ミッション破壊作戦~屍たちへと想いをぶつけろ!

作者:青葉桂都

●魔空回廊を破壊せよ
「ミッション破壊作戦を行うためのグラディウスの数が揃いました」
 集まったケルベロスたちに石田・芹架(ドラゴニアンのヘリオライダー・en0117)はケルベロスたちに告げた。
「おそらく知らない方はいないものとは思いますが、グラディウスは魔空回廊を破壊するための武器です」
 数年前にデウスエクスから奪取した物で、長さ70cmほどの光る小剣という形をしている。
 これを使用すれば、強襲型と呼ばれる魔空回廊を中心としてデウスエクスが支配する地域、通称『ミッション地域』を解放できるのだ。
「ミッション地域はデウスエクスにとって重要な拠点となっています。破壊できれば、デウスエクスの活動を阻害することができるでしょう」
 なお、グラディウスは一度使用した後、時間をかけて再チャージしないと再利用はできない。
 どこの回廊を狙うかは、現在の状況も踏まえてケルベロスたちで話し合って決めて欲しいと芹架は言った。
 ただし、強襲型魔空回廊が存在するのは、ミッション地域の中枢だ。普通のやり方ではそう簡単にはたどりつけない。
「そのため、高空をヘリオンで移動し、直接降下攻撃を行うことになります」
 魔空回廊を守る半径30mほどのバリアのどこかにグラディウスを触れさせることで攻撃が行える。高空からの降下攻撃は、デウスエクスといえども防ぎようがない。
「また、攻撃時に魂の叫びをあげることでグラディウスの効果は高まります。こめた想いが強ければ強いほど、高い威力を発揮するでしょう」
 残念ながら1回の作戦で破壊できるとは限らないが、グラディウスによる攻撃のダメージは魔空回廊に蓄積していく。最大でも10回ほど降下作戦を行えば壊せるだろう。
 想いが強く、さらに運にも恵まれたならば1回で破壊できることさえある。
 さて、破壊作戦はグラディウスによる攻撃を行った時点で終わるわけではない。
「着地地点は敵陣のど真ん中なので、攻撃を行ったあと撤退する必要があります。攻撃時に大きな爆炎と雷光が発生しますので、攻撃後はそれによって発生する爆煙紛れて撤退することになります」
 なお、グラディウスは再使用可能なものなので、きちんと持ち帰って欲しいと芹架は言った。
 スモークに紛れられるとは言っても、魔空回廊がある中枢部を守る敵は精鋭だ。完全には無力化できないし、立ち直るのも早い。
 敵を避けて移動しても、どこかで必ず遭遇することになる。
「しかし、混乱が残っているうちなら敵は連携をとって攻撃してくることはできません。遭遇してしまった敵を早々に撃破すれば、撤退を継続することが可能です」
 もし戦闘に時間がかかれば、敵は態勢を立て直し、連携をして攻撃してくる。
 撃破せずに撤退することはできないため、暴走してでも道を切り開くか、あるいは降伏するしかない。
 短期決戦で敵を撃破することが最も重要となる。
 なお、攻撃する地域ごとに現れる敵の特色があるので、攻撃する場所を選ぶ際の参考にするといいだろう。
 芹架は説明を終えた。
「今も少なくない数のミッション地域があり、多くの人々がそこを追われたままになっています。取り戻せるのは、ケルベロスの皆さんだけなのです」
 そう言って、彼女は頭を下げた。


参加者
ルピナス・ミラ(黒星と闇花・e07184)
機理原・真理(フォートレスガール・e08508)
マーク・ナイン(取り残された戦闘マシン・e21176)
卜部・泰孝(ジャンクチップ・e27412)
田津原・マリア(ドクターよ真摯を抱け・e40514)
ジュスティシア・ファーレル(シャドウエルフの鎧装騎兵・e63719)

■リプレイ

●ダモクレスの生み出した敵
