東京六芒星決戦~暗闇へと手を伸ばせ

作者:土師三良

●音々子かく語りき
「おはようございまーす!」
 ヘリポートの一角に並ぶケルベロスたちの前にヘリオライダーの根占・音々子が現れ、元気よく挨拶した。
「クロム・レック・ファクトリアの破壊、ディザスター・キングの撃破、暴走者の救出……諸々お疲れだとは思いますが、もう一働きお願いします。アビス・ゼリュティオ(輝盾の氷壁・e24467)ちゃんや阿賀野・櫻(アングルードブロッサム・e56568)ちゃんの調査によって、死神どもの新たな動きが判明しましたので」
 最近、死神による事件が多発しているが、音々子が言うところの『新たな動き』はそれらが集約された儀式であり、とても大規模なものだという。
「それがまた本当に大規模な儀式なんですよ。死神どもだけじゃなくて、エインヘリアルの第四王女レリの軍団も一枚噛んでますし、おまけに十字島のドラゴン勢までもがなにやら不穏な動きを見せているんですから。で、肝心の儀式についてですが――」
 ――死神たちは都内の六箇所で同時に儀式をおこなおうとしている。その六箇所というのは築地市場、豊洲市場、国際展示場、お台場、レインボーブリッジ、東京タワー。それらを直線で結んで二つの三角形を描けば、晴海埠頭を中心にした六芒星ができあがるだろう。
 ケルベロスの各チームは六つのエリアのうちのいずれかに攻め込み、儀式の阻止を目指すこととなる(もっとも、一箇所でも儀式を阻止できればいいというわけではない。死神の目的を完全に挫くためには、すべてのエリアで儀式を阻止しなくてはいけないのだ)。
 各エリアでは『ネレイデス』という名の一団の幹部が儀式をおこなっており、更に別の死神たち(一部のエリアではエインヘリアル)がその護衛をしている。そして、エリアの外縁部では数百体もの戦闘力強化型下級死神『ブルチャーレ・パラミータ』と『メラン・テュンノス』が侵入を阻むべく回遊しているらしい。
「儀式を阻止する手段そのものはすごく単純ですよ。『ネレイデス』の幹部を攻撃してダメージを与えればいいだけです。幹部は儀式に集中しているんですが、少しでもダメージを被れば、集中が途切れて儀式は失敗に終わるはずでーす」
 予知によると、儀式が失敗した場合、幹部は撤退を開始するという。儀式の中断から七分後には、生き残っているすべて死神の戦力が戦場から去る。
 つまり、幹部を倒したければ、その七分の間に仕留めねばならないということだ。とはいえ、幹部は強敵である。しかも、儀式場内部では更に戦闘力が強化される上に、その時点で生き残っている護衛たちの相手もせねばならないし、外縁部の『ブルチャーレ・パラミータ』や『メラン・テュンノス』たちが増援として殺到してくる可能性もある。単独のチームで幹部を倒すのは難しいだろう。
 もちろん、幹部を無理に倒す必要はない。儀式を阻止さえすればいいのだから、『幹部にダメージを与えて即退散』という作戦も有効だ。
「でも、幹部どもが生き残ったら、今回みたいな事件がまた引き起こされるかもしれませんから、どちらかというと撃破していただくのが望ましいです。あ! だからといって、無茶は厳禁ですよ! 無事に帰還するまでが任務ですからねー!」
 先生じみた語調で注意を促した後、音々子は作戦の概要をまとめた。
「では、儀式を阻止するためのステップを整理しますねー。ステップその一、エリア外縁部にいる『ブルチャーレ・パラミータ』&『メラン・テュンノス』の群れを突破。敵は数百体もいますけど、広い範囲に満遍なく散らばっていますから、突破の際に相手をするのは多くても十匹くらいでしょう。
 ステップその二、エリア内にいる幹部にダメージを与えて、儀式を中断させる。ただし、幹部の周りには護衛たちがいますので、そう簡単には手出しできないかもしれません。
 ステップその三、儀式を中断させることができたら、七分以内に幹部を倒す、もしくは速やかに撤退する。なお、『ブルチャーレ・パラミータ』&『メラン・テュンノス』は侵入者のことは警戒していますが、エリアから出ていく者は基本的に放置するようですから、撤退はそんなに大変じゃないと思います」
 続いて、音々子は各エリアの敵の編成をケルベロスに伝えた。
 築地市場にいる『ネレイデス』の幹部は『巨狼の死神プサマテー』。護衛を務めるのは『炎舞の死神アガウエー』と数十体の屍隷兵『縛炎隷兵』。
 豊洲市場の幹部は『月光の死神カリアナッサ』。護衛は『暗礁の死神ケート』と数十体の屍隷兵『ウツシ』。
 国際展示場の幹部は『名誉の死神クレイオー』。護衛は『無垢の死神イアイラ』と数十体の屍隷兵『寂しいティニー』。
 お台場の幹部は『宝冠の死神ハリメーデー』。護衛は『星屑集めのティフォナ』と数十体の擬似竜牙兵死神『パイシーズ・コープス』。
 レインボーブリッジの幹部は『約定の死神アマテイア』。護衛は死神ではなく、エインヘリアルの『第四女レリ』と彼女に仕える『沸血のギアツィンス』と『絶影のラリグラス』および十人ほどの『白百合騎士団』の一般兵。また、他のエリアと違い、外縁部を警備しているのも『白百合騎士団』の一般兵である(彼女らは三人ほどの小隊で行動しているので、突破の際に戦う人数は三人もしくは六人程度だろう)。
 東京タワーの幹部は『宵星の死神マイラ』。護衛は『黒雨の死神ドーリス』と数十体の下級死神『アメフラシ』。
「儀式の阻止だけを狙うなら、すべての護衛を相手取る必要はありません。でも、幹部の撃破を目指すのであれば、護衛も撃破するか、あるいは幹部から引き離すべきですねー。まあ、幹部を倒すかどうかの判断は皆さんにお任せしますが――」
 音々子は人差し指を立てて声を張り上げた。
「――さっきも言ったように、無事に帰還するまでがケルベロスの任務なんです! それだけは決して忘れないでくださーい!」


