チョコこそ最高の滋養強壮薬だ!

作者:ゆうきつかさ

●都内某所
「いいか、お前ら! チョコこそ最高の滋養強壮薬だ! とにかく、喰え! チョコを喰え! 喰えばわかるさ、何とかなる……! だから喰え! 貪り喰え! チョコなら沢山! 喰いきれない程、あるからな!」
 ビルシャナが廃墟と化した施設に信者達を集め、自らの教義を語っていた。
 信者達はチョコの山に埋もれ、何かに取り憑かれた様子で、チョコを頬張っていた。

●セリカからの依頼
「皇・絶華(影月・e04491)さんが危惧していた通り、ビルシャナ大菩薩から飛び去った光の影響で、悟りを開きビルシャナになってしまう人間が出ているようです」
 セリカ・リュミエール(シャドウエルフのヘリオライダー・en0002)が、教室ほどの大きさがある部屋にケルベロス達を集め、今回の依頼を説明し始めた。
 ビルシャナが確認されたのは、廃墟と化した施設。
 信者達は異常なほどチョコに執着しており、そのおかげで元気になっているのだと勘違いしているようだ。
「今回の目的は、悟りを開いてビルシャナ化した人間とその配下と戦って、ビルシャナ化した人間を撃破する事です。ただし、ビルシャナ化した人間は、周囲の人間に自分の考えを布教して、信者を増やしています。ビルシャナ化している人間の言葉には強い説得力がある為、放っておくと一般人は信者になってしまうため、注意をしておきましょう。ここでビルシャナ化した人間の主張を覆すようなインパクトのある主張を行えば、周囲の人間が信者になる事を防ぐことができるかもしれません。ビルシャナの信者となった人間は、ビルシャナが撃破されるまでの間、ビルシャナのサーヴァントのような扱いとなり、戦闘に参加します。ビルシャナさえ倒せば、元に戻るので、救出は可能ですが、信者が多くなれば、それだけ戦闘で不利になるでしょう」
 セリカがケルベロス達に対して、今回の資料を配っていく。
 信者達は例え怪我をしてもチョコさえ食べれば、大丈夫だと思い込んでいるため、少し痛い目に遭わせた方がいいかも知れない。
「また信者達を説得する事さえ出来れば、ビルシャナの戦力を大幅に削る事が出来るでしょう。とにかく、ビルシャナを倒せば問題が無いので、皆さんよろしくお願いします」
 そう言ってセリカがケルベロス達に対して、ビルシャナの退治を依頼するのであった。


参加者
皇・絶華(影月・e04491)
コクマ・シヴァルス(ドヴェルグの賢者・e04813)
柄倉・清春(大菩薩峠・e85251)
シーラ・グレアム(ダイナマイトお茶目さん・e85756)

■リプレイ

●廃墟と化した施設にて
「今回の依頼……私はその教えに賛同せずにはいられない! 私の本能が叫んでいるのだ……チョコを与えよ、と!」
 皇・絶華(影月・e04491)は仲間達と共に、ビルシャナが拠点にしている施設にやってきた。
 既に施設は廃墟と化しているものの、室内からは濃厚なチョコのニオイが漂っており、あからさまに怪しい雰囲気が漂っていた。
 だが、絶華はまったく躊躇いがなく、チョコのニオイを身に纏うようにして、施設の中に入っていった。
 その途端、室内から新たな同志爆誕と言わんばかりに、信者達が歓迎の拍手を響かせたため、その場に残っていた仲間達が、色々な意味で不安になった。
「……何だろう。やばい所に来た気がするぞ!」
 そのため、コクマ・シヴァルス(ドヴェルグの賢者・e04813)が、理解した。
 自分が物凄くヤバイ依頼に関わってしまった事を……!
 それは、ある意味、死亡フラグを踏んだ時の感覚にも似ていた。
 本能的に『……あ、死んだ。わし、間違いなく、死んだ』と思ってしまう程、ヤバげな雰囲気。
 それが原因で、嫌な汗が止まらない。
 だからと言って、後戻りする事が出来ない現実……。
 おそらく、仲間達も同じ気持ちでいるのだろう。
 まるで荷馬車に乗って市場に送られる仔牛の如く、みんな目が死んでいた。
「……よし、帰ろう!」
 そんな空気を察した柄倉・清春(大菩薩峠・e85251)が、潔くクルリと踵を返した。
 だが、勢い余って、一回転!
 再び施設の入り口がコンニチワ。
 その時、悟った。
 運命からは逃れる事が出来ない、と……!
 ある意味、これは宿命。
 頼むから帰らせてくれ、と心の中で願っても、避ける事の出来ない現実が、清春の前に立ち塞がっていた。
「でも、放っておく訳にもいかないでしょ? チョコレートの食べ過ぎて太るわ。吹出物が出るわで美容の大敵だから……。鳥頭にはどうでもいいことだけど、女性にとっては死活問題だし、男性も正に『キモオタ!』な見た目になっちゃうから、目を醒まさせてあげないと……!」
 そんな中、シーラ・グレアム(ダイナマイトお茶目さん・e85756)が、死亡フラグをバッタバッタと斬り捨てる勢いで、仲間達と共に施設の中に入っていった。

