クロム・レック決戦~水底の光となれ

作者:林雪

●拠点情報
「クロム・レック・ファクトリア探索チームからの報告が届いたよ。探索班のレクシアさんとレスターさん……そのふたりが暴走、行方不明っていう厳しい結果ではあるけど……」
 ヘリオライダーの安齋・光弦は、チームを送り出した身として、やはり責任を感じる部分があるらしい。曇りかける表情を押し隠して説明を始める。
「そこまでして持ち帰ってくれた貴重な情報、必ず生かそう!」
 まずは伊豆諸島海底部・海底熱水鉱床の資源の多くが、ダモクレス勢力に奪われていたという事実が判明。
「この採掘に当たったのが『クロム・レック・ファクトリア』で、その護衛の任についているのが……、ディザスター・キング率いるディザスター軍団。探索チームが交戦したから間違いはなさそうだ。あのディザスター・キングが直接防衛指揮をとっているということは、『クロム・レック・ファクトリア』が、ダモクレス全軍にとって相当重要な役割を果たしていることは疑いようがないね」
 そして、と光弦が短く間を開けて言葉を次いだ。
『もう一基の拠点ダモクレス『バックヤード』の存在が確認されている。バックヤードの詳細は不明だけど、その形状は巨大な『環状の門』に見えたという話だ。そこから推測するに、バックヤードの役割は『魔空回廊を利用し、採掘した資源を何処かへ輸送』することなんじゃないか、と考えられるよ」
『バックヤード』の戦力としては探索チームを襲った手型の他に、二本の腕型の巨大ダモクレスが確認されている。
「恐らくこの二本の腕がバックヤードへの侵入者を排除する守備の要だね。バックヤードそのものの指揮をとっているのは『五大巧』と呼ばれる指揮官ダモクレスだ。五大巧ってくらいだから、多分五体の、それもかなり有力な連中が集まってると考えて良さそう」
 敵の戦力が具体的に推し量れない状態ではあるが、ひとつ確実なのは、クロム・レック・ファクトリアの採掘した資源量が膨大なものであるということ。
「概算だけど『ここ数年のダモクレスの侵略に必要な資源』の過半は、クロムレックで採掘されたと考えて間違いない規模だよ。ここを撃破出来れば、ダモクレスたちは大打撃を受けることになる」

●クロム・レック・ファクトリア破壊作戦
 とは言え、ケルベロスの探索チームに拠点を暴かれた以上、敵も黙ってこちらを待ってはいない。
「『クロム・レック・ファクトリア』は移動の準備を始めてる。遅くても一週間以内には移動を開始する、というのが現状の見立てだよ。もう時間がない。伊豆諸島海底からクロムレックが姿を消してしまえば、探索チームの払った犠牲は全て無駄になってしまう」
 拠点が移動する前に内部に潜入し、速やかにクロム・レック・ファクトリアを破壊しなくてはならない。
「簡単な作戦じゃない。内部に潜入してディザスター軍団の防衛網を突破、更にファクトリアの中枢に侵入して、中枢部を破壊しなきゃならない。そしてそこを守っているのは、あのディザスター・キングだ。それ以外のダモクレスらも恐らくは大移動の為の時間を稼ごうと決死の防衛を行ってくるに違いない。……激戦になる予測しかない。危険な作戦だ、でも」
 みんなの力を貸して欲しい。ケルベロスたちの顔を見据え、あえて光弦はそう言い切ると、クロム・レック・ファクトリアの概要図をモニターに示した。
「クロム・レック・ファクトリアの外周部には29箇所の資源搬入口があるんだ。そこからなら内部に潜入する事が出来る。でも、全ての搬入口が中枢に続いているとは限らない。残念ながらそこまでは特定出来てないんだ」
