猛魚が町にやって来る

作者:baron

『お行きなさい、ブルチャーレ・パラミータ、メラン・テュンノス。ディープディープブルーファングの戦闘能力を自らの力としてみせるのです』
 赤い翼をもつ女が不気味な魚を二匹ほど呼び出した。
 そいつらは女の声に従ったというよりは、餌を求める魚の様に空を泳ぐ。
 行き先は人々の居る町であり、餌とは人々の生命……そしてグラビティである。


「滋賀県湖岸部の町が二体の魚型の死神に襲撃されようとしています」
 セリカ・リュミエールが地図を手に説明を始めた。
 琵琶湖が映っているので長浜か彦根の辺りだろう。
「事件を起こすのはディープディープブルーファングを操って居た死神です。量産していた海底基地が破壊された事で、作戦を変更したのでしょう」
 ケルベロスの作戦で海底にある基地が破壊されたことは記憶に新しいが、その影響で戦力の提供を受けて居たらしい死神が別の方法を編み出したという訳だ。
「代わりに使用するのはカツオ型とマグロ型の下級死神で、戦闘力がかなり強化されているようです」
 ディープディープブルーファング事件と今回の事件がどう関係しているかは不明だが、狙いが人々の生命とあっては放っておくことはできないだろう。
「魚型死神は共に全長は5m弱で、二体でようやくディープディープブルーファング級で菅、下級死神よりもルーチンや戦闘力が強化されて居ます」
 時折見かけるのはサルベージの御供くらいで、戦闘力も知恵も下級死神は心もとない。
 その辺を踏まえて改造でもしたのだろうか?
「基本的には下級死神ですので突進して喰らい付いて来ますが、カツオ型は卵を使ってミサイルを、マグロ型は内臓を使って触手を再現して居る様ですね」
 どちらも下級死神にはない能力なので、変異強化の過程で似たような能力を身に付けたのだろう。
「海底基地の破壊に成功した事で、ダモクレスのみならず死神の作戦にも打撃を与える事ができたのでしょう。提携したことで戦力を強化した様ですが、まずは被害の阻止をお願いします」
 強化そのものが目的なのか、それとも他に目的があるのか?
 それは判らないが、目の前の虐殺を止める方が先だろう。セリカの言葉にケルベロス達は頷き、相談を始めるのであった。


参加者
アップル・ウィナー(キューティーバニー・e04569)
ギメリア・カミマミタ(バーチャル動画投稿初心者・e04671)
ルイ・コルディエ(菫青石・e08642)
暮葉・守人(墓守の銀妖犬・e12145)
アミル・ララバイ(遊蝶花・e27996)
ヴィクトル・ヴェルマン(ネズミ機兵・e44135)
カーラ・バハル(ガジェットユーザー・e52477)

■リプレイ


「さすがに北の湖岸はびみょ~~~に肌寒いな…」
 暮葉・守人(墓守の銀妖犬・e12145)は携帯を顎と鎖骨の間に挟みながら呟く。
 警察からの返事を耳に入れながら、軽く仲間達に地形を説明していく。
「一応さ、ココ、湖岸道路が最終防衛ライン、ここから先には行かせないOK?」
「了解ッす。でも詳しいっすね」
 守人はカーラ・バハル(ガジェットユーザー・e52477)の返事兼疑問に笑って応じた。
 用件の終わった携帯を尻のポッケに突っ込みながら軽く答えて行く。
 代わりに地元の人にもらったばかりのナニカを取り出して、竹楊枝にささったそれを皆にもふるまう。
「旅団の拠点を置いてるホームなんだ。冗談に聞こえるかもしれないけど『いや鯨と蛸違います。鮪と鰹なんです』って話をできるくらいにはさ」
「ふむ。ならばご近所の平和は守らねばならんな」
 今が旬の彦根梨を振るまいながら行う守人の説明に、姿を消して居たギメリア・カミマミタ(バーチャル動画投稿初心者・e04671)は猫の家具や食材を扱う店を思い浮かべる。
 彼にとって自宅とも言える職場の猫カフェ以外は二の次だが、そういったショップに関しては他人事ではいられない。
 同じ様に暮葉殿にとっても見捨てられない地なのだろうと、自分で自分の言葉にオチを入れた。
「感心してるところ悪いんだけど、御魚さんが御とーちゃくよん?」
「敵が来たか。準備は良いかな、ヒメにゃん? そーかそーか」
 ルイ・コルディエ(菫青石・e08642)が電信柱の上に登りながら仲間達に伝えているのを、他人事の様な視線でギメリアは反応する。
 姿を消して居るので見えないが、その視線はあくまで翼猫のヒメにゃんの元へ、今日も元気だ可愛いヤッター!
 女の子のお尻よりも猫の方を可愛いというのもどうかと思うが、当のルイの方も気にはして無い。というか普通は電信柱によじ登ったりはしない。
「見付けたわ悪の怪物、いえ怪魚! まさしく空泳ぐ肉食の魚! B級映画って感じね!」
 ルイは今更見付けましたとでも言わんばかりに指差すと、見栄を切りながら剣を抜いた。
「スタイリッシュに倒して特撮映画風に変えてあげるわ!」
 光輝く星剣を掲げ電信柱からルイが降り立った。
 それは虹のように周囲を照らし出し、戦いの開幕を告げたのである。

