積極的でえっちな女の子こそが至高!

作者:ゆうきつかさ

●都内某所
「俺は常々思うんだ! 積極的でえっちな女の子こそが至高である、と! 他はいらん! 今すぐ帰れ! 俺はヤル気にあるヤツしか相手にしない! それ以外はカスだ! 相手にする価値もない!」
 ビルシャナが廃墟と化したホテルに女性信者達を集め、自らの教義を語っていた。
 女性信者達は積極的にビルシャナと絡んでおり、全身羽根まみれになっていた。

●セリカからの依頼
「盟神探湯・ふわり(悪夢に彷徨う愛色の・e19466)さんが危惧していた通り、ビルシャナ大菩薩から飛び去った光の影響で、悟りを開きビルシャナになってしまう人間が出ているようです」
 セリカ・リュミエール(シャドウエルフのヘリオライダー・en0002)が、教室ほどの大きさがある部屋にケルベロス達を集め、今回の依頼を説明し始めた。
 ビルシャナが拠点にしているのは、廃墟と化したホテル。
 女性信者達は催眠状態に陥っており、積極的にビルシャナと絡んでいるようだ。
「今回の目的は、悟りを開いてビルシャナ化した人間とその配下と戦って、ビルシャナ化した人間を撃破する事です。ただし、ビルシャナ化した人間は、周囲の人間に自分の考えを布教して、信者を増やしています。ビルシャナ化している人間の言葉には強い説得力がある為、放っておくと一般人は信者になってしまうため、注意をしておきましょう。ここでビルシャナ化した人間の主張を覆すようなインパクトのある主張を行えば、周囲の人間が信者になる事を防ぐことができるかもしれません。ビルシャナの信者となった人間は、ビルシャナが撃破されるまでの間、ビルシャナのサーヴァントのような扱いとなり、戦闘に参加します。ビルシャナさえ倒せば、元に戻るので、救出は可能ですが、信者が多くなれば、それだけ戦闘で不利になるでしょう」
 セリカがケルベロス達に対して、今回の資料を配っていく。
 女性信者達は洗脳状態に陥っているものの、ビルシャナを気持ち悪いと思えば、積極的に絡む事もなくなるだろう。
 またビルシャナよりも魅力的な相手が現れる事によって、わざわざ羽毛まみれになって絡む必要もないと思うため、彼女達を誘惑するのも、ひとつの手である。

「また信者達を説得する事さえ出来れば、ビルシャナの戦力を大幅に削る事が出来るでしょう。とにかく、ビルシャナを倒せば問題が無いので、皆さんよろしくお願いします」
 そう言ってセリカがケルベロス達に対して、ビルシャナの退治を依頼するのであった。


参加者
機理原・真理(フォートレスガール・e08508)
除・神月(猛拳・e16846)
盟神探湯・ふわり(悪夢に彷徨う愛色の・e19466)
毛衣・かげり(書を擦る指先・e26125)
ケル・カブラ(グレガリボ・e68623)
カフェ・アンナ(突風はそよ風に乗って・e76270)