 ディザスター・キングは、中枢に繋がる搬入口とそれ以外の搬入口、全ての入り口に等しく警備を配備することでどこが重要な通路なのかを一見では判別出来ないようにする作戦をとっている。
「まあ一箇所だけ手厚くしたら、そこが重要ですって言ってるようなもんだから……さすがディザスター・キング。配慮が細かい。つまり僕らケルベロス側も、戦力を分散させてひとつひとつの搬入口を当たっていくしかない。中枢に繋がる搬入口も、たんなる通用路も、全て等しくディザスター軍団のダモクレスたちが固く守ってるみたいだから、実際入ってみるまで何もわからないってことだね」

●防衛部隊
「クロム・レック・ファクトリア内部には、ディザスター軍団のダモクレス防衛部隊が展開していることが予想される。何せ地の利は向こうにあるからね……隠し部屋からの奇襲攻撃、みたいなことも覚悟しておかなきゃならない。少ない戦力で効果的にこちらを消耗させたところを、有力なダモクレスが撃破する。それが敵の狙いだ」
 それに対抗する為には、ますなるべく敵の奇襲に備え、察知すること。その上で後の道程で可能な限り力を温存、有力ダモクレスとの決戦に素早く勝利しなくてはならない。
「……無茶を言ってるのは承知だ。そんなことが簡単に出来るわけはない。でも、君たちケルベロスには団結する力がある。ひとりでは、一チームでは出来ないことも力を合わせればきっと光が見えてくるはず」
 激戦を制し、中枢へ繋がる通路を発見出来たチーム全てで協力し、ディザスター・キングを倒す。それがこの作戦の最大の目的である。
「それと……どうしたって、気になると思うから」
 ひとつ息を吐いてから、光弦が再び話し始める。
「今回の作戦で『バックヤード』を攻撃することも、考慮に入れてる。ただ、『バックヤード』に攻撃の手を割けば、必然的に『クロム・レック・ファクトリア』に回す分が減るってことになる。『バックヤード』は先も言った通り、二本の腕型ダモクレスが守っている。内部に潜入するためには2チームがそれぞれ腕の一本ずつを抑えて、その隙に1チームが内部に向かう作戦しかない。つまり最低3チームいないと『バックヤード』攻略は不可能なんだ。中の様子はクロムレック以上にわかっていない、ただし」
 バックヤード内には、探索活動中に暴走した2名のケルベロスが捕縛されている可能性がかなり高い。
「……救出のチャンスがあるとすれば、ここなんだ」
 光弦からは、それ以上の事は言えないようだった。ぐっと顔を上げてケルベロスたちの顔を見る。
「いずれの道を選んでも、死地に飛び込んでいくことになるよ。でも作戦に成功すればダモクレスの侵略に大きな打撃を与える事が出来る……頼んだよ、ケルベロス!」


参加者
福富・ユタカ(慕ぶ花人・e00109)
百丸・千助(刃己合研・e05330)
七種・徹也(玉鋼・e09487)
レオン・ヴァーミリオン(火の無い灰・e19411)
軋峰・双吉(黒液双翼・e21069)
二階堂・たたら(あたらぬ占い師・e30168)
ラーヴァ・バケット(地獄入り鎧・e33869)
アンセルム・ビドー(蔦に鎖す・e34762)

■リプレイ

●裏庭へ
 当然のことではあるが。七種・徹也(玉鋼・e09487)は未だ忘れてはいない。つい先立って刃を交えたばかりの『攻勢機巧』日輪の強さを。その強敵を再び仲間に任せる後ろめたさを。誰かを失うかも知れない恐怖を。
(「震えちまうわなァ、でもよ」)
 その敵を、たったふたりで止めてくれたレクシアとレスターのこと。
 相手が強いと十二分に理解した上で、足止め役を買って出てくれた仲間たちのこと。
 彼らが作ってくれた時間を無駄には出来ない。
