ミッション破壊作戦~牙砕く光撃は流星の如く

作者:柊透胡

「……定刻となりました。依頼の説明を始めましょう」
 ヘリポートに集まったケルベロス達を、都築・創(青謐のヘリオライダー・en0054)は静かに見回した。
「昨年末以来となってしまいましたが……私からは16回目のアナウンスです。ミッション破壊作戦を執り行います」
 そうして、ケルベロス達に手渡されていくのは、長さ70cm程の光る小剣だ。
「ミッション破壊作戦の要、『グラディウス』です。復習も兼ねて説明しますと……『グラディウス』は通常の武装ではなく、ミッション地域の中枢である強襲型魔空回廊の破壊が可能な特殊な兵器です」
 グラディウスは1度使用されると、グラビティ・チェインを吸収して再使用可能となるまで、かなりの時間を要する。
「攻撃するミッションについては現状を踏まえ、皆さんで相談して決定して下さい」
 今回の作戦に於いて、創が担当するのは『竜牙兵』のミッション地域となる――時期的には、ドラゴン・ウォーの直後だ。タイムリーとも言えようか。

「強襲型魔空回廊は、ミッション地域の中枢にあります。正攻法で辿り着くのは困難で、敵に貴重なグラディウスを奪われる危険さえあります」
 その為、ミッション破壊作戦では『ヘリオンによる高空降下作戦』を行う。
「強襲型魔空回廊は、半径30m程のドーム型バリアで覆われています。このバリアにグラディウスを接触させて『攻撃』します」
 攻撃対象が巨大故に可能な作戦と言えよう。
「8名のケルベロスがグラビティを極限まで高め、グラディウスで強襲型魔空回廊を攻撃すれば……場合によっては、その一撃で破壊も可能です」
 竜牙兵のミッション地域は、5箇所。そのほとんどが手付かずのままだ。だが、喩え1回の作戦で破壊出来なくとも、ダメージは蓄積される。最大10回程度、降下作戦を繰り返せば強襲型魔空回廊は確実に破壊されるようだ。
「強襲型魔空回廊の周囲には強力な護衛が常駐しています。それでも、高高度からの降下攻撃は防げませんし、グラディウスの攻撃時に起こる雷光と爆炎には例外なく巻き込まれます。グラディウスの所持者は大丈夫ですので、皆さんはこの雷光と爆炎を煙幕にして撤退して下さい」
 貴重なグラディウスを持ち帰る事も、重要な目的の1つ。無理は禁物だ。
「とはいえ、魔空回廊の護衛部隊との交戦は避けられません」
 幸い、混乱する敵同士が連携する事はない。立ち塞がった単体の敵を速攻で倒せばよい。「強い敵程、混乱状態からの回復も早いですから、撤退を阻む敵は1体でも侮れません。お気を付け下さい」
 万が一にも、脱出前に敵の包囲網が完成してしまった場合は……降伏するか、暴走して撤退するか。
「時間との勝負です。万全の体勢で臨んで下さい」
 竜牙兵は共通して「憎悪と恐怖」を振り撒かんとしているが、各地で暴れる敵もそれぞれ個性的だ。選択の参考とするのも良いだろう。
「ドラゴン勢力に決戦を挑める程、皆さんは強くなりました。しかし、一方で、デウスエクス種族同士が糾合を図るなど、情勢は緊迫しています」
 それでも、デウスエクスの前線基地であるミッション地域を、そのまま放置する訳にはいかない。
「継続的にミッション地域を解放して、デウスエクスの侵攻を食い止める為にも……どうぞ宜しくお願い致します」


参加者
レーグル・ノルベルト(ダーヴィド・e00079)
ウォーレン・ホリィウッド(ホーリーロック・e00813)
鮫洲・蓮華(ぽかちゃん先生の助手・e09420)
レヴィン・ペイルライダー(秘宝を求めて・e25278)
鮫洲・紗羅沙(ふわふわ銀狐巫女さん・e40779)
オニキス・ヴェルミリオン(疾鬼怒濤・e50949)
フレデリ・アルフォンス(ウィッチドクターで甲冑騎士・e69627)
 