●施設内
「いいか、お前ら! チョコこそ最高の滋養強壮薬だ! だから、喰え! 迷わず、喰え! 喰えばわかるさ、間違いない!」
 施設内ではビルシャナが信者達を前にして、自らの教義を語っていた。
 信者達は洗脳状態に陥っているらしく、ビルシャナの言葉を鵜呑みにしているようだった。
「貴様らは馬鹿か!? チョコレートは強壮がメインであり、頑張らせる力はあるが体を誤魔化しているだけだ! 何より糖分を取るだけではビタミンB1が足りん! 効率的にエネルギーを取る事は出来ぬ! きちんと野菜や豚肉などの蛋白を取らねば無意味だ! そもそもチョコだけを食べて元気になれるわけないだろうがぁぁぁ!!!」
 その言葉を遮るようにして、コクマがビルシャナ達を叱りつけた。
 その途端、刃物の如く鋭い視線が、コクマの首元に集中したため、色々な意味で帰りたい気持ちでいっぱいになった。
「良いか! 真に疲れや滋養に効くのはバランスの良い食事!そしてビタミン! そして適度な休息だ! そもそも……食べ過ぎたら興奮しすぎて鼻血が出るんだぞ! それは明らかに体に負担が掛かってる証拠だ! ……感じるだろう! 貴様らは今体が悲鳴を上げてる事に!」
 それでも怯む事なく、コクマがビルシャナ達に訴えかけた。
 その間も、鋭い視線が首元に突きつけられていたため、自分の方が悲鳴を上げそうになった。
「まぁ、てめえらには同情するぜ。この時期、チョコは最高だしな。特に女の子からはよ、ククク。お、これ美味そうじゃん」
 その事に気づいた清春が隣人力を使いながら、信者達に紛れるようにして、祭壇に捧げられていたチョコを、口の中に放り込んだ。
 そのチョコは、ほんの少し苦かったものの、それを包み込むようにして甘みが口の中に広がった。
 それは、まるで沢山のサキュバス達の奉仕を受けながら、美しい女神達と戯れているような味わい。
 途端に、邪な気持ちが脳裏に過ったものの、脳内で妙なフラグ音が響く気配を感じたため、慌てた様子で現実世界に舞い戻った。
「……だろ? やはり俺達は間違っていない!」
 その事に気づかぬまま、ビルシャナが上機嫌な様子で、力強くウンウンと頷いた。
「それなら、私が心を込めて、世界中の珍み……いや、体に良い高級食材をふんだんに使った、手作りチョコを召し上がれ♪」
 そんな中、シーラが容器のフタを開け、ラブフェロモンを使い、シュールストレミング味、ホンオフェ味、キビヤック味、サルミアッキ味のチョコを取り出した。
 それと同時に汚水にも似たニオイが室内を支配し、胃液が喉元まで上がってくるほどの吐き気が襲われた。
「ははははは……、コイツは……美味そうだな」
 ビルシャナが激しく目を泳がせ、ぎこちない笑みを浮かべた。
 それとは対照的に、信者達は伏し目がち。
 しかも、シーラは既に、ガスマスクを装着済ッ!
 『これが正装ですけど、何か?』と言わんばかりに、涼しい顔をしていた。
「おいおい、どうした? ケルベロスのかわい子ちゃんが、せっかくチョコを差し入れしてくれたって言うのによ? そんな御通夜みたいな顔をしていたら駄目だろ?」
 清春が物凄くイイ顔をしながら、ビルシャナの肩を抱き寄せた。
「べ、別に食べたくないとか、そんな事はないぞ? あまりにも美味しそうだったから、生唾をゴックンしただけだ! だから、ほら……美味い……美味いぞええええええええええ」
 ビルシャナが自分自身に言い聞かせるようにしながら、自己催眠を掛けつつ、手当たり次第にチョコを口の中に押し込んだ。
「ビ、ビルシャナ……さま……」
 それを目の当たりにした信者達が、何かを悟った様子でボロボロと涙を流した。
 その間もビルシャナは鼻水を垂れ流しながらチョコを頬張り、呪文の如く『美味い、美味い』と繰り返し、自らの本心を偽った。
「実に素晴らしい食べっぷりだ! お前にこそ我が最高クラスの傑作チョコを与えるに相応しい! さぁ、我がチョコを食し! 圧倒的なパワーをその身に宿せぇ!」
 絶華がチョコのオーラを漂わせ、心に込もるバレンタインチョコレート(キョウキヘミチビクフカキシンエンヨリキタルモノ)を発動させ、聖剣の如くチョコを掲げた。
「こ、こりゃあ、嬉しい……ご、誤算だな」
 ビルシャナが精いっぱいの笑顔を浮かべながら、脂汗をダラダラと垂れ流した。
「どうやら、お前は解っているようだな! だが、唯のチョコでは、パワーを得る事は出来ない。圧倒的なパワーを秘めたチョコを、今こそ与えようではないか!」
 絶華がチョコバーを握り締め、ビルシャナに迫っていった。
「あ、ああ、もちろん。楽しみだな。こりゃあ、元気でケンコーになりそうだ。あは、あはははは……」
 ビルシャナが精いっぱいの笑顔を浮かべ、瞳いっぱいに涙を浮かべた。
「それでは、喰らうがいい。漢方と虫とチョコのパワーが合わさった素晴らしきチョコを! とくと食し!その身に宿る圧倒的なパワーに酔いしれるがいい!」
 絶華が躊躇う事なく、ビルシャナの口にカカオ濃度300%&漢方&虫入りチョコバーを捩じり込んだ。
 それは、まさに地獄絵図。
 恵方巻の如く勢いで、チョコバーを口の中に捩じりこまれたビルシャナが、涙を浮かべて口をモグモグとさせた。
「……!!」
 そのため、ビルシャナは悲鳴にならない悲鳴を上げ、ビクビクと身体を震わせた後、まるで死んだように動かなくなった。
 これには信者達も、白旗状態。
 『もう無理、戦えません』と言わんばかりに、降伏モード。
「……と言うか、悪役より、あくどい事をしている気がするんだが……」
 コクマが気まずい様子で汗を流した。
「これが、あくどい……? お前は何も分かっていない! その事を理解していないのは、圧倒的なパワーを秘めたチョコを食べた事がないからだ! さぁ! その身に宿る圧倒的なパワーに歓喜せよ! この信者達の様に宇宙を感じ圧倒的な活力を得るのだ!」
 その言葉を耳にした途端、絶華が殺気立った様子で、コクマに迫ってきた。
 おそらく、チョコの暗黒面に魅入られてしまったのだろう。
 それが原因で身も心もチョコ色に染まっており、自分の行いが正義であると信じ込んでいるようだった。
「……って、待て! 何故、そうなる! やっ、やめろっ!! そんなものは断じてチョコでは……!」
 その途端、コクマがビクビクと痙攣を起こし、口から抜け出た魂が宇宙に飛び出し、沢山の異星人とコンタクトを果たし、一緒にラインダンスを踊ってグッタリとした。
「あ、危なかった。どうやら、運命の女神が味方してくれたようだな。マ、マジで助かったぜ!」
 そう言って清春がホッとした様子で、冷や汗を拭うのであった。

