リザレクト・ジェネシス追撃戦~機工城を倒せ

作者:八幡

●城壁の内側
 月島……いたるところにもんじゃ焼き屋がある下町の風情が残る街。
 しかし、現在月島は分厚い鉄の壁が立ち並ぶ城塞と化していた。
 城塞と化した月島の中央付近、かつて図書館があった場所に座するは機工城アトラース。
 月島の端からでもはっきりと姿を捉えられるほどの巨躯を誇る城塞型ダモクレスは、微動だにせず侵入者が居ないか睨みを利かせているようだ。
 だがよくよく見れば、先の戦争で負傷したのか装甲のあちこちに少しばかりの煙を見つけることができただろう。
 そして城塞そのものと化した月島内部や機工城アトラースの付近では、スチームギアたちが忙しなく動いている……が、忙しなく動き回るだけで無意味な行動が多いようだ。
 敗戦の影響で命令系統を失い混乱していると言ったところだろう。
 せっかく築いた城塞だが、運用する部隊がこの様子では城塞としての役割はまともに果たせない。
 それでも城塞型ダモクレスは己の傷を癒しながらも油断なく待ち続ける……次の命令を、或いは無謀な侵入者を。

●機工城アトラースを倒せ
「リザレクト・ジェネシスの戦い、すごかったね!」
 ケルベロスたちの前に現れた、小金井・透子(シャドウエルフのヘリオライダー・en0227)は両手を広げて称賛の言葉を口にした。
「だけど、デウスエクスたちがまだ戦場に沢山残ってるから、それを倒す作戦を行うことになったんだよ!」
 それから透子はぐっとこぶしを固めて追撃戦を行うのだと宣言した。
 自分の話に興味を持ったケルベロスたちへ透子は話を続ける。
「みんなに向かってもらいたいのは、月島……機工城アトラースが居る場所だよ。それでね、この作戦は二班で行うことになるんだ」
 一緒に行動する班は、小檻・かけら(麺ヘリオライダー・en0031)さんの班なんだよと透子は微笑み、説明に入る。
「まずはボクたちがヘリオンでみんなを月島の端っこまで連れて行くから、そこから機工城アトラースが居る場所まで戦いを避けつつ進んで欲しいんだ」
 城塞化された場所でダモクレスを避けながら進む……それは無謀とも思えるが、
「城塞に居るのはスチームギアたちなんだけど、今は敗戦の影響で混乱しているみたいなんだよ。だから少人数であればよっぽど変なことをしない限り機工城アトラースまで辿り着けるはずだよ!」
 透子は結構簡単に辿り着けると断言する……なるほど、指揮系統が混乱しているのであれば付け入る余地は大いにあるだろう。とはいえ流石に正面から突っ込んでいけば迎撃されてしまうだろうからある程度の作戦は必要だ。
「機工城アトラースに辿り着いたら、後は頑張って倒すだけなんだけど……機工城アトラースはとっても強いよ!」
 機工城アトラース。
 見上げる程の巨体に、複数の砲塔を持ち遠距離攻撃の他、近接では移動にしようする足を使ってくる。
 一斉射撃はそこそこの命中率を持ち、近づけば足払いでの攻撃をしかけてくる。
 正面限定、命中率はさほど高くはないが威力の高い集中砲火攻撃を有している……もっともこの正面限定の能力を逆手にとって、正面から向かえば敵の攻撃を引きつけることができるとのことだが。
「でも、終末機巧大戦で脚を負傷しているし、戦争で傷を負っているから勝機はあるんだよ!」
 とっても強い……それはそうだろうと、終末機巧大戦での報告を思い出しているケルベロスたちに透子は補足する。
 そして終末機巧大戦での報告と言えば、その時に機工城アトラースに穴をあけて内部へ侵入していたはずだ……そのことについて問うと、
「前にあけた穴がそのまま残っているとは限らないけど、中に入って中核を壊すことで大損害を与えることができるよ。あとは内部で護衛していたスチームギアは城塞の防衛のために全部外に出してるみたい」
 透子の言葉にやはりかとケルベロスは頷く。
 内部からの破壊ができるのであれば外部から攻撃し続けるよりは時間を短縮できる可能性もある……戦闘が長引けばそれだけ集まってくるスチームギアたちの数が増えるのだから時間は短縮するに越したことは無い。
 勿論そのためには、内部に入る作戦と、中核を探し当てる方法、それから内部で破壊活動に勤しんでいる間の外部の対応などをよくよく考えねばならないだろう。
 一通りの説明を終えた透子はケルベロスたちを真っ直ぐに見つめ、
「相手はでっかくて強いけど、みんなが力を併せれば絶対倒せるんだよ!」
 後のことをケルベロスたちに託した。