参加者
青葉・幽(ロットアウト・e00321)
大弓・言葉(花冠に棘・e00431)
タクティ・ハーロット(重喰尽晶龍・e06699)
ヒマラヤン・サイアミーゼス(カオスウィザード・e16046)
フェルディス・プローレット(すっとこどっこいシスター・e39720)
エドワード・リュデル(黒ヒゲ・e42136)
木恒・赤成(ソラエスグリミスタ・e60902)

■リプレイ

●猛女の闘志は熱く
 四十人の男女がレインボーブリッジを駆けていた。
 芝浦口で白百合騎士団を蹴散らし、あるいはすり抜けてきたケルベロスたちだ。
「さあ、ここからなのです。気合いれていくのですよ!」
 猫の人型ウェアライダーであるヒマラヤン・サイアミーゼス(カオスウィザード・e16046)が活を入れた。ともに走る者たちに。そして、自分自身に。
 後にしてきた芝浦口では八人の仲間が騎士団を足止めしている。台場口でも別の仲間たちが騎士団と戦っているだろう。彼らの奮闘を無にせぬためにも死神の儀式を絶対に阻止しなくてはいけない……と、決意を新たにするケルベロスたちの視界に敵軍の姿が入ってきた。
 四人の騎士を従えたエインヘリアルの戦士。
 その名も『沸血のギアツィンス』。
「先触れは引き受ける。R/D-1、重力装甲展開」
 全身を装甲に包んだレプリカントが更に不可視の装甲を展開し、ギアツィンスに突進した。彼と同じチームに属する者たちも後に続く。
「貴様ら……いや……また貴様らか、ケルベロス!」
 チームの一人(ライドキャリバーに乗って下層の歩道から飛び出してきた少女だ)を衝撃波で打ち倒し、ギアツィンスは怒号した。
 並の者ならば、それを聞いた瞬間に戦意を喪失してしまうだろう。
 しかし、『並の者』ならざるチームの面々は怯むことなく、ギアツィンスに次々と攻撃を加えていく。
 彼らに後を任せ、他のケルベロスたちは橋の中央を目指して走り続けた。
 その行く手に第二の障壁が立ちはだかった。
『絶影のラリグラス』の名を持つエインヘリアルだ。ギアツィンスと同じように四人の騎士を従えている。
 もちろん、ケルベロスの対応も先程と同じ。八人からなるチームがラリグラスたちに向かった。
「先に行って。そっちは任せるから」
 白髪の少女が跳躍し、騎士の一人に蹴りを浴びせた。
「おう、頼んだのだぜ!」
「任せてください。死神の儀式、必ず阻止してきます!」
 人派ドラゴニアンのタクティ・ハーロット(重喰尽晶龍・e06699)と紫の髪のレプリカントが少女に答えた。
「任せて! ここでの儀式は止めるし、なんなら死神を叩き潰しもする!」
 と、ピンクの髪の少女も声を張り上げた。
「私たちのすべての力をもってして!」
(「そうさ。死神どもの儀式は止めてみせる。もっとも――」)
 少女たちとともに走りながら、獣人型ウェアライダーの木恒・赤成(ソラエスグリミスタ・e60902)が声に出さずに独白した。
(「――俺らが戦う相手は死神じゃないけどな」)
 赤成の足が止まった。
『戦う相手』が現れたのだ。
 エインヘリアルの第二王女レリと、その左右に立つ二人の騎士。