 バックヤードへの侵入を試みるのは全部で三班。守護役の『攻勢機巧』日輪、『防勢機巧』月輪の二体の強力なダモクレスを、二班がそれぞれ抑えて時間を稼いでくれている間の短い探索となる。
 手元を照らす仄青い色に、百丸・千助(刃己合研・e05330)はかけがえの無い友人を思う。
(「……絶対、連れて戻るからな、レクシア」)
 侵入自体は、拍子抜けするほど簡単に成功した。ラーヴァ・バケット(地獄入り鎧・e33869)が周囲を見回して、率直に思うところを呟いた。
「とても良く整備が行き届いていますね。感心だ」
「通常ならこんながらんどうではあり得ない、のでしょうなぁ」
 二階堂・たたら(あたらぬ占い師・e30168)が、そう応じて思案する。いきなり襲われるのも厳しいが、こうも閑散としているのも何か不気味だし、何より情報が少なすぎた。
「……何もなさ過ぎるね」
 アンセルム・ビドー(蔦に鎖す・e34762)が手元のタブレットを指先でなぞり一応何か目印をと思うものの目立つものもなく、不穏な気配を感じるばかりだった。
 外の仲間のことを気にかけつつ、彼らは奥へと歩を進める。
(「……三分経過、何の動きもない……か?」)
 バックヤード潜入時からカウントを開始していたレオン・ヴァーミリオン(火の無い灰・e19411)が時間の経過を確認した、その時。
「私達全員、監視されています! 警戒してください!」
 殿の班のカルナから、警告の声が飛んだ。咄嗟に全員が足を止め振り返る。建物内に投影される画像、そこには潜入する自分たちの姿が明確に映し出されていた。
「隠密気流もさして役には立たなかった、って事かぁ?」
 班の先導役として先を急いでいた軋峰・双吉(黒液双翼・e21069)がそう舌打ちする。
「……敵が一枚上手でござったか。もしや……ドのつく本命登場の可能性?」
 同じく先頭を進んでいた福富・ユタカ(慕ぶ花人・e00109)も、肌に伝わる緊張を感じつつ呟く。
 場を支配する、目に見えぬ圧力。水によるそれとは違う何かに吸い寄せられるように、一同の視界は奥の通路へと集められた。
 現れた人影は、ある意味誰の期待も裏切らなかった。館の主、といった風情を漂わせ、緩慢とした動きの中に途方もないプレッシャーを与えてくる、一体の人型ダモクレス。
「……お出ましか」
 予感が当たった、とユタカが身構える。
『ようこそ、私たちの裏庭へ。招いた覚えは無いのだけれど、挨拶はさせてもらおう。私は、この裏庭の事実上の支配者の五大巧が一体、『終末機巧』エスカトロジー』
 硬質で冷酷なエスカトロジーの声だが、その中に至極楽しげな様子すら窺わせた。
「これはこれは、ご立派な」
 たたらが相手の強大さを直角しつつも極力感情を見せぬ風に言い、ラーヴァが敵を見据える。
「おお五大巧……これが」
 だがそれ以上にケルベロスたちの視線を更に引きつけて止まぬのは、エスカトロジーに付き従う二人の姿。

●実験
『そして、この2匹は私のちょっとした実験体になってもらっているものだよ』
「……!」
 あまりのことに、千助の声は喉に引っかかってしまう。レクシア! とその名を叫んだ友枝の声に、千助もようやく呼吸を思い出したかのように我にかえる。
「おい……てめェ、あのふたりに……!」
 徹也がエスカトロジーに向かって声を荒げたのも無理もない。
 共に戦い、仲間の為に暴走までしたケルベロスであるはずのレスターとレクシアのふたりは今、仲間であるはずの自分達の顔を憎しみも露わに睨みつけている。
「なんてこった……」
 敵に何かされたのだろう、というのは想像に難くない。レオンは仲間二人の顔とエスカトロジーの表情を順に視線で追っていく。