参加者
ムギ・マキシマム(赤鬼・e01182)
キルロイ・エルクード(ブレードランナー・e01850)
月見里・一太(咬殺・e02692)
新条・あかり(点灯夫・e04291)
君乃・眸(ブリキノ心臓・e22801)
ウルトレス・クレイドルキーパー(虚無の慟哭・e29591)
尾方・広喜(量産型イロハ式ヲ型・e36130)

■リプレイ


 暗闇の中で息を潜める。
 かつて人々の往来で賑わっていたこの場所は無機質な鉄で覆われ、島の中心部には巨大な城砦型ダモクレス……機工城アトラースの姿がある。
 アトラースから視線を下に向ければ、そこには統率の取れていないスチームギア達の姿も見て取れる。
 猫のような瞳でそれらを観察していた、新条・あかり(点灯夫・e04291)は小さく息を吐く。スチームギア達の様子は聞いていた通り……自分達がこの場所に潜んでいても気づく様子もない。
 それから更に視線を手元へ向ければ、君乃・眸(ブリキノ心臓・e22801)がハンドサインでサポートに来ていたレーニ・シュピーゲルとやり取りをしていた。
 突入開始までの待機場所の調整だろう……今回集まったケルベロスは四十名前後。ちょっとした戦場を制圧できる戦力だ。それ故に、意思の統一は重要であり、微調整は念入りに行う必要があるだろう。
 眸から横へ視線を移せば都市迷彩服を着こんだ、月見里・一太(咬殺・e02692)と、キルロイ・エルクード(ブレードランナー・e01850)が壁に背中を預けてじっと息を殺している。
 殺意は忍ばせるほどに鋭さを増すのか、一太とキルロイの瞳は闇の中で獲物を見つめる狩人のようだ。
 一方、対照的なのは、尾方・広喜(量産型イロハ式ヲ型・e36130)だろう。広喜は身を潜めながらも何時も通りに笑顔で、この状況をも楽しんでいるように見える……否、相棒たる眸と共に戦える事が嬉しいのだろうか。
 顔見知りの様子に、あかりがもう一度小さく息を吐く……と、肩に白い手が置かれる。
 置かれた手の先へ視線を向ければ、アウレリア・ドレヴァンツ(曙光・e26848)が自分を見つめて微笑んでいて……その微笑みに、あかりは小さく耳を動かした。

 仲間達の様子を見守りながら、ウルトレス・クレイドルキーパー(虚無の慟哭・e29591)は静かに開始を待ち、ムギ・マキシマム(赤鬼・e01182)は時計を確認する。
 事前に併せた時計……決行の時間はもう間もなくだ。
 サポートで来てくれた羽鳥・紺達の姿を最後に確認してから僅か数分。時計は作戦決行の時間を告げ――静寂を破る怒声と足音が城塞の中に響き渡る。
「逃がす理由はねえ、ここで仕留めるぜ!」
 それは間違いなく足止めと誘導のための行動が開始された証拠。大声を上げながら相馬・泰地がスチームギアへ突撃すれば、
「よお、俺との再会楽しみだったろ?」
 サイガ・クロガネもまた派手な立ち回りで別のスチームギアを挑発するように仕掛ける。
 唐突に訪れた喧噪に名ばかりの警戒を続けていたスチームギアは統一された動きができず、ばらばらとケルベロス達に向かうが……、
「切り刻む!」
「ほれ、早速出番だ」
 ほぼ同時に動いていた別班のサポート達、藍色の髪と赤い瞳が印象的なシャドウエルフや黒い太陽を具現化させたレプリカントによって、刻まれ絶望の黒光を浴びせられる。
「はいはい、気ぃつけていってらっしゃーい」
 更に、茶色い髪のオラトリオが装甲から輝くオウガ粒子を放出して前衛を支えると、徐々に集まってくるスチームギア達も交え、戦場はいよいよ戦場は混戦の様相を呈していた。

