ミッション破壊作戦~暗躍を続ける邪精達

作者:なちゅい


 新たにミッション破壊作戦が結構されることを受け、ヘリポートへとケルベロスが集まる。
「今回は、シャイターンの支配領域の攻略を頼みたいんだ」
 リーゼリット・クローナ(ほんわかヘリオライダー・en0039)は、作戦の説明を切り出す。
 シャドウエルフ、ヴァルキュリア、アイスエルフ、タイタニア、セントールと妖精8種族の定命化が続き、グランドロンも救出という状況だが、今なお破壊活動を続ける妖精8種族の一つ、それがシャイターンだ。
「彼らの活動を、皆の手で止めてほしい」
 参加メンバーへとリーゼリットはそう告げながら、長さ70cmの小剣「グラディウス」が手渡す。
 これは通常武器としては利用できないが、『強襲型魔空回廊』を破壊することができる有用な兵器だ。
 ただ、1度のみの使用で、グラビティ・チェインを使い果たす欠点もある。
「再利用可能にはしばしの時を要するから、挑むミッションは現状を踏まえて皆に判断を任せているよ」
 シャイターンの支配地域は9ヵ所とかなりの数が残っている。この中から、今回攻略するミッションを選択したい。


 破壊すべき強襲型魔空回廊はミッション地域の中央にある。
 その周囲には護衛戦力が配備されており、陸からなど通常のルートで向かうと敵戦力に押し切られる可能性が高い。
 何せ、敵は魔空回廊から無尽蔵に援軍を呼ぶことができるのだ。
「だから、ミッション破壊作戦は基本的にヘリオンを使い、高空から降下作戦を行うのが通例となっているよ」
 敵もさすがに高高度からの攻撃には、対処ができないようだ。
 強襲型魔空回廊の周囲は、半径30m程のドーム型のバリアで囲われている。
 このバリアはグラディウスで触れれば解除可能なので、高空から降下しても十分強襲型魔空回廊へと攻撃できる。
「8人のケルベロスが極限までグラビティを高めて攻撃を集中できれば、場合によっては1度の作戦で破壊も可能だよ」
 実際、そういった報告例もあるので、是非チャレンジしたい。
 例え、今回の降下作戦で破壊できなくても、魔空回廊へのダメージは蓄積している。
 ミッションにもよるが、最大10回ほどの作戦で確実に強襲型魔空回廊の破壊ができると言われている。
「あと、グラディウスは攻撃時に、雷光と爆炎を発生させるよ」
 これらはグラディウスを所持している者以外に無差別に襲いかかる。ケルベロスも例外ではないので、グラディウスは攻撃直後までしっかり持っていたい。
 強襲型魔空回廊の防衛を担う精鋭部隊であっても雷光、爆炎を防ぐ手段はない。
 降下後は雷光、爆炎によって発生するスモークを利用して、その場から離脱したい。貴重なグラディウスを持ち帰る事も、今作戦の重要な目的なのだ。

「魔空回廊の護衛部隊は、グラディウスの攻撃の影響である程度無効化できるけれど、完全には無効化できないから、強敵との戦いは避けられないよ」
 ただ、混乱する敵は連携を取ることはできないようなので、強敵だけを撃破してその場から撤退したい。
 戦いに時間を掛け過ぎると、態勢を整えた敵に攻め込まれる危険が出てしまう。
「場合によっては、降伏するか誰かが暴走して撤退するしか手が無くなるかもしれないよ」
 この為、作戦は撤退まで速やかに行いたい。
 また、仮に強襲型魔空回廊の破壊に成功したとしても、敵戦力はまだ多数残っているはずなので、この場合も撤退に動いてほしい。

 説明は以上と区切り、リーゼリットはさらに続ける。
「ボクもシャドウエルフだからね。シャイターンの活動に思うことはあるよ」
 地球で暴れ続けている炎と略奪を司る妖精達を止めねばならない。
 すでにラストミッションが発動されている状況もあり、これ以上ミッションが増えることはないので、一つずつ確実に攻略していきたい。
「それでは、よろしく頼んだよ」
 リーゼリットは改めて、この作戦をケルベロス達へと託すのである。