「おかしい。こんなおかしな反応見たことないよ……」
 アンセルムも呆然とにふたりを見つめずにはいられない。彼らの目に宿っているのはケルベロスに向けられた明らかな殺意。
 暴走したケルベロスは、『本能のままにデウスエクスを憎み攻撃する』のだと、ケルベロスであれば誰でも知っている。その本能の部分を、敵に捻じ曲げられたのだとしたら。
 そんなケルベロスたちの様子をたっぷりと観察していたエスカトロジーが、両手の指を優雅に組み合わせて言った。
『ああ成程、あれらを取り返したい、という願望が特に強い個体なのだね君たちは』
 エスカトロジーは眼鏡の奥の瞳をまるで幼子のように輝かせて、ふたりをけしかけ始めたではないか。
『よし、行きなさいお前たち。お相手をして差し上げるといい』
 その言葉を待ちかねたとばかり、レクシアとレスターは無言のまま、救援に来たはずの仲間に向かって襲い掛かる。咄嗟に前に出た別班の仲間たちが、それぞれ暴れるレクシアとレスターを相手取った。
「……ヴェルナッザどの……!」
 たたらが驚きを隠せぬまま、友人の名を呟いた。だが今は、目の前の敵と対峙しなくてはならぬ。すなわち五大巧のひとり『終末機巧』エスカトロジーと。
 千助が、暴れるレクシアを気にしつつエスカトロジーににじり寄る。
「……レクシアに何をしたんだ、彼女を元に戻せ!」
 その恫喝にも、敵はまるで動じる様子を見せない。ばかりか、エスカトロジーはケルベロスたちの言葉に興味深く耳を傾けている風すらあった。
 その気配を感じ取ったユタカは半歩距離を詰め、エスカトロジーの様子を探る。
「味方同士を争わせようなんて、悪趣味もここに極まれりでござるな……!」
 そのユタカと並び、いつでも攻撃に転じる姿勢を見せるたたら。
 エスカトロジーは低く笑い、嘲笑と言うにはどこか悪戯っぽい口調で答える。
『趣味じゃない、実験だよ実験。心、感情、面白い。実に面白い動きをするからねぇ。さて、彼らはあの2匹を止められるかな?』
「自分らにないものには興味が湧く、ってことかな? ないものねだりってやつだろ」
 煽りつつ、レオンは戦場を見渡せる位置を取る。殴りかかりたい気持ちを抑えて徹也はたたら吹きを前に出し、自分は引いた距離からエスカトロジーに標準を定めるが。
(「こいつ……全然余裕じゃねえか」)
 圧倒的な強者。この裏庭の支柱のうちの一本であれば当然か。
(「我々だけでは勝てない。ならば」)
 こいつの気を引き動きを邪魔し、他ニ班と合流した先にしか勝機はなさそうだとラーヴァも判断する。ただしそれは、そう簡単なことではなさそうだ。
「あーあー、やるしかねえみてーだなあ!」
 双吉が殊更に大きな声でそう言って、身を盾にするべく前に出た。
『ああーそうだったそうだった。君たちはプログラムもされていないのに、仲間を庇いあう性質があるんだったね。じゃあ少し遊んでみようか』
 まるで歌うような調子でそう言うと、エスカトロジーはひょろりと長い両腕を広げ、身に纏う煙の中から無数のミサイルを出現させ、狙いを定める。
『大丈夫。一気に殺したりはしない。大切な被検体だ、少しずつ楽しませてもらおう』
 言葉の後に一瞬の静寂、そして放たれる大量兵器。
「……双吉、ガジガジ、くるぞ!」
「きやがれってんだよ!」
 ミサイルの軌跡を千助と双吉がかわし、双吉はそのままユタカめがけて飛んだミサイルをも叩き落とす。立ち込める爆煙の中、反旗の一撃を放ったのはアンセルム。
「喰らい付け、妄執の大蛇」
 アンセルムが少女人形を抱きしめながら魔力で蔦を大蛇の如く伸ばして敵を絡めとった。
「彼らが目覚めるまでは……僕らが相手だ!」