 それは第三にして最後の障壁だった。彼女たちの後方では、『約定の死神』ことアマテイアが儀式をおこなっている。
「ここまでだ、ケルベロス」
 と、レリが静かに告げた。
「白百合騎士団の守りを突破したことは褒めてやるが、そ……」
「うわっ! なにあれ!?」
 レリの語りに割り込んだのはフェルディス・プローレット(すっとこどっこいシスター・e39720)。わざとらしく目を剥き、驚きと嘲りの表情をつくっている。
「どこからどう見ても、鎧を纏ったゴリラじゃん! そんなゴツいナリしてるくせに自分の手下たちのことを『白百合なんちゃら』とか呼んじゃってんの? 乙女ぶってんじゃねーよ!」
「貴様ぁ!」
「レリ様を愚弄するか!?」
 二人の騎士が気色ばみ、槍を突き出した。
 一方、当のレリは悠然と構えている。
「稚拙な挑発はやめよ。私は武人。故に戦場で平常心を失うことなど決して……」
「だけど、おまえの手下は思いっきり平常心を失っていたでござるよぉ」
 またもや割り込んだ者がいる。
 エドワード・リュデル(黒ヒゲ・e42136)だ。
「ほら、あのミュゲットとかいう奴のことでござる。ぎゃあぎゃあ泣き喚いて、実に情けない死に様でござった。あいつだけじゃなくて、ここに来るまでに拙者らが倒したザコどもも無様でご……」
 エドワードの声が途切れた。
 今度はレリのほうが割り込んだのだ。
 剣を構えて突進するという形で。
 素早く、そして、優美な動き。その姿はフェルディスが言うところの『鎧を纏ったゴリラ』からは程遠い。
 体長が二メートルを超えていることを無視すれば。
「使命に散った者たちを嗤うなぁぁぁーっ!」
 この激しい咆哮も無視すべきかもしれない。
 可憐なる『鎧を纏ったゴリラ』はたちまちのうちに間合いをつめると、成人の背丈ほどの長さを有した大剣で上向きの弧線を描いた。
「おっと!?」
 慌てて飛び退ろうとしたエドワードであったが、地を蹴る前に体が宙を舞った。大剣に斬り裂かれると同時に打ち上げられたのだ。
 半秒後、彼の体は地面に落ちた。だが、大きなダメージを受けたにもかかわらず、その顔には会心の笑みが浮かんでいる。
「予想どおり。こういう輩は、自分よりも――」
 笑みを浮かべたまま、エドワードは立ち上がった。
「――大切な部下たちを侮辱されたほうが堪えるようでござるな」
 ミュゲットの死に様をエドワードは実際に見たわけではない。レリもエドワードの話を真に受けたわけではないだろう。しかし、部下思いの彼女にとって、真実か否かは問題ではない。いや、虚言だからこそ、怒り狂ったのかもしれない。
 レリに少し遅れて、二人の騎士もエドワードたちに襲いかかってきた。もっとも、『エドワードたち』というのはすべてのケルベロスではない。レリと騎士たちが怒りに我を忘れている間に十六人のケルベロスがアマテイアのもとに向かっている。
 レリたちの前に残ったのは八人。
 そのうちの一人であるオラトリオの大弓・言葉(花冠に棘・e00431)が――、
「ほらほら、どこ見てんの? よそ見してる間に大事な部下が倒れちゃうわよー」」
 ――騎士たちの頭上を飛び越え、レリにスターゲイザーを見舞った。