 へリオンはケルベロスたちを乗せて、高い空を進んでいた。
 目指す場所、大分はもうすぐだ。
「もうすぐ、魔空回廊です。ここにも、デウスエクスによって屍隷兵にされた人がいるのですね」
 ジュスティシア・ファーレル(シャドウエルフの鎧装騎兵・e63719)は遠くに見えるコンビナート群を見て『ここにも』と言った。
 すなわち、彼女が幾度も屍隷兵と戦ってきたことを意味している。
 恋人を失ってからジュスティシアにとって屍隷兵は決して許せない存在となったのだ。
「ええ。ここには頭を機械に置き換えられた『エッグヘッド』たちがいます」
 無表情にそう言ったのは、この地が魔空回廊になっていることを見つけた機理原・真理(フォートレスガール・e08508)だった。
「許せんな。屍隷兵はすべて許せないが、機械を使っているのが特に許せん」
 男性風の機械音声でマーク・ナイン(取り残された戦闘マシン・e21176)が言う。
「ええ。同感です」
 見るからにロボットのような姿のマークも、一見人間に近い姿に見える真理も、レプリカントだ。
 だからこそ、機械……つまりダモクレスが関わっている屍隷兵は許せないのだろう。
 遥か下には屍隷兵となって歩き回っている人々がいるのが、かすかに見えた。
「ダモクレスによる改造を受けて、屍隷兵にですか。そんな者が沢山いるから、この地に平和は訪れないのですよね」
 メイド服を身に着けたルピナス・ミラ(黒星と闇花・e07184)の微笑みには寂しげな雰囲気が宿っていた。
「命を奪われた挙げ句あないな姿にされて人を殺めたり略奪を行う存在になる、屍隷兵のミッションは心が痛みます。そないな魔空回廊はたくさんあるんですね」
 少し暗めな青の翼と、同じ色をした角を生やしたドラゴニアンが言った。
 田津原・マリア(ドクターよ真摯を抱け・e40514)の発言を聞いて、ジュスティシアが静かに彼女へ顔を向けた。
「その通りです。たくさんありますよ。もう壊れたものも、まだ残っているものも」
「やからこそうちらケルベロスが破壊せなアカンのですよね。死んだ人らの為にも生きてる皆さんの為にも」
 マリアはジュスティシアから視線を外して、大きく息を吐いた。
「そうですね。ですが、一歩ずつでも、平和への道を切り開いていきましょう」
 ルピナスの言葉に仲間たちは頷く。
 へリオンは会話の間も進み、今や魔空回廊の真上までたどり着こうとしていた。
「さて、そろそろ出撃の時間だぜ」
 軽い調子の声が仲間たちの耳に届いた。
 立ち上がりながらコインを弾いた卜部・泰孝(ジャンクチップ・e27412)はそれを手の甲で受け止める。
「……表、だな。今日はツキが回ってきそうだぜ」
「占いか」
「当たるかどうかは知らないがね」
 マークに問われて、泰孝は肩をすくめる。
 目的地にたどりつき、それぞれにグラディウスと武器を手にしてケルベロスたちは立ち上がった。泰孝のウイングキャットが足もとを歩いている。
 秋から冬に近づいた季節の冷たい風が吹いている。
 だが、もはや寒さを感じることもないであろう屍隷兵たちが、遥か下には今も動き回っているのだ。
 本来は九州の工業を支えるはずの大型コンビナートへ向かって、ケルベロスたちは空へ飛び出していった。

●首を奪われた死者たちへ叫べ
 コンビナートに向かってケルベロスたちは一気に降下していく。
 風の中に石油の臭いと混ざった屍臭が感じられるような気がする。
「死んだ後も改造してこき使うたぁいい趣味してんぜ、まったく。そうやっていつまでもチップにした命、弄んで好き勝手できると思うなよ」
 泰孝はコインの代わりに手にしたグラディウスを構えて、降下していく。
 飄々とした顔をしているのは変わりはしないが、そんな彼にも胸の内に抱えているものはもちろんあった。