 アンセルムの言葉に短く頷いて同意を示したユタカが、大胆にもエスカトロジーの懐へ飛び込んで一撃を叩き込む。手応えはある、だが。
(「そう簡単にはいかんな、これは……」)
 シトリンの瞳と視線を合わせたエスカトロジーが自分を『観察』しているのがわかって、ユタカは跳ねて距離を取る。入れ替わりに接敵した徹也がルーンアックスを振り下ろした。
「ふざけやがって、何が実験だ!」
『ふざけてはいないとも。君たちの一言一言、一撃一撃が貴重なデータだ』
 手応えはある。だがそれすら観察されているのだと、徹也は舌打ちして離れる。
「さぞ斬り応えのありそうな御体で……二階堂、名をたたら。推して参る」
 裂き別つ、の名を持つ武器を構えたたたらが、相手の圧に飲まれまいと軽口を挟んで斬りかかった。
『君たちが名を名乗るのは、己が何者であるのかを確かめる為、なのかな? 興味深いね』
 己に襲い掛かる斬撃の軌跡をうっとりと眺めつつ、エスカトロジーはケルベロスの攻撃を受け続け、会話を楽しむ風を見せた。
 ゴォッとバケツ兜の隙間から燃え盛る地獄の炎は、ラーヴァの感情を色濃く反映させるもの。炎を纏った矢はエスカトロジーへと注ぎ込まれる。
「我が名は熱源。余所見をしてはなりませんよ」
『なかなか多様だね……面白いよ』
 ラーヴァの攻撃を受け切り、次は誰かと笑みすら浮かべる敵。
「……遊び気分かよ、舐めやがって!」
「落ち着け。今はこんなんでも、いつ手のひら返すかわかったもんじゃねえしな」
 双吉がそう言って、光の盾を呼び出した。千助も短く頷いて紙兵を撒き防御を固める。
「まずは彼らの『救出』が成功するまで、コイツを引きつけて、なるべくダメージを与えておくしかない、かな……みんな頼りにしてるよ?」
 レオンが前に出る仲間にオウガ粒子を注ぎながらそう分析する。
「あの余裕綽々って感じ……気に入らない」
 だがその後もエスカトロジーの攻撃は散漫、八人とサーヴァントで懸命に攻めたものの足止めが精一杯で致命傷を与えるには至れない。焦りが募る中、一筋の光明が見える。仲間の説得の言葉に、レクシアとレスターが反応したのだ。
「レクシア……オレと、オレ達と一緒に帰るんだ!」
 千助が声を振り絞り、たたらが安堵の息を吐く。
「ヴェルナッザどの。戻ったら焼肉ですね、勿論奢りの」
 俄然、場の空気の流れが変わる。説得に成功したニ班と合流すれば、一矢報いることも可能かも知れない。
 だが。
 攻撃を受けるだけ受けたもののダメージを負ったという様子のないエスカトロジーが、眼鏡の端をクイと持ち上げ、誰にともなく囁くような声で呟いた。
『今日はこのくらいにしておこうか。名残惜しくはあるけど……』
 しばしの間を空けて、機械音声は続けた。
『その2匹の実験は失敗だね。まぁ、最初の実験で成功してもつまらない。その失敗作は持ち帰ってくれて構わないよ』
 ユタカは驚愕する。見逃す、というのか。だが、次の瞬間パチンと指を弾く音に続き、映し出されたふたつの画面は更に衝撃的だった。
「……!」
『紹介しておこうか。『攻勢機巧』日輪、そして『防勢機巧』月輪だよ』
 それぞれと戦い壊滅状態に追い込まれつつある仲間の姿。海の底だというのにいやに明確に見えるのは、ケルベロスへの精神的圧迫を狙ったエスカトロジーの謀略なのか。激戦に倒れた仲間の姿、壊れた水中装備の漂う戦場は限界を物語る。だがきっと、彼らは退かない。バックヤード探索班である自分達が戻らない限りは退きはしないだろう事を探索班全員が覚る。
『君達全員を新しい実験動物にするというのも、魅力的ではあるのだけれど、私も少し忙しい。ここは、穏便に帰っていただけないかな』