 足止めと誘導を引き受けてくれた仲間達がスチームギア達へ突撃したのと同時刻。眸を先頭に一行は突入を開始する……目指すは機工城アトラース。
 足止めに回った仲間達も何時までも持つわけではない、行動は慎重に、かつ迅速に行う必要があるだろう。
「……どうか、ご無事で」
 突入の瞬間……瞬きの間、アウレリアが班へ目を向けると、エトヴァ・ヒンメルブラウエの銀色の瞳と視線が交わり……アウレリアはしかりと頷いた。


 鉄の壁に沿って駆ける。
 背中から聞こえる喧噪から離れるように、息を殺し、足音を消し、低く身をかがめ……早く早くと先を急ぐ。
 しかし先を急ぎながらも決して油断はしない。
 眸を先頭に、広喜を殿に、隠密気流を使用しつつ、曲がり角があれば先行した眸が先に様子を見て慌てて駆けてゆくスチームギアをやり過ごし、後ろから接近するものが無いかは常に広喜が警戒する。
 何より全員で目的と手段を一つとする事によって、彼らは迷いも躊躇いも無くアトラースへ真っ直ぐに向かってゆく。
 そして何度目かの角を曲がったところで、唐突に視界が開け――開けた視界の中に巨大な戦艦のようなダモクレスが聳える。
 これが機工城アトラースである事は問うまでもない。
 そして、アトラースを挟んだ向こう側には銀色の髪のオラトリオを先頭に、アトラース内部へ侵入するための仲間達の姿も見え……十六人のケルベロスが揃うのとほぼ同時にアトラースのあらゆる砲門がケルベロス達へ向けられる。
「構えろ!」
 そして次の瞬間にはミサイルや砲弾が打ちはなたれ、前衛に居たムギ達の体を直撃する。
 咄嗟に後ろへ下がる事も考えるが、道を切り開いてくれた仲間達の事を思えば引く訳にはいかない、引いてしまえば偽筋になってしまう。
「俺の筋肉を舐めるなぁあああ!」
 もうこの場所にスチームギアは居ない。惹きつけを買ってくれた仲間達が上手くやっているのだろう……その事に感謝をしつつ、存分に暴れられるぜとムギは咆哮を上げながら降り注ぐ砲弾の中を突き進み、その後を追うように眸とウルトレス、それからアウレリアが続く。
 そして一頻りの砲撃が過ぎ去った後……もうもうと立ち上る煙の向こうを見据えれば、同じように砲撃を受けた内部侵入班の面子が見え、
「こちらは中に入ります。お互い頑張りましょう」
 黒髪のサキュバスが声を掛けてくる。
 こちらもそうだが内部侵入班も今のアトラースの攻撃で大きな傷を負ったものは居ないようだ。であるなら作戦は続行、計画通りに事を行うのみ。
「ええ、こちらは任せてください」
 あかりが作り上げた雷の壁が自分達の傷を吸い取るように電撃を這わせるのを感じつつ、ウルトレスはアトラースを見上げて誰へともなく言い放ち、
「スクラップにしてやる」
 前衛の後に続いてアトラースの正面に向かって駆けながらキルロイが忌々しげに呟く。
「番犬様の御成りだ。歓待しろよ、巨神」
 そして、アトラースの正面まで移動した一太は、両手を胸の前に組んで――大見得を切ったのだった。


