貰えば、土星の輪っかや、木製の模様までが見えて。
「まるで宇宙にいるみたいね」
 中天近くには、北斗七星も色鮮やかに輝いて見えた。
 それが少し嬉しくて──自分の名の語源と同じ、その星の連なりをウルズラは見つめていた。

「星の並びが、ここまで詳らかにされているのだねぇ」
 展望スペースの入り口近く。
 資料を手に、ディミックは広がる星空を観察していた。
「地球の、日本の、今の夜空というものは初めて見るものだからねぇ」
 しっかり学んでいこう、と。地球の空に関しては素人の身として、冊子を繰りつつ星々と照らし合わせていく。
 長く美しいうみへび座と、ヘルクレスの冒険譚。
 一等星を擁する乙女座の神の、子を思う優しい気持ち。
「興味深い話ばかりだ」
 美しい星に、地球の昔人は様々な神話を想像した。どんな心であっただろうかと、思いを馳せればまた空が違った輝きに見えた。
 そうして暫しの観察の後、歩み出す。
 外気で冷えた鋼鉄の体は、暖かな場所に戻れば結露してしまいそうだったけれど……ディミックは満足の心持ちで、今も資料に目を落としていた。

 ラグエルはゆっくりと歩みつつ星へ瞳を向ける。
 照明は全て回収したので足元は暗い。けれど空だけは光を浴びた宝石箱のようで──自然と目を奪われるほど。
「前も、星空を眺めたなぁ」
 ふと呟く。
 心に想起するのは他でもない、弟の顔。その時はまだ関係が微妙で、いつかは一緒に眺められたら、と思ったものだ。
 それが懐かしく思えるのは、あの時と変わった部分もあるからだろう。
 今も、決して仲が良いとは言えない。
 けれど弟はあの時よりも確かに心を許してくれていて……『兄』と呼ぼうとしてくれていることもラグエルは気づいている。
 だからこんな一人の時間も、違って感じられるのだ。
 心に在るのは嬉しさ。きっと次は一緒に来られるという期待。
「もう少し、眺めていこうかな」
 土産話にはなる。それを、聞いてくれるはず。
 今はそれで、と。ラグエルは眩い天球を仰いでいた。

 天文台のスタッフが星の説明を始めると、小さな人の集まりが生まれる。
 ジャスティンもその中で話を聞いていた。
 春の大曲線、その一部を含むうしかい座と神話のアトラス。美しい星の形と、それにまつわる話の数々を。
「星に多くの物語や情景を見出してたんだな」
 と、呟きぱらぱらと資料を捲ると、手を止める。
「へぇ、これは……」
 目を留めたのは、射手座の形と逸話。
 地球の神話にセントールにそっくりの種族がいたことに、驚きつつ。今はまだ見えない星座と知って少々残念にも思ったのだった。
 それでも北斗七星に北極星、数多の一等星を見聞きするだけでも楽しく。
 望遠鏡の仕組みにも興味を抱き、スタッフの話で知見を深めながら、実際に覗いてもみれば──。
「まるで別世界だな」
 間近な星の色と形に感嘆を覚えて。
 射手座の季節が来ればこれで観察するのも良さそうだと──改めて空へ心を向けた。

作者:崎田航輝 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2020年3月28日
難度:普通
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 0/感動した 0/素敵だった 2/キャラが大事にされていた 1
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。