参加者
燈家・陽葉(光響射て・e02459)
ティユ・キューブ(虹星・e21021)
卜部・泰孝(ジャンクチップ・e27412)
鞍馬・橘花(乖離人格型ウェアライダー・e34066)
安海・藤子(終端の夢・e36211)
ローゼス・シャンパーニュ(セントールの鎧装騎兵・e85434)
アルケイア・ナトラ(セントールのワイルドブリンガー・e85437)
シルフィア・フレイ(黒き閃光・e85488)

■リプレイ


 ミッション攻略の為、ヘリオンに乗って移動するケルベロス達。
「少しずつ開放していきたいよね」
 真っ白な髪と陽光の瞳の地球人女性、燈家・陽葉(光響射て・e02459)が仲間達へと告げる。
 新潟県上越市。
 シャイターンに奪われたままとなったこの地の奪還の為、陽葉は今回の破壊作戦に参加している。
 周囲では、仲間達もそれぞれの一時を過ごしている。
 元騎士の女性、焦茶色の髪をシニヨンにしたアルケイア・ナトラ(セントールのワイルドブリンガー・e85437)はミッション攻略に臨む他のケルベロスへと連絡を取り、援護要請をしていた。
 様々な相手との戦闘経験を持ち、月にも行った経験のある女性レプリカント、ティユ・キューブ(虹星・e21021)だが、今回が初めてのミッション破壊作戦とあって、ひとしおに気合が入っている様子だ。
「シャイターンが相手かぁ」
 黒髪ポニーテールのシルフィア・フレイ(黒き閃光・e85488)は、預かったグラディウスを腰のベルトへと固定していたことを確認する。
 シャイターンと同じく妖精8種族セントールの一員である彼女にとって、この戦いは大切なものになりそうだと感じていて。
「必ず勝って帰ろうね」
 シルフィアの言葉に、同じセントールで「戦場を駆ける赤」との異名も持つローゼス・シャンパーニュ(セントールの鎧装騎兵・e85434)が応じて。
「それにしても、戦士の選別に毒ですか」
 毒に耐えうる資質と戦場に立てる資質は別物。付け加えれば、毒を向けた者に従うかは疑問だ。
 ローゼスはそんな主観を語って。
「どちらにせよ、無用の試練。ここで絶たせていただきます」
 丁度その時、現場到着のアナウンスが機内に流れる。
 準備を整えたメンバーから、グラディウスを手に飛び降りていく。
 降下の前に、左腕を廃材で構成した卜部・泰孝(ジャンクチップ・e27412)はコイントスして先行きを占う。
 しかしながら、開いた手の中のコインが示したのは裏。
「せいぜい頑張るとするかな」
 今回の勝負運を確認した泰孝は、仲間に続いてヘリオンから飛び降りていくのだった。