「手始めにここを一撃、物資回収地点を吹っ飛ばしてやんぜ! あとオレがおばちゃんからお小遣いをたんまりもらえる為にもきれいさっぱり消し飛びな!」
 グラディウスを突き出す。
 もっとも、欲望も混ざったその叫びを聞いて、泰孝と共に落下するウイングキャットは大きくため息を吐くような仕草をしていたが。
 その息をかき消すかのような激しさで、まず最初の爆発が魔空回廊を守るバリアを大きく揺らしていた。
 高空ではかすかにしか見えなかった屍隷兵たちの姿も、十分に降下するとよく見えるようになった。その姿はケルベロスたちの怒りを掻き立てる。
「人をそないな姿に改造して略奪の先兵にするやなんてホンマにやり方が悪辣やなダモクレス!」
 ウェーブのかかったマリアの髪が風に、そして怒りの叫びに揺れる。
「アンタらは何時だって地球にあるもんを使い潰す資源や改造の道具としてしか見とらへん!」
 死体すら利用するダモクレスたちのやり方は、きっと女盛りを逃すほど医者としての勉強に明け暮れていた彼女には許せないものだろう。
「アンタらがそないな姿にした人らにかて大事な人生があったんや! 元に戻せへんなら皆壊したる! アンタらにも同じ道辿らせたるから覚悟しいや!」
 グラディウスを力いっぱい振り下ろすと、2度目の爆発が広がっていく。
 ケルベロスたちの想いは次々に魔空回廊を守るバリアへと襲いかかる。
「人々を改造して、自分達の好き勝手に屍隷兵を作り出すだなんて、何とも人道を外れた所業をするのでしょうか」
 ルピナスのエメラルド色をした瞳に、悲しみの色が浮かぶ。
「これ以上、誰も悲しむことの無い様に、ここで引導を渡してあげましょう」
 そして3度目の爆発がバリア魔空回廊の周囲に広がっていく。
 重力に導かれるままに降下するケルベロスたちは、次々に手にしたグラディウスをバリアへと向けていた。
 特に、重量級のマークの体は、激しい勢いを伴ってバリアへと向かっていく。
「勝手に他人の頭をむしってガラクタをつけるな、わかったな! わかったらくたばれ! SYSTEM COMBAT MODE ENGAGE!」
 まるで機械そのもののような姿で、声も合成音のようなものだったけれど、手にした小剣に込めた想いは作り物ではない。
 シンプルだが熱い想いをグラディウスに込めて彼は小剣を突き出した。
 4度目の爆発が炎と雷鳴を伴って広がっていく。
 爆発によってコンビナート群は徐々に覆い隠されていく。
「今は石油以外のエネルギーも一杯開発されてるですが、ガソリンは今でも色んな所で使われてる大事なエネルギーなのです」
 真理はそんな建物の役割に思いをはせながら降下していく。
「それを作るコンビナートから略奪されたら、皆が困るのです。社会が動けなくなっちゃうのですよ!」
 人にとって必要な建物を奪って――そしてダモクレスが作ったものがこの地を支配し続けているのだ。
「それに人の命を奪って生まれる屍隷兵も、私は嫌いなのです。貴方達がいるという事は、誰かの犠牲を防げなかった事でもあって、それが悔しいのです」
 一房だけ赤い真理の髪が、爆風によって揺れている。
「しかも命を奪って造り出したものに、卵なんて名前を付けるのも私は許せないのですからね!」
 屍隷兵『エッグヘッド』――その名に込められた意図はわからないが、知りたいとも真理は思わなかった。
「奪うのも奪われるのも、ここでお終いにするです!」
 5度目の爆発が炸裂して、コンビナートの間に煙が広がっていった。
 仲間が叫ぶ屍隷兵への想いを耳にしながら、ジュスティシアの心に浮かんでいたのはかつての恋人の姿だ。
「私の愛する人もダモクレスに屍隷兵に変えられ、この手で眠らせた」