 アトラース正面へ移動したムギ達に対して、アトラースは全ての砲門を向けてくる。
「さア、始めよウ」
 砲門の一つ一つが人の体よりも大きいそれらを真っ向から受けるように眸は構え……次の瞬間、大量の砲弾が眸達に向けて降り注ぐ。
 降り注ぐ砲弾は見切れないほどの速度ではない。眸達は砲弾の直撃は何とか避けるものの……直撃を避けたところで砲弾は地面を抉り、衝撃の余波で眸達の体を揺らす。
 何重にも重なる衝撃は確実に眸達の体力を奪い、アトラースの砲身が熱で真っ赤に染まり砲撃が止むころには地面に槌目のような模様ができていた。
「後ろは僕に、任せて」
 だが、その中にあっても誰も倒れはしない。
 あかりが蔦の葉のようにも見えるごく細い鎖を振るうと、小さな音を鳴らしながら鎖が地面に味方を守護する魔法陣を描く。描かれたあかりの魔法陣から光があふれ、光は前線に立つ仲間達の傷を癒していく。
「ありがとう。行く、ね」
 その光を受けたアウレリアは、自分を守るように覆いかぶさっていた眸のビハインドであるキリノへ小さく礼を述べてからアトラースへ向けて矢のように駆ける。
 そして駆けた勢いのに任せて飛び上がると、鳥の留具のアンクルストラップに流星の煌めきと重力を宿してアトラースの脚へ叩き込む。
 アウレリアが蹴りを叩き込んだ瞬間、アウレリアの体よりも遥かに大きなアトラースの脚が振動し、
「さあ、一緒に壊れようぜ」
 その様を愉快そうに笑いながら広喜が青い光をアトラースへ放つ。
 青い光は回路のようにアトラースへ伸びて……そのまま表面を侵食し、強力なジャミングを引き起こす。単純で逃れ難いただ一つのコマンドは、破壊への欲求。
 怒りに震えるように巨躯を振動させるアトラースから蹴った反動を利用してアウレリアが後ろへ飛び、アウレリアが戻ったところでウルトレスが己のグラビティで小型治療無人機の群れを操り、味方を警護させる。
 ウルトレスが作り出した小型治療無人機がムギ達の前で回転するとその傷を癒し、ムギは喰霊刀が捕食した魂のエネルギーを広喜へ分け与えて集中力を高めてやる。
「勇なル者に、力ヲ」
 さらに眸は、柔らかな緑の細かな装飾に煌めく日長石が揺れる黄金の弓を構え、妖精の祝福と癒しを宿した矢をキルロイへ放つ。
 放たれた矢はキルロイの目の前で弾けると、光となって降り注ぎ敵の呪的防御を破る力を与え、
「砕けろ」
 力を得たキルロイは砲撃形態に変形させたドラゴニックハンマーから竜砲弾を放つ。放たれた竜砲弾はアトラースの胴体に直撃し、その巨体を振動させる。
「罰に慄け。獄卒の眼が咎を捉え、獄炎の鎖が罪を捕う」
 振動するアトラースの脚に、一太は自身から噴き上げた地獄の炎を変質させた鎖を打ち据える。それからその鎖を引くと、地獄の鎖はアトラースの脚を絡めとった。