■リプレイ

●廃墟と化したホテルの前
「どうやら、ここのようですね」
 機理原・真理(フォートレスガール・e08508)は仲間達と共に、ビルシャナが確認されたホテルにやってきた。
 ホテルは既に廃墟と化しているものの、ビルシャナ達がいるためか、上の方から甘い声が響いていた。
「なんて直球なビルシャナなんでしょう……。自らの欲望を満たすため、沢山の女子を洗脳して、はべらすなんて、言語道断、です……!」
 その声に気づいたカフェ・アンナ(突風はそよ風に乗って・e76270)が、気まずい様子で汗を流した。
 直球と言うより、豪速球。
 何も隠す事なく、本能の赴くまま堂々としており、開き直っている感じであった。
「まァ、積極的な奴が好きってのは、大いに結構じゃねーカ」
 除・神月(猛拳・e16846)が含みのある笑みを浮かべ、ビルシャナの教義に理解を示した。
 どうやら、女性達は洗脳されている影響で理性の留め金が外れているのか、まったく恥じらいもなく大声を上げていた。
「ふわりもえっちだからー、えっちな子は女の子でも男の子でも好きなのー! でもでも、積極的じゃない子にふわりがどんどん迫っちゃうのも、ふわりは大好きなのー♪」
 そんな中、盟神探湯・ふわり(悪夢に彷徨う愛色の・e19466) もゴキゲンな様子で、廃墟と化したホテルに足を踏み入れた。
 ホテルの中は埃っぽかったものの、上の階に行くにつれて、女性達のフェロモンが漂ってきた。
「積極的な男の子はありデスカネ!? 答えは待ちまセン」
 そのニオイに酔いしれながら、ケル・カブラ(グレガリボ・e68623)が瞳をランランと輝かせた。
 頭の中は、妄想全開ッ!
 イケナイ妄想が大部分を占めているため、理性が完全に行方不明。
 まるで放浪の旅に出てしまったのではないかと錯覚してしまう程、欲望が支配権を握っていた。
「みんな、覚悟はいい……?」
 そう言って毛衣・かげり(書を擦る指先・e26125)が、扉の前に立った。
 その向こう側から聞こえてきたのは、女性信者達の甘い声だった。