 これに先立ちまずは周辺警戒に当たって居た、正面組が動き始める。
「猫達が間違っても食べる事の無いよう、魚類……もとい死神は此処で必ず仕留める!」
 ギメリアが姿を現すと、その姿は上空に在った。
 だからこそお尻なんか見なかったのだが(それでも猫を見たような気がするが)、翼を畳みつつカツオ型に向けて飛び蹴りを浴びせに行く。
「新型だろうが2体だろうが関係ねエ。こっから先に行こうとするならぶっ潰す。一般人には指……触手1本ミサイル1発、鱗1枚の1つも届かさせやしねエ!」
 いつもワイヤーを使うカーラは周囲が道路ばかりで何も無いのに苦労しながら、等距離にある次の電信柱を使って並行移動を掛けた。
 ワイヤーアクションは別に縦を絡めなくとも良いので、その動きを利用して回し蹴りをレッグラリアットの様に蹴り付ける!
「今日は絶好調だ! 我、一振りの狂刃とならん」
 作戦を組むとしても、常に防壁を先に張れる訳でもカバーが100%成功する訳でも無い。
 しかし本日は晴天なり、ここまで絶好調なことに守人は動き出す前の死神よりも先に攻撃を放てた。
 強靭な脚力で肉をコソギ取るような蹴りを放ち、片方が攻撃には行ったところで仲間への斜線を正面から塞ぐ。
 ただの確率なのだが、地元を守る為に土地神さまかご当地キャラ(白猫)の加護でもあるのかと思う守人なのであった。


「ディープディープブルーファングの供給を止められたとはいえ、死神の方はまだ切れるカードがあるようだな」
「ふむ、ディープブルーファングの時は使い捨てみたいな扱いでしたガ……能力の受け継ぎを繰り返して強くしていくつもりデショウカ?」
 道路を高速で走り込みながら、ヴィクトル・ヴェルマン(ネズミ機兵・e44135)やアップル・ウィナー(キューティーバニー・e04569)たちが参陣。
 ヴィクトルは器用に足だけを動かしながら、未成年が居るので火を点けていない煙草をしまった。
「今の所は判らないねウィナーのお嬢さん。もしそうだと仮定しても、判別できるのはまだ先の加工だろう」
 流石に一回一回の加工で一足飛びに強化できるとも思えない。
 できたとしたら逆にグラビティを使い過ぎるのではないだろうかと、地道で堅実なゲルマンの気質を見せる。
 その姿は一時もブレながら、光が漏れ出し徐々に金色の帯を棚引きさせ始めた。
「ビルシャナに死神と手を結んでいるダモクレスの動きも不気味だが……今はいい。俺の命を喰らい燃えるこの焔を。全ての苦しみを焼き尽くす焔に変えよう!」
 棚引く黄金の線はオーロラの如く帯になり、やはてソレは箒星へ。
 ヴィクトルは己の体が燃え軋むのを感じながら、あふれ出るグラビティに指向性を与えて力として束ねることに成功した。
「その魂、闇に還しなサイ。ウェイクアップフィーバー!!」
 アップルの体が不意に沈んだ。
 倒れ込むように姿勢が崩れながら走り出すと、追い掛けるようにマントがコウモリへと変じて行く。
 これぞ幻兎変身! 変身によって膨大なグラビティを我が物とし、魂を切り裂く力を開放するのだ。