 時節は冬。豪雪地帯である上越市は上空から見ても辺り一面が雪化粧に包まれている。
 ただ、この地に蔓延るは、そんな白さをも内側から毒で侵そうとする毒草使いのシャイターン達だ。
 真っ先に飛び降りたシルフィアがこの地の強襲型魔空回廊へと近づいていく。
 空中を駆け下りていく彼女は思いっきりグラディウスを横へと薙ぎ、バリアを切り払ってしまう。
「毒を使って、人々を苦しめる存在が居たとは……」
 話を聞く限り、シルフィアにこの地のシャイターンの思考に何一つ共感できる要素はない。
「毒に苦しむのが、どれだけ苦痛になるのか、本人は考えたことが無いのでしょうか?」
 間違いなく、この地に巣食うシャイターンにはそんな思考はないのだろう。
 輝き始めたグラディウスを握り直し、シルフィアはさらに加速して。
「私は、これ以上皆が苦しむ姿を見たくないし、必ずこの地を奪還して見せるよ!」
 勢いのままに、彼女は強襲型魔空回廊を一閃する。
 その斬撃痕から巻き起こる閃光が周囲を照らし出す。
「聞け、不埒なる輩達よ」
 続くローゼスは高らかに周囲へと呼び掛ける。
「無辜の民から勇士を取り立てんとする事の愚を知れ。病に伏せる彼らの憤りに代わってこの刃を突き立てん!」
 魂の叫びをグラディウスへと込め、ローゼスは魔空回廊を切り落とす心づもりで傷つける。
 同じく、神造された過去を持つ犬耳の鞍馬・橘花(乖離人格型ウェアライダー・e34066)は冷静に回廊の中で防御が集中する箇所、その中でも特に弱い部分に狙いを定めて。
「概念上の弱所を狙撃します」
 細く、鋭く、打ち貫き、弱所の奥深くで爆裂させる為に。
 橘花は烈火の如き激情をグラディウスに注ぎ、ライフルを使って射出する。
 2人の一撃は魔空回廊の奥深くまでは進まなかったものの、2本のグラディウスの入れた傷からは大きな爆発が巻き起こり始め、周囲を巻き込んでいく。
 この場にいるシャイターン達が突然の強襲にどよめきだすが、ケルベロス達は構わず攻撃を続けて。
「改めて、確認するとシャイターンの勢力図はまだまだ多いね」
 飄々とした態度のティユも敵の声を耳にしながらも、真下を見据えて本音を漏らす。
「ましてや、長く毒に苦しめられている場所とあってはすぐにも消してやりたい」
 光るグラディウスを手に、ティユもまた真上から特攻する。
「毒を撒くなんて酷い事、許せないね」
 陽葉もまた毅然とした態度で、この場のシャイターン達へと告げる。
 勇者の選別を行うシャイターンの選別方法はあまりにもひどすぎて、選ぶ立場であること自体がおこがましい。
 陽葉もまた、この地の奪還の為、グラディウスに強い想いを込めて。
「つまらない勇者探しもこれまで。奴らにとってのとびきりの毒、見舞ってやるさ!」
「人々を毒の苦しみから解放するためにも……この地を取り返すよ!」
 強い想いを抱くティユ、陽葉の刃が連続して強襲型魔空回廊上部へと突き刺さっていく。
 さらなる閃光と爆発が周囲を覆いつくし、辺り一面に濃いスモークが流れ出す。
 魔空回廊から離れれば、ほとんど何も見えぬ状況。
 シャイターンが混乱する間に、泰孝、アルケイアが畳みかける。
「毒攻めたぁ、いい趣味だな。それで選別できると思ってんのかよ」
 気づかれずに仕込むのはいい手としながらも、泰孝はそれもここまでと告げる。
「苦しんだ連中の怒り、そして潰した成果を持ってお小遣いを請求するために……」
 同時に、アルケイアも小剣を手にしていて。
「妖精8種族じゃなく、妖精7種族と呼ぶべきなんです」
 炎だろうと毒だろうと、外道なマッチポンプなシャイターンなど、アルケイアは同胞などとは認めはしない。
 その強い想いは、グラディウスを通して魔空回廊を打ち破る力となる。
「これで吹っ飛べ、返品は無しだぜ!」
「この地の人々を助ける為にも、必ず息の根を止める!」
 同時に突き刺さる光り輝く刃。魔空回廊にヒビは入るが、全体へと広がるには至らない。
「お礼参りにきてあげたわよ。今回は八条揃えてきたんだから覚悟なさいな」
 最後に飛び込んできたのは、仮面で目元を隠す安海・藤子(終端の夢・e36211)だ。
 八条とは、今回のグラディウスの数。
 前回の作戦時にはその半数しかグラディウスがなく、破壊には至らなかった。
「くだらない信仰と矜持で行ってる殺戮はこれでおしまい」
 思い返すは、藤子自身が終わらせた従者のこと。
「誰にも別れの強要なんてさせない」
 最後まで味方であったはずなのに、忘れてしまっていた……大事な子。
 毒による暗殺しかできぬ臆病者になど、負けはしない。
「今回はきっちりその首をもらってやる」
 空中に口を開く魔空回廊へと、藤子は輝く刃を走らせる。
「だから、とっとと退場しやがれ、根暗野郎」
 その鮮烈なる一撃は、魔空回廊にとってもかなりのダメージとなったはず。
 だが、全てのグラディウスの光が失われたこの状況で、強襲型魔空回廊は稼働を続けている状況には変わらず。
 ケルベロス達は今作戦での破壊がかなわなかったことをそれぞれの目で、耳で、確認したのである。