 一太やアウレリアに脚をとられ若干動きにくそうにしつつもアトラースは再び全ての砲門をケルベロス達へ向ける。
 その砲門が自分を向いている事に気付いた広喜は火山岩のように降り注ぐ砲弾を前に、
「良いぜ、かかって来いよ」
 挑発的な言葉を吐いて、激しく降り注ぐ砲弾を広喜は器用に避ける。
 とは言え砲弾の数は多く、避けきれない着弾の余波も出てくるが……それは広喜の前に立った眸が代わりに受け止めた。
「大丈夫、まだ支えられる」
 そして衝撃で思わず片目を瞑った眸の更に前にあかりが雷の壁を展開し、守りと癒しを与えていく。
 癒される眸へ一瞬目配せをした後、あかりの雷の壁をすり抜けるように走った広喜が腕部換装パーツ伍式から釘を生やしながらアトラースの外装を蹴って駆け上がり、その後ろを追うように眸とアウレリアも走り出す。
 眸は肘から先を内蔵モーターでドリルのように回転させ、威力を増した一撃をアトラースの脚へ叩き込み、続けざまにアウレリアが音速を超える拳を同じ場所にねじ込む。
 眸達が脚を叩くと同時に鈍い金属音が周囲に響き……おまけとばかりに広喜がアトラースの頭部へ腕部換装パーツ伍式をフルスイングすると、金属が反響する不愉快な音がアトラースから漏れだした。
 不愉快な音を漏らしながら自分を見つめるアトラースの顔を蹴って広喜が後ろへ飛ぶと、入れ替わるように凍結光線がアトラースの頭部を直撃する。
 三回ほど後ろへ回転してから着した広喜が凍結光線の出所を探れば、そこにはベースギターを構えたウルトレスの姿があり、一太が敵のグラビティを中和し弱体化するエネルギー光弾を発射する姿が見えた。
 一太が発射した光弾は違わずアトラースの胴体へ命中し、光弾に追走して駆けたムギが杭に雪さえも退く凍気を纏わせてアトラースの脚へ突き刺す。
「あばよ」
 ムギの一撃でアトラースの脚に霜が這う中、キルロイは極限まで高めた集中力を用いてアトラースの胴体……頭部との付け根あたりを魔弾で打ち抜いた。


 幾度目かの集中砲火が降り注ぐ。
「何回も、くらわないの」
 だが、砲弾の雨はウルトレスが作り出した小型治療無人機とあかりが築いた護衛の魔法陣が盾となった事もあり、アウレリア達を捉える事もできず、
「お返しだ」
 アウレリアが数多の光を宿す白銀の杖からほとばしる雷をアトラースへ放ったのと同時に、ウルトレスもベースギターをかき鳴らし……それをトリガーにしたようにアームドフォートから主砲を一斉発射する。
 雷光と弾丸の雨がアトラースの胴体を直撃し、キルロイの尋常ならざる美貌の放つ呪いがアトラースの体を縛り、
「おまけだ。受け取って置け」
 一太が惨殺ナイフの刀身に、アトラースの姿を映し出し……忘れたいと思っているトラウマを具現化した。
 アトラースが何を見たのかそれは分からないが、アトラースが思わず後ずさるように身を引いて――。

 遠くに見えるアトラースの姿が揺らぐ。
 それを見たスチームギア達は狼狽えて、アトラースのもとへ駆けつけようとするが、
「どこに行くの……」
 右脚の地獄の炎を周囲へと激しく撒き散らしながら霧崎・天音がスチームギア達の前に立ちふさがり、
「僕たちを置いていくなんてさみしいじゃないですか」
 ジェミ・ニアは縛霊手の掌から巨大光弾を放って狼狽えるスチームギアを消し炭に変え、ナザク・ジェイドが内なる狂気と呪詛を雨のように降ら広範囲を汚染する。
「music……start」
 さらに茶色い髪の女性が無表情に戦いの歌を響き渡らせる。
 立ちふさがるケルベロス達を前に、スチームギア達は認識せざるを得なかった……自分達は嵌められたのだと。