■リプレイ

●牙砕く光撃は流星の如く
「熊野竜牙呪林、ですか?」
 ヘリオンに搭乗したケルベロス達が告げた行き先を鸚鵡返しに、ヘリオライダーは首を傾げた。
 ミッション1-3「熊野竜牙呪林」――和歌山県の熊野山は、第二次大侵略期の開始と同時期に発令したミッション地域だ。
 だが、敵戦力の補充が強襲型魔空回廊ではなく、昼夜を問わず竜牙兵が飛来し続ける『竜牙竜星雨』であった為、ミッション破壊作戦が行われるようになって尚、奪還叶わぬ侭であった。
「ふむ、彼の地が占領されてから、一体どれぐらい経つのであろうかな?」
「4年近く、だっけ? 俺の来日よりずっと前からだよな」
 記憶を辿るように、漆黒の双眸を眇めるレーグル・ノルベルト(ダーヴィド・e00079)。ドラゴニアンの低い呟きに、フレデリ・アルフォンス(ウィッチドクターで甲冑騎士・e69627)は感慨深げな面持ちか。
(「まだドラゴン・ウォーの高揚が残ってるような、気がする」)
 ウォーレン・ホリィウッド(ホーリーロック・e00813)は、そっと自らの胸を撫でて独りごちる。
 そう、状況が変わった要因が「ドラゴン・ウォー」の勝利にある事は言うまでもない。竜十字島のゲート破壊の成功により、残存していたドラゴン勢力のミッション地域の強襲型魔空回廊は一斉に消失した。
 そして、とうとう、熊野山に降り続けた『竜牙竜星雨』も止んだのだ。この好機を、ケルベロスが逃がす筈もない。
「大きな後ろ盾を失って、敵に混乱が生じておるかもしれぬな」
 巨大なチェーンソー剣を担ぐオニキス・ヴェルミリオン(疾鬼怒濤・e50949)は、少女の面に老獪を滲ませ、豪快にニヤリと笑む。
「だが、油断せずゆこう……くく、滾るではないか!」
「しつこい竜牙兵に、今日こそふわふわ銀狐巫女の力をお見せしましょう!」
 常の間延びした口調も影を潜め、厳しい面持ちで拳を握る鮫洲・紗羅沙(ふわふわ銀狐巫女さん・e40779)。
(「お姉ちゃん、今日は一段と本気モードだ!」)
 いつにない姉の真剣モードに、鮫洲・蓮華(ぽかちゃん先生の助手・e09420)はウイングキャットのぽかちゃん先生とビックリ眼を見合わせている。
「じゃあ、宜しく頼むよ」
「……判りました。本機はこれより、和歌山県熊野山に向かいます」
 剣呑にリボルバー銃を弄びながら、レヴィン・ペイルライダー(秘宝を求めて・e25278)が浮かべる明るい笑顔に、生真面目に頷き返したヘリオライダーは先に配布していたグラディウスを回収。きびきびと操縦席に向かう。
 元より強襲型魔空回廊が無いミッション地域なのだから、グラディウスも不要な訳で――程なく、ヘリオンは初夏の蒼穹へ飛び発った。