「何が穏便だ……!」
 仲間を、大切な友達を実験動物呼ばわりされ、千助の頭に咄嗟に血が上る。ユタカが咄嗟にその千助の肩に手を置いた。
「……千助殿、お気持ちはわかりまする。なれど我らがここで鼻息を荒げたところで!」
「そうだね、ここじゃ援軍呼び放題だ。残りの五大巧が揃っちゃったら本格的にまずい」
 アンセルムがそう言い添える。とにかく今は、ようやく正気を取り戻したふたりの事も心配なら、外の仲間たちの事も心配だ。
「今なら敵は単騎……では、ある、がね……」
 たたらが状況を見据える。好機と見えないこともない。今後、護衛なしのエスカトロジーとまみえる機会などはもうないのかも知れない。だがここは『彼らの』裏庭だ。
「確かにわざわざ君らに有利な場所で戦ってやる義理はないね! さらばだエスカトロジー君!」
 レオンが煽るようにそう告げて、軽妙な動きで胸元に手を当てる。
「どういうつもりかはわからんが……確かに生きて帰ってこそ、でしょうね」
 ラーヴァも同意し、徹也と双吉らと共に別班にも声を掛けつつ撤退を決める。
 最後まで振り返り、ある者は悔しそうに、ある者は疑問を抱いたまま去っていくケルベロスたちを見送りながら、エスカトロジーは嘯いた。
『……フフフ、暴走状態からのケルベロス同士討ち実験は殺害に至らず。まだまだ研鑽の余地有り……思考データサンプル回収終了。さて、次はちゃんとお招き出来るといいかな……我が裏庭に、ね』

●撤退
 バックヤードを飛び出したケルベロスらの視界に閃光が走る。白い光が仲間たちの放った合図なのだと気づくのに、時間はかからなかった。その光は照らし出す。凄絶な戦いの痕を、示した勇気を、水底から掬い上げた希望を。
「おぅ待たせたな! 手ぇ貸すぜ!」
 傷ついた仲間たちに双吉が声掛ける。体を張ってくれた皆への感謝が溢れるが、それもこれも全ては地上に戻ってからだ。千助は案じていたレクシアの元へ、レオンは医者としての顔に戻って怪我人の様子を見回りつつ撤退を手伝う。
「結局裏庭の施設としての情報は何も持ち帰ることが出来ませんでしたね……実質、バックヤードそのものへの打撃は何も与えられなかった」
 ラーヴァはそこが悔しかったが、最大の目的、レクシアとレスターの救出は果たされ、加えて敵の性格的な情報を得ることも出来た。
「……嫌な感じのする奴だった。すごく、嫌な感じ」
 アンセルムが思わず胸に刻まれた心情を吐露する。
「『終末機巧』エスカトロジーか……あいつとは本格的に戦う日がいずれ来るでしょうなぁ」
 占うまでもない、とたたらが首を横に振る。
「あれクラスがあと4体は洒落にならんでござるな……」
 ユタカがそう呟いて振り返れば、無傷のままのバックヤードが視界に入る。そこが無傷である以上次なる戦いを予期せずにはいられないが、今は仲間を取り戻したことを安堵していい。
「……失くさずに済んだ」
 ぐっと拳を握りしめ、徹也がごく小さく呟く。
 深海を照らした光がゆっくりと消えていく。だがケルベロスたちの戦う意志は決して消えることはない。

作者:林雪 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2018年11月7日
難度:やや難
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 0/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 11
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。