 決して忘れることができない戦いの記憶を手に握ったグラディウスへと込める。
「あなた達、そんな姿にされる前はどんな顔だったの? どんな声をして、どんな楽しいことを語っていたの?」
 けれど、コンビナートを歩く者たちの中には、こうして思い出してくれる人すらいなくなった者がいてもおかしくはないだろう。
「ダモクレスに限らず、あなた達のような悲しい存在を作り上げる連中は決して許さない。いつか必ず仇を取るから安らかに眠って!」
 グラディウスは6度振り下ろされ、6度目となる爆発が大分の空へと広がっていく。
 ――その瞬間、魔空回廊のバリアにひび割れが走るのが見えた。
 ジュスティシアだけでなく、おそらくみんなが見ただろう。
 ギザギザの割れ目がバリアを横断していく。
 そして、そこから左右に広がるように消えていく……。
 爆煙の中に着地した時、大分コンビナートを襲っていた魔空回廊は完全に消え去っていた。
「……言ったろ。今日はツイてるってな」
 泰孝の言葉に仲間たちがうなづいた。

●せめて体だけは
 魔空回廊が壊れたからといって、その場にいた屍隷兵まで消えるわけではない。
 ひとしきり喜び合った後、ケルベロスたちはすぐに爆煙の中を走りだす。
 だが、その視線の先に赤い光が現れた。
 赤い単眼を輝かせ、魔空回廊中枢部を守っていた『エッグヘッド』の1体がケルベロスたちの前に立ちはだかったのだ。
「もう、戦わなくてもかまいませんのに……」
 ルピナスが呟く。
 輝く赤い単眼より、ビームが放たれた。
 泰孝が素早く前に出て仲間たちをかばった。
「悪いけど、やられてあげるわけにはいかないんだよねぇ」
 守りを固めた彼の横にウイングキャットが並ぶ。
 屍隷兵はデウスエクスほど高い能力を持っていないことがあるが、強化型だけあってこのエッグヘッドはかなり素早いようだ。
「まずは、その素早い動きを封じてあげますよ!」
 ルピナスが跳躍し、メイド服が爆煙の中に舞う。
 重力の力を得て叩きつけた蹴りがエッグヘッドの足を止めた。
 そこに、さらに跳躍するのは黒い影。
 マークが重武装の脚部ユニットで無理やり飛び上がらせる。
 敵の頭を踏み潰す勢いで力任せに叩きつける。表情もわからないマークだが、その蹴りには確かに怒りがこもっていた。
「まずは手堅く」
 そう呟いたマリアも続いて飛び蹴りをしかけてさらに動きを止めた。
 続いてしかけたのは真理と泰孝だ。
「―――容赦は、しないですよ」
 ライドキャリバーを駆った真理が、神州技研製アームドフォートを敵に向ける。
 シートの上に伏せた姿勢から、ナノマシン入りの砲弾がエッグヘッドへと飛んだ。
 2人の飛び蹴りで足が止まった敵に砲弾が突き刺さり、ナノマシンで冒す。
「テメーを蝕む一本場。さあ、どこまで伸びるかね?」
 派手な砲弾に隠れて泰孝が投げた百点棒もエッグヘッドに突き刺さった。
 その点棒にも毒が仕込まれている。
 ナノマシンと毒はいずれも屍隷兵を蝕み、回復を阻害している。
 ライドキャリバーのプライド・ワンが炎をあげて突撃し、ウイングキャットのなけなしの良心も猫の輪で攻撃している。
 エッグヘッドはまだ動きを止めない。
 次なる敵の動きに備えて、ジュスティシアは乙女座のゾディアックソードで結界を作り上げていた。
 自分の損傷もかえりみずに腕を振り回すエッグヘッドの攻撃はケルベロスたちに容赦なく襲いかかるが、泰孝やなけなしの良心、プライド・ワンがかばってダメージを分散させる。
「厄介やね。なら……まずはその動き、止めてもらいますよ!」
 マリアがライフルを構えて、麻酔弾を放った。対デウスエクス用の弾丸は、エッグヘッドの動きを抑制してさらにダメージを抑えた。
「もうあなたたちに、誰も殺させはしません」