●ミッション1-3「熊野竜牙呪林」
 和歌山県、熊野山上空――開いたヘリオンのハッチより吹き込む風は、初夏であっても冷涼。
「では、参ろうか」
 冴え渡る空気を深呼吸。気負う様子もなく、ヘリオンから飛び降りるレーグル。
「うーむ……流石に、森の中までは見通せぬか」
 双眼鏡で眼下を探るも、繰り返しヒールされて来ただろう眼下の緑は幻想入り交じり、遠目からでも歪みが窺える。首魁の所在を視界に捉え切れず、オニキスは苦笑を浮かべる。
「まあ、真下に降りれば、奇襲出来ずとも遠からずだろうさ」
「ああ、首魁はさっさと見付けるとしようぜ」
 要は、敵の先制攻撃さえ気を付ければいい。チェーンソー剣を構えた臨戦態勢でオニキスが飛び降りれば、肩を竦めたレヴィンも二丁拳銃を両手に軽やかに空へ身を躍らせる。
 『叫び』が不要ならば、出撃自体は常の依頼と変わりない。だが、長らく占領されていたミッション地域を解放するとなれば、思い入れ深い者だっていよう。
(「僕が日本に来た頃には、もう熊野の森には竜牙兵が降ってたけど……古くからある、大事に守られた森だったんだよね」)
 何処か歪な様相の熊野山を見下ろし、ウォーレンは小さく溜息を吐く。熊野古道の自然保護運動を先駆けた学者の伝記や世界遺産の本を読んで、竜牙竜星雨で手の出しようのない状況を切なく思ったものだ。
 漸く、終えられる。ずっと続いてきたこの地の戦いを。
「かつて人々がそう願った、静かな森を取り戻すよ!」
「ええ、人々が愛した場所に悪行重ねた報いの時です」
 紗羅沙は、冷ややかに言い放つ。
「散々暴れてもう満足しましたか? 清算するには少し高くつきましたね」
「うんうん、何年か前は、苦労して攻略してたっけ、ね?」
 厳しい面持ちのままの紗羅沙に、混ぜっ返すような軽口を挟めるのは、妹の特権だろう。
「でもね、もうそれもおしまいだよ! 今日ここで打ち止めにするよ!」
 天真爛漫に強気を覗かせる蓮華とぽかちゃん先生の意気軒昂が頼もしい。姉妹仲良く、同時にヘリオンから飛び出せば、最後に残ったフレデリの言葉は呪文めいて。
 ――どらごんさまにーぐらびてぃちぇいんをよこせー! ぞうおときょぜつをささげよー!
「散々聞き飽きたけど、もうじき聞けなくなるんだな」
 皮肉を呟き、オラトリオの青年は改造した戦装束を翻す。
「サクっと片付けて、熊野詣でに行くぞ」
 フレデリ自身は異教徒だ。でも、日本の神様にだって、敬意は払うのだ。

 ――――!!
 次々と熊野の森に降り立ったケルベロス達は、暫く藪に身を潜めて周囲の様相を窺った。
 兵の数は、まだ多い。ガチャガチャと骨の剣を鳴らし、右往左往の竜牙戦士。圧倒的に少数派の竜牙魔術師が甲高く竜牙戦士共を怒鳴りつけているが、混乱を更に助長しているだけだ。
 オニキスの予想通り、否、それ以上に、熊野山竜牙呪林は恐慌を来していた。それだけ、ドラゴンという存在は竜牙兵にとって絶対的な主であったのだろう。
 今なら、行ける――視線を交わし、頷き合い、ケルベロス達はミッション地域の中枢に向かう。
 程なくして、ケルベロス達が辿り着いたのは、恐らくは竜牙呪林の中央。ぽっかりと緑の天上開いた空き地には、かつては無数の巨大な牙が雲霞の如く飛来しては、続々と竜牙兵に姿を変えていたのだろう。
 だが、今は――唯の1体。数年もの間、風雨に晒され続けたローブの裾は擦り切れ、骸骨の身体は埃に塗れる。
 それでも、混乱の最中の竜牙兵とは全く異質の威容が、そこに在った。
 彼の者こそ、熊野竜牙呪林の首魁であるのは、間違いない。

『主からの命令を果たすべし。
 大規模召喚陣を構築し、主達を地球へと召喚するのだ。
 定命の者達を狩り集め、ドラゴン降臨の供物とせよ』

 呪詛のように殷殷と繰り返されるのは――そう、竜牙兵は最期まで、主命を果たさんとするのだろう。
 喩え、既に混乱状態に在ると言えど、グラディウスを使わない以上、煙幕で更なる攪乱は望めない。万が一にも、囲まれて連携でもされては厄介だ。
 何より、補給絶えた残存戦力総てを以て、周辺地域のグラビティ・チェインを掻き集めようとするその前に。
「基本は、いつものミッション破壊と同じ。速攻かつ即離脱、かしら?」
「おう、一気に首魁を叩き、敵集団の気勢を殺ぐ!」
 紗羅沙の確認に応じるや、オニキスの右手を象る混沌の水が水龍を喚ばう。
 ――――!!
 逆巻く波濤が竜を形作る。大波に乗り、オニキスは気炎上げて突撃した。