●賢女には程遠く
 蹴りが命中したにもかかわらず、言葉の表情は冴えなかった。部下を人質に取るかのような挑発に自己嫌悪を覚えたからだが、理由は他にもある。
 レリの態度が腑に落ちないのだ。
「『よそ見してる間に』なんて言ってみたけど……ぜっんぜん、よそ見してないよね」
「はい。こっちをガン見してるのですよー」
 獣毛で装飾された九尾扇を振り、ヒマラヤンが自身のジャマー能力を上昇させた。
 彼女の言うとおり、レリの怒りの眼差しはケルベロスたちに向けられている。アマテイアに迫る十六人の刺客のことは眼中にないらしい。
「拙者の挑発は効果覿面だったようでござるな」
 エドワードがレリに突進し、先程のお返しとばかりにチェーンソー斬りを浴びせた。
「そうかな? 挑発の効果だけじゃないような気がする」
 エドワードの攻撃に合わせて、青葉・幽(ロットアウト・e00321)がアームドフォート『Pterygotus』から焼夷弾をばら撒いた。
「そうですね。なんだか、最初から儀式に頓着してないように見えます」
 と、同意を示したのはソールロッド・エギル(々・e45970)。だが、彼はレリの態度に対する違和感をとりあえず心の隅に押しやり、『英雄の詩』を歌い始めた。異常耐性を付与する即興の歌。
「まあ、敵がどんな思惑を抱いていようと――」
 フェルディスがアリアデバイスを手に取った。
「――私が皆を支えてみせます!」
 そして、ソールロッドに続いて歌声を披露した。曲目は『想捧』。
 二人の歌の恩恵を受けた者たち――タクティ、彼のサーヴァントのミミック、ボクスドラゴンのぶーちゃんが次々とレリに攻撃を加えた。タクティはファナティックレインボウで怒りを付与し、ミミックはガブリングで動きを鈍らせ、ぶーちゃんは(レリの怒気に怯えて涙目になりながらも)ボクスブレスを浴びせて状態異常を悪化させていく。
「歌は良いが、その匂いはなんとかならないのか?」
 赤成が『悪夢染め』なるグラビティをレリに仕掛けた。彼が言うところの『その匂い』とは、フェルディスの修道服から漂う磯の香り。ダモクレスの海底基地で繰り広げられた激闘の名残りだ。
「匂いはどうにもできないが、歌声は止めてやろう。息の根と一緒にな!」
 レリは『悪夢染め』をいとも簡単に躱し、斬撃を放った。『歌声は止めてやろう』と宣言しながらも、標的となったのは歌声を紡ぐ二人ではない。怒りを付与したタクティだ。
「少なくない部下を亡くしてるんだから、そうやって感情的になるのも当然なのだぜ」
 魔人降臨を発動させるタクティ。その前面に光の盾が生まれた。ヒマラヤンのマインドシールドだ。
「でも、だからといって、部下をサルベージするために死神なんかに与するのはどうかと思うのだぜ」
「そうよ」
 タクティの肩越しに幽がフロストレーザーを発射した。
「死んだ部下たちが死神の手駒になることを望んでいるとでも思うの?」
「はぁ? 勝手な妄想を並べるなぁーっ!」
 柳眉を逆立てるレリ。怒りのあまり、レーザーが命中したことにも気付いていないようだ。
「ミュゲットたちの死はなによりも悲しいが……いや、悲しいからこそ、サルベージなどするわけないだろうが! 亡き部下を手駒として死神に差し出すつもりなどないし、私自身が手駒になるつもりもない!」
「でも、現にこうして死神に協力してるのですよ?」
 と、ヒマラヤンが指摘した。
「好き好んで協力しているわけではない! 私はお姉様の策に従っているだけだ!」
「『お姉様』というのは第二王女のことですよね。なぜ、彼女はここで貴方と肩を並べて戦っていないのですか?」
 ソールロッドが尋ねた。同情の意を込めた声で。部下との絆を大事にするレリに対して、彼は幾許かの敬意を抱いているのだ。
 その問いにレリが答えるより早く、エドワードが口を開いた。
「きっと、第二王女はこの脳筋王女を見捨てたのでござるよ」
「違う!」
 レリは大声で否定した。
「お姉様には、私には想像もつかない深謀遠慮があるのだ!」
「それって、シンボーエンリョのせいで捨て駒にされちゃう人の常套句だと思うの……」
 言葉が呆れ顔で呟いた。