 2度目の破壊作戦も強襲こそ成功したが、ここから離脱するまでが作戦。
 メンバー達は手早くグラディウスを体に、あるいは鎖やベルトなどの装飾品に固定し、なくさぬように気がける。
「……くーやん、来るよ」
 前方を見て、自らのオルトロスへと語り掛ける藤子。
 スモークの中からこちらへとやってきたのは、タールの翼を持つ妖艶な踊り子のシャイターン「毒使いクーリヤ」だ。
「我々の選別の邪魔をしに来たのか」
「この毒の匂いは……いけませんね。やはりワインは持ち込まないで正解でした」
 身を覆う装甲も毒には向かない。されど、騎士は規律を持って立つ者と前に出るローゼス。
「ヴァルキュリア程に戦士を運べないそうだな。無理もないが、同情もせぬ」
 現れたシャイターンを前に、空気を切り払ったグラディウスを兵装に収納した彼は、突破すべきクーリヤへとセントールランスを差し向ける。
 早速、微笑みを湛えるシャイターンが振り撒く黒い粉は風に乗る。
 アルケイアが事前へと守護星座を描き、仲間達へと耐性を張るよう対処に動いていたが、この場の前線メンバーの身体へと毒が入り込んでくる。
 その1人、陽葉は毒で体力が削がれるのを実感しながらも、まずは白を基調としたパイルバンカー「陽光の一閃」の杭を射出する。
 毒を行使する腕を狙い、彼女は素早く杭をその掌へと打ち込む。
 前線には他にも、仲間の盾となるティユや泰孝らの姿がある。
「導こう」
 星の輝きを煌めかせて立ち振る舞うティユは星図を投影することで、後方からクーリヤを狙う仲間達へと敵の居場所を示す。
 そのティユのボクスドラゴン、ペルルは属性インストールでケルベロス達に毒の耐性をつけて援護していた。
 泰孝も自らのウイングキャットがリングを飛ばしてクーリヤの指に引っ掛けて攻撃の邪魔をすると、彼自身は魔力で生み出した麻雀の百点棒を投擲し、毒使いへと猛毒を撃ち込む。
「テメーを蝕む一本場。さあ、どこまで伸びるかね?」
「くっ……」
 いくら毒使いとはいえ、回復阻害の成分を無効化するには至らない。
 クーリヤは自らの不浄を取り払う薬紛も持っている。多少なら問題ないと判断したのか、さらなる毒を行使する構えだ。
 オルトロス、クロスが前のめりにシャイターンへと飛び込み、口にくわえた神器の剣でクーリヤへと切りかかる。
 その間に、藤子は面を外して。
「行くわよ、皆。後方支援は任せて」
 死への渇望を抱く彼女は微笑みを浮かべながらも、仲間達を支える。
 仲間を支援したいという気持ちも本心からのもの。
 藤子は悦びながらも、道化を振舞うように支援に立ち回っていく。