●ホテル内
「こ、これは……さすがに……」
 室内に足を踏み入れたケルは羽毛まみれになった女性信者達に気づき、慌てた様子で駆け寄ると、クリーニングを使って綺麗にした。
「なんだ、お前達は……」
 その途端、ビルシャナが不機嫌な表情を浮かべ、ケルベロス達をジロリと睨みつけた。
「……え、えーと……。ど、どーですかっ……!」
 その視線に気づいたカフェが褌一丁の姿になって、ビルシャナ達の前に立ち、恥ずかしそうにしながら、腋が見えるようにポーズを決め、ゆっくりと腰をクネらせた。
「……惜しいな」
 その途端、ビルシャナがカフェの腋をマジマジと見つめ、残念そうに叫び声を響かせた。
 どうやら、ビルシャナは自分の事を棚に置き、無毛派だったようである。
「ううっ……、こうなるのは分かっていましたが……。それでも、ベリショヘアに筋肉質で高身長……ちょっと男性的な身体つきなので、もしかしたら女性相手ならいけるかも……って思ったんですが……」
 そんな空気を察したカフェが、悲しげな表情を浮かべた。
 それとは対照的に、女性信者達は、カフェの脇をガン見ッ!
 頭の中でイケナイ妄想を膨らませているのか、舌舐め擦りを始めていた。
「とにかく、俺は積極的な女の子が好きなんだ。故に至高ッ! 何故なら、俺が認めているからだ!」
 その視界を遮るようにして、ビルシャナが女性信者の前に陣取り、ゲルベロス達に対してキッパリと断言をした。
「だからと言って、積極的な子だけが至高で、それ以外はダメなんて、ちょっとひど過ぎます。……例えば貴方の事を好きだけど、どうしても勇気が出なくて告白出来ない子が億分の一の確率で居たとして、その時はどうするです?」
 そんな中、真理が女性信者達を守りつつ、ビルシャナに対して問いかけた。
「積極的でないなら……いらん!」
 ビルシャナがムッとした様子で、大袈裟にフンと鳴らした。
「要するには貴方――受け身なのですね。もしかして自分自身から何かする勇気、無いのですか?」
 真理が呆れた様子で、深い溜息を漏らした。
「そんな必要なんてないからな! 何故なら積極的でえっちな女性こそ至高ッ! ただ、それだけだ!」
 ビルシャナがイラついた様子で、キッパリと断言をした。
「積極的な女の子が可愛い、か。その一面は確かに否定しないけれども。自分を秘めた女性も魅力的だと思うよ? 日本には大和撫子、なんて言葉もあることだしね。……あとはギャップかな。普段大人しい子が実は……なんて、そそるではないかな。なんてね」
 かげりがコート姿で濃厚なフェロモンを漂わせ、ハイヒールをカツーンカツーンと鳴らして、ビルシャナに迫っていった。
「……何が言いたい」
 その言葉に違和感を覚え、ビルシャナが眉をひそめた。
「私も……普段は抑えているけど、実は積極的、なのだよ、ね♪ そのような羽塗れの獣臭いやつなどの相手はやめて、私と戯れてくれないかい? まぁ、別の意味で臭うかもしれないが……♪ しっかりと虜にしてあげるよ。いままでしたことのない、新しい世界を見せてあげようじゃないか……♪」
 かげりが含みのある笑みを浮かべ、女性信者に目をやった。
「なんならサキュバスで、ケルベロスで、土蔵篭りなボクが! みんな纏めて一緒に遊んじゃおうかと思うんデスガ!!」
 ケルも女性信者達を見つめ、ラブフェロモンを発動させた。
 その影響で女性信者達がハートマークを浮かべ、ケルのまわりに群がった。
「……えっ? あの……本当に……その……いいんですか?」
 カフェも女性信者達に囲毬、驚いた様子で胸をドキッとさせた。
 だが、むしろアリ。
 まるで難解なパズルの如く女性信者と絡み合い、欲望の赴くまま貪るようにして愛し合った。
「ちょっと待て! 俺を無視したら駄目だろ! こっちに来い! もっと積極的なさぁ!」
 ビルシャナがムッとした様子で、女性信者達を叱りつけた。
「ビルシャナさんと気持ち良くなるのも良いけどー、ふわりとも一緒に気持ち良くなって欲しいの! 積極的な子だったらー、ふわりとも遊んでくれるのー?」
 そんな空気を察したふわりが、勢いよく服を脱ぎ捨て、積極的な女の子をアピールした。
「これだよ、これ! こういうのがイイんだ!」
 ビルシャナが興奮した様子で、鼻息を荒くさせた。
「ふわりねー、色んな事を知ってるの♪ だから女の子も、ビルシャナさんよりずーっと気持ち良くしてあげれるのー♪」
 すぐさま、ふわりがクルリと回り、自らのナカに挿入したイケない玩具で、女性信者達と愛し合った。
 その気持ちに応えるようにして、女性信者達がふわりに絡まり、甘えるようにして舌を這わせた。
「……えっ? ちょっと待て! そっち!? 俺じゃなくて……」
 そのため、ビルシャナが二度見。
 ふわりに予想外の対応をされた事もあり、信じられない様子で目を丸くした。
「そもそも、女性にばかり積極性を求めるのは不公平だと思いマス。えっちなこととかに限らず……。女の子に対してそういう風に言っちゃうのって、自分のテクニックがダメダメなんだなぁって思っちゃいマスネー。男のモノみたいに女の子の体はいじればいいってもんじゃないもんデス」
 ケルが呆れた様子で、ビルシャナの前に陣取った。
「……何も分かっていないな。俺はテクニシャンだ!」
 ビルシャナが無駄にドヤ顔で、自信満々に胸を張った。
 一体、何を根拠にそんな事を言っているのか分からないが、とにかく自信満々。
 『文句があるなら、掛かってこい!』と言わんばかりに、ドヤ顔であった。
「そこまで言うくらいなんだかラ、あっちの方はさぞかし自信があんだろーナ? 積極的な奴が好きなラ、それに応える器がねーといけねーよナァ♪ つー訳であたしはビルシャナがそのレベルに鍛えてるのか試してやんゼ!」
 神月が焦らすようにして服を脱ぎ捨て、ビルシャナのモノをシゴき始めた。
 ビルシャナのモノは無駄にデカく、ビクビクと脈打っており、まるで別の生命体のようだった。
「確かニ、立派だナ。あたしも鍛え甲斐があるってもんダ」
 神月がビルシャナのモノを咥え込み、ケモノの如く勢いでシゴくと、一気にミルクを搾り取った。
 それでも、ビルシャナのモノは、力強く天を衝いていた。
「……積極的な女性が好きなんですよね?」
 真理が靴を脱ぎ捨て、ビルシャナを蹴り倒して、乱暴に股間を踏み始めた。
「ちょ……!」
 それはビルシャナにとって、未知の感覚。
 妙な性癖がムクムクと目覚め、だんだん息が荒くなった。
「自分から告白する勇気もない上に、変態さんとか……どうしようもないのですね」
 真理がビルシャナを見下ろし、M心を刺激する冷たい目で、足の指で挟むようにしてモノをシゴき、大量のミルクを放出させた。
 そのミルクがビルシャナの顔面に掛かり、さらに濃厚なミルクが反り立ったモノから放出された。
 そんな中、かげりが女性信者の顔に跨り、濃厚なフェロモンを漂わせながら、他の女性信者達と口づけを交わしながら、尻を押しつけるようにして腰を振るのであった。