●王女は意気高く
 戦端が開かれた時からずっと、ケルベロスたちはじりじりと後退していた。レリをアマテイアから引き離すため……なのだが、その意図がなかったとしても、後退しながら戦うことになっていただろう。
 それほどまでにレリの攻撃は苛烈だった。
 もっとも、攻撃だけに注力しているわけではない。二人の騎士にヒールを施すこともあった(騎士たちがヒールを用いることもあった)。そのため、騎士たちはまだ倒れていない。
 一方、ケルベロス側は盾役を務めていたミミックが消滅している。
 そして、今また――、
「……おっ!」
 ――レリに幾度か怒りを付与した(しかも、ジグザグで増加されている)タクティが強力な反撃を食らい、戦闘不能に陥った。彼の名誉のために付け加えておくと、『おっ!』という叫びは悲鳴や苦鳴ではなく、傷を癒すためのシャウトである。叫び切る前に倒されてしまったが。
「……さすが、エインヘリアルの王女。頭は弱いけど、腕っぷしは強いんだぜ」
 と、意識を失う前にタクティは呟いた。声に悔しさが滲んでいないのは、ミミックとともに盾役の任を果たしたという自負があるからだ。
「すいません。『皆を支える』って言ったのに……」
 タクティに詫びた後で、フェルディスがまた『想捧』を歌い始めた。その歌声に合わせてウイングキャットのヴィー・エフトが皆の頭上を舞い、清浄の翼をはためかせる。
「いや、充分に支えてるさ」
 赤成が愛拳『D.U.C.K』を騎士の一人に向け、ゼログラビトンの光弾を撃ち込んだ。
「俺たちは既に勝ってるんだからな」
 そう、ケルベロスは勝利を収めていた。儀式は数分前に中断を余儀なくされたのだから。橋の中央に向かった十八人がアマテイアにダメージを与えたことによって。
 しかし、戦いが終わったわけではない。アマテイアはまだ健在だったし、なによりもレリたちが――、
「――撤退する素振りを見せないわね」
 首をかしげながら、幽がレリと騎士たちにナパームミサイルを発射した。
「儀式の中断後に撤退するのは死神たちだけで、エインヘリアルの軍勢は戦場に残る……ということなのでしょうか? 残ったからといって、メリットはないような気がしますけど」
 同じように首をかしげつつ、ペトリフィケイションの光線を発射するソールロッド。
 そもそも、このレインボーブリッジという戦場について、ケルベロスたちは多くの疑問や違和感を抱いていた。なぜ、他の五箇所に比べて戦力が厚いのか? なぜ、その厚い戦力を構成しているのがエインヘリアルなのか? なぜ、アマテイアは(第二王女と繋がりがあったと思わしき)あの『夢幻楼』ハイズラーンと同じ姿をしているのか?
 それらの答えを見い出せぬまま、皆は戦い続けた。
 そして――、
「あと少し……あと少しなのですよ……」
 ――仲間の傷を癒しながらヒマラヤンがそう呟いている間に『あと少し』が過ぎ去り、終焉の時が来た。
 アマテイアがとどめを刺されたのだ。
 彼女の最期の述懐が風に乗って聞こえてきた。
「死者の泉を掌握し、シャイターンを統べる……妾(わらわ)の野望が……」
 その声はレリの耳にも届いているはずだが、彼女は眉一つ動かさない。もちろん、撤退もしなかった。
 逆にケルベロスたちは撤退せざるを得なかった。数分もしないうちに芝浦口と台場口から生き残りの騎士が押し寄せてくるだろうし、その援軍がなかったとしても現状の戦力だけでレリたちを倒せる見込みはない。
 ギアツィンスやラリグラスと戦っていたチームは既に走り始めていた。唯一の退路――橋の縁に向かって。
 レリの相手をしていたケルベロスたちも後に続いた。
「貴方にとっては、どうでもよかったのね? アマテイアの生死も、儀式の成否も……」
 幽が足を止めずに振り返り、レリに問いかけた。
「当然だ」
 肩をそびやかすようにしてレリは答えた。幽たちを追撃するつもりはないらしい。勝者の余裕か。

「お姉様が私に託した使命はこの地を制圧すること。そう、『虹の橋』の名を持つこの地を! 私はそれを果たした!」
「偉そうに勝ち誇ってるけど、あの脳筋王女は絶対に気付いてないでござるなぁ」
 タクティを背負って走りながら、エドワードが苦笑した。
「うん。気付いてないわね」
 と、言葉が頷く。
「第二王女に上手く乗せられているというか、利用されてるというか、ぶっちゃけ騙されてるということに……」
 ケルベロスたちは縁に到達すると、迷うことなくダイブした。
「はぁー……」
 急接近してくる海面を憂鬱そうに見ながら、フェルディスが溜息をついた。
「修道服がまた磯臭くなっちゃうよ」
 そして、人数分の水柱が上がった。

作者:土師三良 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2018年11月22日
難度:普通
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 5/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 3
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。