 傷ついた者たちには、ジュスティシアから木の葉のオーラが飛んで守っている。
 敵の動きを十分に制限したところで、ケルベロスたちは攻勢を強めていった。
「無限の剣よ、我が意思に従い、敵を切り刻みなさい!」
 ルピナスが作り出した黒いオーラの剣はエッグヘッドに四方八方から襲いかかり、貫いていく。
「ADM TARGET LOCK」
 特殊改造アームドフォートに装備されているミサイルが飛び出す。
 エッグヘッドは鈍った足で、それでも避けようとする。
 だが、グラビティ・チェインを追尾するミサイルは正確に追いかけて、そして爆発した。
 戦闘の当初から、マークは敵の頭だけを狙い続けていた。
 スナイパーではない以上、そのすべてが狙い通りに行くわけではなかったが、その意志は見ていた皆がわかったことだろう。
 機械部分を叩き潰そうとしているのだ。
 苛烈さを増していく攻撃を受けて、エッグヘッドは修復装置を起動して耐えようとするが、ナノマシンと毒がそれを阻害しているらしい。
 諦めた敵の単眼が放つ光線や振り回す腕がケルベロスたちを蹂躙しようとするが、それよりもケルベロスがエッグヘッドを削る勢いの方が速い。
「更にダメージ重ねたりますよ!」
 マリアのハンマーがエッグヘッドの――おそらくはもうほとんど残っていないであろう可能性を奪い去り、凍結させる。
 あと一息で倒せると見て、ジュスティシアもPDWを構えた。
「逃げても無駄です!」
 人間工学に基づいたコンパクトな設計の火器を素早く構えて、的確に急所を撃ち抜く。
 エッグヘッドは血か、それともオイルかわからない液体を撒き散らしながら腕を振り回す。
 なけなしの良心が泰孝をかばい、安心したような雰囲気で頭を撫でる。
「悪いな、助かったぜ」
 泰孝はサーヴァントに礼を述べる。
 そして、それがエッグヘッドの最後の抵抗となった。
 ルピナスから伸びた御業の鎖が、屍隷兵を縛り上げる。
 そして、真理のチェーンソーがエッグヘッドの首を斬り飛ばす。
 屍隷兵は動きを止めて、その場に倒れた。
 落下した首に向けて真理はキャノン砲を撃ち込み、粉砕する。
「ENEMY DESTROY MISSION COMPLETE」
 マークの機械音声が勝利を告げる。
「とりあえず一安心だぜ。せっかく壊せたのに、ケチをつけられたくないもんな」
 泰孝が息を吐いた。
 残った胴体を真理は抱えあげた。そして、プライド・ワンに乗せる。
「せめて身体だけでも、助けてあげたいのです」
 仲間たちの誰も、それを止めはしなかった。
「できれば、ここにいる人たちをみんな眠らせてあげたいですね」
 まだ晴れていない煙の向こうにいるであろう屍隷兵たちを見回して、ジュスティシアが悲しげに言う。
「そうですね。でも、今は撤退しましょう。退路はこちらです」
 ルピナスの呼びかけに、ケルベロスたちは煙の中を再び走り出す。
 離れていく魔空回廊へと、マリアは1度だけ目を向けた。
「うちらは負けへんよ、壊した貴方達のためにも」
 奪われた命を取り戻す方法はない。
 けれど、これ以上命を奪われることはなくなったのだ。
 大分コンビナートが1日も早くもとの姿を取り戻すことを、ケルベロスたちは願った。

作者:青葉桂都 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2019年12月1日
難度:普通
参加:6人
結果:成功!
得票:格好よかった 3/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 3
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。