●ビルシャナ
「ぬあああ! いきなり重傷になりかけたわっ」
 そんな中、コクマがビクっと身体を震わせ、慌てた様子で飛び起きた。
 何やら酷い悪夢を見たようだが、思い出そうとすると、激しく胃袋が痛み、口から汚水のようなニオイが漏れた。
「お、お前も酷い目に遭ったのか!」
 ビルシャナも同じようにして飛び起き、コクマに対して仲間意識を抱き始めた。
「ああ……もう思い出したくもない」
 コクマもビルシャナに対して親近感を覚え、互いの無事を喜び合った。
「……ならば思い出させてやろう。二度と忘れないように……。おそらく……いや、間違いなく、チョコのパワーが足りないのだ! さぁ! 宇宙との合一を果たすのだ!」
 絶華が何かを悟った様子で、ビルシャナとコクマの口にチョコを捩じり込んだ。
 そのため、ビルシャナ達がリバース状態に陥ったものの、チョコを捩じり込む事によって、リバース返しを発動させ、二つの意味で地獄に導いた。
「死んだな、こりゃ……」
 清春が複雑な気持ちになりつつ、ビルシャナを見下ろした。
 ビルシャナはブクブクと泡を吐き、白目を剥いて息絶えていた。
 一方、コクマはウイングキャットのお玉が、清浄な翼を使ったおかげで、何とか一命を取り留めた。
「まさか、私のチョコが耐えられなかったとは……。まあ、いい。お前達なら、この試練を乗り越える事が出来るはずだ」
 絶華が狂気に満ちた表情を浮かべ、両手にチョコバーを握り締め、仲間達に迫っていった。
「む、無理じゃ! ワシは逃げるぞ! 大いなる叡智が危機を伝え……やめろ! そのチョコをワシに……いやだぁぁぁぁぁぁっ!!!」
 そして、コクマの意識が再び途絶えた。
「……一粒くらい」
 そんな中、シーラが山積みにされたチョコをチラリと見た後、『その一口がブタのもと』と考え直し、ブンブンと首を横に振るのであった。

作者:ゆうきつかさ 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2020年2月27日
難度:普通
参加:4人
結果:成功!
得票:格好よかった 0/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 1
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。