 反撃として繰り出される触手に対し、仲間とすれ違うことで防御を任せる。
「例のダモクレス事件から続く、関係の話。なのですね。ダモクレスの方も魚を模していたのはそのせいでしたか」
 アリエータ・イルオート(戦藤・e00199)は迫りくる触手を打ち払う。
 ただそれだけで肌が赤く染まるが、受け身に成功したので皮が剥げるほどの威力ではない。
「流石に格上、油断はできませんね。まずは防御から入るとしましょう」
 アリエータは数枚の符を周囲にばらまいて、その中の数枚を我手に巻き付けた。
 赤く染まった部分を覆い隠し、残りの数枚は噛みつかれた守人の傷を、そして偽物の兵士を作りあげて防壁と成る。
「なんかシオカラみたいな色だったけど……一瞬美味しそうだと思ったのだけど、違うのよね」
 残ね……ゴホン。
 アミル・ララバイ(遊蝶花・e27996)は後方に回り込み、仲間と合わせて軽いV字を描く陣形を作りあげた。
「サメ型が居れば、カツオもマグロも居るのねぇ。けど、食べられない上に迷惑をかける子達に用はないわ」
 確かサメは酢味噌で食べるんだっけとか思いながら、アミルは酒盗にもならないデウスエクスを睨んだ。


「やだ、卵といい触手といい、ちょっと攻撃が気持ち悪いじゃない。ひぇっ……ちょっと勘弁して」
「いや、動かんでくれ。それかせめてバックダッシュ。庇い難い」
 残念ながら攻撃を外してしまったアミルは、おっとビックリと言う感じで仲間の陰に隠れた。
 守人は最初服を引っ張って強制回避させようとしたものの、流石にアレなのでエスコートしておくことにする。
「もうっ、しっかり三枚におろしてあげる」
 態勢の崩れたアミルは、右手に持った刀を左手に御手玉しながらUターン。
 先ほどの葉ずれが嘘のように、軽やかなステップでカツオの装甲を切り裂いた。
「鰹とか鮪の解体ショーの始まりね! 後で鰹のたたきとかお刺身とか食べたくなるわね」
「後で食べれるならハリキルんだけどね……食べないわよ、チャロ。その疑いの目をやめなさい」
 ルイは手の甲に指先を当てて、血で紋様を描くながらグラビティを集中させる。
 その力で仲間の治療をしながら(やはりポーズは要らない)、アミルと翼猫のチャロとの会話を楽しんだ。
 いや、愉しんだのは彼女だけでは無い!
「あえて俺が代弁しようララバイ殿。チャロにゃんはきとこう言っている……本当にござるか~?」
「言って無い、言って無いって。何よ皆してもうっ」
 ギメリアの攻撃は鉄の杭で敵を突き刺し火薬を爆発させるハードな物であったが……。
 そのやり取りに周囲はホッコリしたという。
「見た感じ、スピードに対応出来てマセンネ?」
「不思議生物だから魔法に強くて、本当は魚が強い速度勝負に弱いんっすかね?」
 アップルとカーラの二人はガジェッティアらしく相談中。
 誰かさんの誤魔化しに審議したくなったが、多勢に無勢は可哀想なので止めておいた。
「バット・ツール、ガンモード!」
『I’m ready』
 アップルのガジェットは銃形態に変形し、放った弾丸は直撃すると同時に周囲の石化を始めた。
 どちらかといえば生々しい死神の体が、鱗から内臓から硬質化して行ったのである。
「残りのデータを取ってやるぜ!」
 カーラが拳と拳を合わせて、影絵で竜の口を造り出す。
 するとガジェットがパンチになって飛んでいき、ワイヤーで巻くと回収できる。
 これはパワー戦の参考にするのと同時に、次回に変形する時に、別の変形をする為の練習モード。いわば二重の意味でデータ取りだ。
 今は店とか建造物が少ないのでアクション控えめだが、見てろよ次はと学習中である。
「本格攻勢前にもう一枚と行きましょう」
「では、景気付けといこう。……Vallop!!」
 アリエータはドロ-ンを展開して傷を癒すと同時に結界を補強。
 可動障壁が動き出す中にヴィクトルは爆風を吹かせ、仲間達への追い風を紡いだ。