 体勢を崩したアトラースの腹部……そこから内部侵入班が入っていくのが見える。おそらく外装の破壊に成功したのだろう。
「大詰めだ、集中するぜ!」
 それを見たムギは仲間達が入って行ったのと逆側へ突撃し、アトラースの脚へ喰霊刀を捻じ込む。
「ここはヒトの土地だ。返してもらおウか」
 ムギは捻じ込んだ喰霊刀を触媒に呪詛でアトラースの魂を汚染し、その横で眸は地獄の炎弾を放つ。放たれた炎弾はアトラースの胴体へ直撃し、その生命力を喰らう。
 次々と攻撃を繰り出す眸達が踏みしめる地面……眸が言うところのヒトの土地にあかりは味方を守護する魔法陣を展開しつつ、この広場の入り口へ視線を向ける。
 どうやらスチームギアは来ない。きっとサポートに来てくれた仲間達が上手く抑えているのだろう……そしてその仲間達の中、突入の間際に見えた黒豹の男を想い、微かに耳を揺らす。
 無表情なあかりにアウレリアは目を細め、それから倭を持つ手に力を籠めると、倭を伸ばして真直ぐにアトラースを突いた。
 手に伝わる金属を打つ感触……だがアトラースは動じる様子もなく、脚を蜘蛛のように動かしてアウレリア達との位置を調整しようとしている。
「聴かせてやる。音楽ってのは、時にそれ自体が凶器になる――」
 そんなアトラースに対し、ウルトレスはベースギターから発生させたノイズを発生させる。発生させたノイズはウルトレスの体の中にあるアンプで最大限に増幅され……指向性スピーカーによりアトラースの頭部へ一点集中させる。
 その音は黒板を引っ掻くような不快な音で……アトラースの脚が震えて止まった。
「てめえと俺、どっちが先に壊れんだろうなあ」
 脚を止めたアトラースに対して広喜は再び青い回路状の光を伸ばして浸食し、強力なジャミングを発生させた。
 浸食したのは広喜の光だけではない、その内部にはアトラースにとって猛毒とも言える仲間達が侵入しているのだ……壊れるのは時間の問題。だとすればどっちが先に壊れるのだろうかと、広喜は楽し気に笑った。

 キルロイの凍結光線がアトラースの胴体へ命中し、一太の魔法光線が蠢く脚を捉える。
 繰り返される攻撃はアトラースの体力を確実に蝕み、念入りに塗りたくられる氷や麻痺によってその動きを鈍化させていく。
 一方、あかりに支えられる眸達は、危なげなくアトラースの攻撃を凌いでいた。
「――さあ、いって」
 何度目かに繰り出されたアトラースの足払いが広喜に当たる寸前、その脚をパイルバンカーで受け止め上方にいなしたムギに、あかりはすかさず、影から自分が最も心の支えとしている造形――大きな黒豹を作り出して放つ。
 黒豹は戦場を駆け回り、凛々しく優美な姿とふわふわの尻尾の感触でムギ達に力を与えた。
「――行かせない」
 あかりの黒豹が消えると同時に、アウレリアは祈るように両手を合わせる。
 するとアウレリアを中心に白い花畑が広がり、続いてアウレリアの前方上空から光が溢れる。溢れる光は花々を照らし――つかまえてとアウレリアが命じた柔らかな聲に揺れて……次の瞬間には白い花が散り、舞い散る花弁の中から現れた幾筋もの蔦がアトラースの体を捉える。
「鉄屑になれ」
 アウレリアの蔦に絡まれたアトラースの胴体を、キルロイが再び魔弾で打ち抜くと……アトラースの体が震えだした。
「警戒してください」
 何か奥の手があるのではないかとウルトレスは警戒するが、次の瞬間アトラースの上部が爆発して――。

「俺たちの勝利だ!」
 上部が吹き飛び、活動を完全に停止したアトラースを前に、キルロイ達は一瞬硬直していたが、吹き飛んだ上部……残った足場に突入した仲間達の姿を見つけたムギが両手を上げて勝利を宣言する。
 外部からアトラースを惹きつけていたムギ達に撃破の手応えは無いかもしれない。
 だが、始めから終わりまで徹底した意思の統一のもとに行われた作戦は見事にはまり、常に先手を取り続けた結果、この場にいるデウスエクスに事実上何もさせずに勝利する事ができたのだ。
 前回の不始末の返上は十分になされた……ウルトレスは小さく息を吐き、
「おつかれさん」
 その様子を見た一太もまた肩の力を抜いた。
「出迎えよウ、盛大に」
 それからアトラースの上で手を振る仲間達の姿を見た、眸が少し柔らかな声でそういうと、
「ああ、そうだな!」
 広喜は豪快に手を振り……一行は各々の方法で、仲間達を出迎える事にした。

作者:八幡 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2019年1月11日
難度:難しい
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 8/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 0
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。