●ビルシャナ
「まったく……とんだド変態ですね。しかも、ネバついて……気持ち悪い」
 真理がミルクまみれになった足を見せ、ゴミを見るような目でビルシャナを見下ろした。
「こ、これは誤解だ」
 ビルシャナがハッとした表情を浮かべ、慌てた様子で起き上がった。
 しばらくヘヴンタイムを堪能していたものの、このままでは色々とマズイ事になると思ったのか、必死になって言い訳をし始めた。
「おいおイ、まだ途中なのニ、もうイッちまったのカ? しかも、打ち止めじゃねーカ」
 そんな中、神月が呆れた様子で、ビルシャナに降魔真拳を叩き込んだ。
「こ、これは……その……」
 ビルシャナが、しどろもどろになりながら、必死に言い訳をしようとした。
 だが、何もイイ言葉が浮かばず、真っ白に燃え尽きた様子で、股間もションボリとしていた。
「まさか打ち止め……? だから泣き言を言っているのデスカ」
 ケルが女性信者達と愛し合いながら、ビルシャナに冷たい視線を送った。
「いや……それは……その……」
 ビルシャナが言葉を詰まらせ、激しく目を泳がせた。
「……それなら、これも、お別れするの」
 次の瞬間、ふわりがワイルドブレイドを発動させ、腕を巨大刀に変形させ、ビルシャナのモノを斬り落とした。
「ぐぎゃああああああああああああ! 俺のモノがああああああああ」
 その一撃を喰らったビルシャナが悲鳴を上げ、座り込むようにして崩れ落ちた。
「……少し黙ってくれるかな?」
 それと同時に、かげりが無貌の従属を仕掛け、混沌なる緑色の粘菌を招来し、ビルシャナの肉体に侵食させて悪夢を見せた。
 それに合わせて、真理がライドキャリバーのプライド・ワンと連携を取りつつ、フォートレスキャノンを撃ち込んだ。
 続いて、プライド・ワンがデットヒートドライブを仕掛け、ビルシャナの身体を炎に包んで消し炭に変えた。
「さて、邪魔者もいなくなったことだし……まだまだ楽しみたいかな♪」
 かげりが女性信者達を見つめ、含みのある笑みを浮かべた。
「お望みとあらば三日三晩でも1週間でもお相手しマスヨ。ケルベロスなら出来る!まぁ、それくらいボクが暇を持て余してることになっちゃうケド。とにかく精力には自信ちょっとありマスので!」
 ケルも何やら察した様子で、女性信者達を誘うのだった。

作者:ゆうきつかさ 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2020年2月7日
難度:普通
参加:6人
結果:成功!
得票:格好よかった 0/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 2
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。