●首魁、或いは竜牙魔術師
 ――――!!
 轟音と共に、波濤は蒸気と化して霧散した。
「……っ」
 よもや猛々しい水竜の初撃を、迎え撃った紫炎の波が相殺しようとは。すかさず飛び退きながら、忌々し気に舌打ちするオニキス。
「……」
 次々と現れるケルベロス達を睥睨し、竜牙魔術師の眼窩の奥に赤光がボウと灯る。
 ――――。
 形容し難い詠唱が聞こえるや、紫滴散らす光線がオニキスに爆ぜた。じわりと、毒の粒子が少女の浅黒い肌を灼く。
「ぽかちゃん先生! キャットリングだ!」
 応酬の鋭さに眉根を寄せ、蓮華は肩並べるウイングキャットに声を掛ける。まずは一投、更に気迫籠ったもう一投――特に二投目のキャットリングは、蓮華との練習の成果で特別な軌道を描く。常ならば、命中に足る精度の筈が。
 相次いで、かわされた。
「ミッション時の魔術師はスナイパーであったが……此奴はキャスターであるな」
 自らもバスターライフルを構えながら、レーグルは断言する。彼とて、歴戦のケルベロス。であるにも拘らず、眼力が報せるフロストレーザーの命中率が5割を切るとなれば。
 確かに、熊野竜牙呪林は最初のミッション地域だ。だが、4年近い歳月を掛けて、強くなっていったのは首魁も同様であったのだろう。
「でも、負けない」
 取り急ぎ、ウォーレンは前衛へオウガ粒子を撒く。竜牙呪林の最後の要を前に、青年の胸に在るのは、憎悪でも恐怖でもなく。
(「平和になったら……ゆっくり、熊野の森をお散歩したいよね」)
 自らの手で、平穏を掴めると信じて。紗羅沙も掌中のガネーシャパズルを組み替え、光の蝶をオニキスへ送る。メディックの癒しで毒を掃い、戦闘種族の第六感を呼び覚まさんと。
「キャスター、かぁ」
 フレデリは溜息交じり。今回の編成で、スナイパーも足止めの技を準備しているのもフレデリのみ。そのグラビティもスターゲイザーだけならば、見切りを鑑みれば連発は厳しい。ウォーレンと紗羅沙のヒール・エンチャントのフォローに頼る事になりそうだ。
「宜しく頼むよ」
 軽い口調で仲間に声を掛けるレヴィンとて、現状では全ての技の命中率は想定の7割を大きく下回っている。内心で「なにぃ!?」と焦ったものだが……命中率が零でない限り、敵を穿つ目はある。今はクラッシャーを全うすべく、フォーチュンスターを蹴り込んだ。
「……」
 竜牙魔術師は、寡黙のまま。呪符に覆われた下肢より紫炎が迸り、後衛2人を舐めんと――。
「やらせない!」
 紗羅沙に迫る炎の波を、蓮華が遮った。姉が真剣にミッション地域を解放する気ならば、妹として、その決意をしっかり守りたい。
「ありがとう、蓮華ちゃん」
 紗羅沙も、妹の小さな背中が心強い。光の蝶を躍らせるのにも、いつも以上に力が入るというものだ。
「うぉあっちぃ!」
 その隣で、フレデリが熱さに飛び上がっていたりするが。防具耐性のお陰で、そこまで深刻なダメージでは無いが、燻ぶる炎がジクジクと焦がす。すぐさま、フロストレーザーを撃ち返せる程度には、まだ大丈夫。
「あ、手が足りなかった……ごめんね!」
 蓮華がフレデリにサキュバスミストを放ち、ぽかちゃん先生が清浄の翼を広げる間に、ウォーレンのケルベロスチェインが前衛に守護の陣を描く。ジャマーのエンチャントは掛かれば厚いが、列のヒールでは強化の付与も運任せ。まだもう少し、繰り返さねばならなさそうか。
 元より、クラッシャー3の前のめりの編成ならば、レーグルの降魔真拳、レヴィンの達人の一撃、オニキスの鬼神角が次々と奔った。
「弱点を突ければ、手っ取り早いんだがなぁ」
 掌より黄金の角をパイルバンカーのように伸ばしながら、愚痴めいて呟くオニキス。弱点を探るにも、まず命中が先決と改めて痛感したようだ。
「まあ、地球の物は地球の皆に返してもらうし、もう人を襲わせはしない!」
 今はまだ攻撃の手は届き難くとも、レヴィンは決意も高らかに。重々しく肯いたレーグルもマーコールの如き竜角を揺らす。
(「奴らの主について問うてみても良いが……さて、答えるのだろうかな?」)
 詠唱を除けば一声も発せぬ竜牙魔術師を見やり、見込みはなさそうだと苦笑を浮かべた。