 その間も、スナイパーとして動くメンバーがクーリヤへと攻撃を叩き込む。
「この剛脚の真の威を知れ」
 接敵したローゼスが繰り出すは、鍛え抜かれた躯体と重装駆動機から繰り出される震脚。
 セントールである彼の踏み込みは狙った相手の真下から、突き上げるような重撃を打ち込み、体の芯から揺さぶっていく。
 続く橘花は撹乱の為にと「グラビティスマートカノン」を放射し、敵を怯ませて戦闘能力を削りにかかる。
 そして、シルフィアが一気に飛び込み、シャイターンに背を向けて。
「この後ろ足の蹴りを受けてみなさい!」
 強烈な後ろ蹴りを叩き込み、踊り子の衣装に、タールの翼に衝撃を与える。
 整ったシャイターンの美貌が歪む。
 クーリヤはなおも毒を使い、今度は香りによってケルベロス達を攻め立ててくるのである。


「……その力、見極めてやろうぞ」
 毒の粉と香りを振りまき、ケルベロスを完全に毒付けにして弱らせようとしてくるシャイターン「毒使いクーリヤ」。
 その前へと率先して前に出る泰孝。
 竜を象った稲妻を一度放った彼はチェーンソー剣を唸らせ、敵へと切りかかる。
「どうした。痺れたままだと、肝心な時に回復できねーんじゃないのか?」
 そんな主の姿に、嘆息する彼の翼猫。
 仲間をカバーしに走るこの真面目さが普段の生活にあればと、嘆いているらしい。
 毒使いのシャイターンはジャマーとして、存分に毒を振りまいてくる。
「すまないけれど、支援を頼むわ」
 藤子は自分だけでは毒を対処しきれないと判断し、地面から抽出した魔力を振りまきながら、仲間に毒治療のフォローを要請していた。
「任せてください!」
 応じたアルケイアは序盤から守護星座を描くだけでなく、光輝く掌でケルベロスを優先的に解毒していく。
 前線で毒を引き付けるティユもまた、箱竜ペルルと協力して仲間の癒しに当たり続ける。
 グラディウスを守ることも考慮しつつ仲間の盾となり続けるティユは、星の輝きで紙兵を生み出す。
 箱竜ペルルと合わせ、彼女は飄々とした態度で星の輝きを持って癒しをもたらし続けていた。
 前線メンバーが戦線を持たせる間に、スナイパー勢が一気にクーリヤを攻め立てる。
 毒を振りまく相手の芯を揺らがせ、ローゼスは一気に雷を纏わせたセントールランスを構えて吼える。
「去れ、シャイターン! 己が職分を果たせぬまま朽ちてゆけ!!」
 その一突きを食らったクーリヤが痺れで硬直すれば、橘花が銃砲を構えて。
「術式弾装填、目標基部の拘束を試みます」
 装甲貫徹能力を有した短時間拘束型グラビティ弾を飛ばした橘花が相手の足を止め、狙われぬようにと定期的に狙撃位置を変更する。
「あなたに届け、金縛りの歌声よ」
 スモークの中、響くシルフィアの呪われた歌声がクーリヤの身に金縛りを引き起こす。
「うっ……」
 ステップを踏もうとして、足がもつれたシャイターンへ、陽葉は「陽光の一閃」に光を纏わせて。
「陽の光を以て、貫け!」
 敵の腹目がけて輝く一撃を打ち込み、クーリヤの体を貫いてしまう。
 直後、敵は血を噴き出し、大きくよろける。
「ふふ、まだだ。我らの選定は終わらぬ……」
 しかしながら、彼女は微笑みすら湛えて倒れていったのだった。


 シャイターン「毒使いクーリヤ」を倒し、ケルベロス達はすぐさま離脱に転じる。
 それぞれグラディウスを確認し、次々にこの場から背を向けていく。
 自らの足で走る仲間を確認し、ローゼスもまた4本の脚で駆け出していった。
「こちらです。皆さんお待ちのはずですよ」
 事前に連絡を取っていたミッション攻略中のケルベロスと合流すべく、アルケイアは仲間達を誘導していくのだった。

作者:なちゅい 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2020年1月15日
難度:普通
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 8/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 1
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。