 猫ちゃん可愛いヤッター(閑話休題)。
 最初は互角であっても、時間が経つにつれケルベロス側に戦いの天秤が肩向いて行く。
「無から創造するは我が決意。凍炎により全ての悪意を無へと封ぜんッ! ゼロ・スラッシュ!」
 ギメリアの操る絶対零度の炎がカツオ型の死神にトドメを刺した。
 次の獲物ハマグロかアナゴか……。アナゴは居ないし勝てそうにないから、マグロと戦う有志には御期待下さい。
「残念。せっかく手番が回ってきたのにちょっち間に合わなかったわね」
「ふむ。その時が来たらコルディエに機会を回すとしよう」
 ルイはチェロ達に治癒を任せて攻撃に参加、星剣に炎を宿らせ切りつける。
 仲間達がカツオを相手している間、牽制して居たヴィクトルはまだ煙の棚引く銃口を見て煙草が欲しいなと言う言葉を呑み込んだ。
 まあ付与は多居て終わって居るし、あとちょっとだろう。
「んじゃま、このまま逃がさない様に行くぜ」
「そうですね。警察に任せているとは言え、時間を掛けると不満も出るでしょうし」
 守人とアリエータは包囲の網を縮める為に前に出た。
 先に守人が攻め込んでマグロを蹴りあげると、アリエータが反対側から迫って籠手の霊威をマックスにして叩き付けた。
 そのまま抑え込んで死神の動きを制限しつつ、仲間達の攻撃時にはパっと交代して道を譲る。
「ハンマーでたたきに……ってマグロの方はたたきってあるっけ」
「たたきは調理法デスネ。だから問題無くありマス」
 アミルがハンマーを掲げて飛び込むと、アップルはフルーレを振るって切り刻む。
 コウモリ達がマグロに取りつき、動きを止めたところでタコ殴り。
「絡みつけよっ、封縛鞭! そしてえええ……!」
 カーラはここに来て閃いた!
 ポコンと電球が脳裏で輝き、銅鞭を相手に絡めると同時にワイヤーを地面に撃ち放つ。
 その先にはいつものアンカー状の器具ではなく、杭状にして打ちつけたのだ。
「これでどうだああ!」
「援護するぞ、ヒメにゃん!」
 カーラがジャンプしながらワイヤーを巻き上げると、死神の後ろに在る地面に向けて引き寄せられていく。
 無理やり放つ浴びせ蹴りに続いて、ギメリアがヒメにゃんと一緒に飛び蹴りを掛けた(正確にはひっかきなんだが)。
「ふん。禁煙もここまでだな」
 ヴィクトルは靴でマッチをこすると、煙草に火を点けた。
 煙が上がり始める前に蹴りを放ち、グラビティで烈風と共に叩き付ける。
「幽冥より此方へ……トドメはお任せしますね」
 アリエータが呼び寄せた霊力の荒波は、大波と化してマグロを呑み込んで行く。
 そこへ別れの時がやってきた。
「これでトドメよ!」
 ばっきゅーん♪
 ルイの見えない剣が敵を切り裂くと、死神はガランと崩れ落ちる。
 珍しいことにメディックがトドメを刺し、戦いに蹴りが付いたのであった。

「さぁ、解体した魚を食べ……石になって……る」
「作戦終了、おつかれさまでした」
「避難解除の連絡を入れておきマスネ」
 ルイが敵を眺めるとそこには石化した死神が居る。
 アリエータとアップルの掛けた言葉がむなしく戦場に響き渡った。
「修復でも始めましょうか? 海鮮丼や回転寿司が食べたいわよねぇ」
「せっかくだしご当地メニューを案内するよ」
「この辺は店なかったっすからねえ」
 アミルが笑ってフォローすると、守人が水先案内人を買って出る。
 場所敵に苦労したカーラは、周囲に店というか建物が無い事を心の底から頷いていた。
 でもいいんだ、次から地面に撃ち込んで地を這うからさ。
「空を泳ぐってどんな感覚なのかしら? ちょっと、羨ましいわね」
「無駄かもしれませんが、残骸をおくりマスカ?」
「まさに雑魚だったが、今後への対応が必要だしな……」
 ルイの現実逃避を拾ってアップルとギメリアは真面目に相談。
 残念ここには真面目な人間と猫が好きな人間しか居ませんでしたとさ。……おっと俺は狗好きだぜと案内人が告げている。
「俺は琵琶湖を眺めに行くとするか」
 全て終わったところでヴィクトルは煙草を吹かし、ぶらぶらと散策を楽しみながら帰路についたそうである。

作者:baron 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2018年9月24日
難度:普通
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 1/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 2
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。