●4年の歳月を経て
 戦いは続く。攻防優位の位置取りにて、黙々とグラビティを放ち続ける竜牙魔術師だが……如何せん、援護も望めぬ単身だ。弛まぬ攻撃が、骨の身体を穿ち続けた。
「よし!」
 快哉の声を上げるウォーレン。仲間全員に命中と守護の強化を施すには、それなりの時間が掛かったが、行き渡ればいよいよ総攻撃だ。
「長年汝らの侵略を受け続けてきたこの土地、今こそ奪還するぞ!」
 巨大なチェーンソー剣を振り回し、無数の霊体を憑依させたオニキスの斬撃が、確かに竜牙魔術師を捕らえた。不得手の技をも命中を果たした今こそ。
「行くよ! ぽかちゃん先生!」
 蓮華の掛け声に小さく鳴き声を上げ、ぽかちゃん先生の爪が閃く。カリリと引っ掻いた骨目掛けて、蓮華は凍れるパイクを勢いよく突き立てる。
 只管に続けてきた攻撃が、漸く実を結ぼうとしている。確かな手応えに意を強くし、レーグルの電光石火の蹴りが腰骨を貫けば、堪え切れず竜牙魔術師は竜牙壁を構築する。
「魔術師だろうが、ゲートが無かったらドラゴンを召喚出来ないんだろ? もう、お前等がやる事は無さそうだぜ!」
 好戦的に言い放ち、すぐさまレヴィンがハウリングフィストを放ち、フレデリも担いだ破城竜槌から衝撃波を放つ。
「エンチャントなんて無駄だぜ!」
 駄目押しとばかりに、紗羅沙のクリスタライズシュートが、真一文字に防壁を斬り裂く。守りを打ち砕く連撃に竜牙壁は忽ち瓦解。巻き添えを食った竜牙魔術師のローブが、音を立てて凍り付く。
 力一杯に蹴り込んだ蓮華のフォーチュンスターが魔術師の防護を削れば、同時に、凍結進んだ骨の幾許かが破砕した。
「……む!?」
 ゴウと音を立てて噴射するドラゴニック・パワー。フレデリのドラゴニックスマッシュでその骨の身体を半ば崩す。それでもこの期に及んで、撃ち出された邪毒光線がレーグルを穿とうとして、その射線に飛び込んだぽかちゃん先生の小柄を震わせる。
「痛みが真珠に変わるように、涙が罪を雪ぐように――傷も恐れも躓きも、光の雨になるように」
 すかさず自らに雨を降らせたウォーレンの掌に、真珠色の光が顕れる。光に照らされた雨粒は、煌く真珠のよう――ウイングキャットの痛みに同調し、その傷を癒さんと。
「幻影の月よ、生命を象りなさい」
 それは、遠い祖先の失われた秘宝、銀狐巫女の秘術【狐月神命気】――幻影の月を象る光球は、生命を呼び覚ます。さざめく紗羅沙の癒しは、毒が小柄を蝕む前に綺麗に洗い流した。
(「ドラゴンがこのままで終わるとは思えぬが……これでこの地も、漸く復興できるであろうかな」)
 チラと感謝の一瞥を投げ、両腕の巨大な縛霊手より地獄の炎を噴き上げさせるレーグル。
 ドゴォッ!
 その剛腕なる一撃は、レーグルの最大火力。煉獄なる一撃に続き、オニキスの周りに再び波濤が渦を巻く。
「吾は水鬼、この程度は朝飯前よ! 滾れ! 漲れ! 迸れ! 龍王沙羯羅、大海嘯!!」
 今度こそ、『龍王・沙羯羅』は竜牙魔術師を激流で押し流し削り砕く。オニキスの強撃に穿たれ、下肢の紫炎の大半を消されながら、傾いだ骨躯を起こしたのはどんな執念か。
「……視えた、そこだー!」
 漸くの精密射撃の出番に、レヴィンは嬉しそうに……目頭の熱を振り払う。精神を集中させた一射は、確実に竜牙魔術師の頭蓋骨を、その眉間を穿ち貫いた。

作者:柊透胡 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2019年6月9日
難度:普通
参加:7人
結果:成功!
得票:格好よかった 3/感動した 0/素敵だった 1/キャラが大事にされていた 0
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。