熊本城ドラゴン決戦~何かが空をやってくる

作者:土師三良

●復活のビジョン
 夕映えに染まる空をドラゴンが飛んでいた。
 何頭も。
 何頭も。
 彼らはただ一点を目指していた。
 その『一点』には勇壮な城が聳えている。
 熊本城だ。
「ヴォォォォォーッ!」
 咆哮を響かせながら、一頭のドラゴンが頭から城に突っ込んだ。
 まるで砲弾のようだが、その後に待っていた運命もまた砲弾と同じだった。
 爆発したのだ。
 しかも、それは一度では終わらなかった。他のドラゴンたちも次々と特攻し、自爆して果てた。
 すべての爆発がおさまった時、熊本城は廃墟と化していた。
 粉々に割れた卵の殻を思わせる惨状。
 いや、本当に卵だったのかもしれない。
 廃墟の下からなにかが生まれ出たのだから。
 恐ろしい力を秘めたなにかが……。

●音々子かく語りき
「朗報でーす! 熊本市でおこなわれたドラゴン勢との戦いはケルベロス側の大勝利! 最小限の被害で九軍団を撃退することができましたー!」
 ヘリポートの一角。ケルベロスたちの前で元気な声を出しているのはヘリオライダーの根占・音々子。
 しかし、その声の余韻が消えぬうちに彼女は表情を曇らせた。
「とはいえ、喜んでばかりもいられないんですよ。竜十字島から出撃したドラゴンどもが熊本市のすぐそこまで迫ってますからねー。グラビティ・チェインの略奪を阻止できたから、魔竜王の遺産とやらの封印を破ることはできないはず……と、思っていたんですけど、どうやら、奴らは強引に封印をこじ開けるつもりみたいです」
 竜十字島からの軍団の大部分を構成しているのは『侵空竜エオスポロス』というドラゴンたち。それらを率いているのは『覇空竜アストライオス』であり、他にも幹部格の四頭――『廻天竜ゼピュロス』、『喪亡竜エウロス』、『赫熱竜ノトス』、『貪食竜ボレアース』が随伴しているという。
「敵の目的は二つです。一つ目は、魔竜王の遺産が封じられた熊本城に侵空竜エオスポロスどもを突撃させた挙句に自爆させて、封印を破ること。二つ目は、覇空竜アストライオスと配下の四竜が儀式をおこない、魔竜王の遺産を竜十字島にパパッと転送しちゃこと。魔竜王の遺産を直に持ち帰るのなら、後から追っかけて奪い返すこともできるかもしれませんが、転送というのは厄介ですよねー。竜十字島に送られてしまったら、こちらから手出しすることは不可能……とまではいかないまでも、かなり難しいですから」
 エオスポロスたちの自爆による封印解除が失敗しても、アストライオスは諦めないだろう。儀式を終了させた四竜を生贄にして、魔竜王の遺産を手に入れようとするはずだ。
 よって、ケルベロス側はエオスポロスたちの自爆を阻止することだけでなく、アストライオスと四竜の儀式を阻止することも目標にせねばならない。
「で、阻止するための大まかなプランですが……まず、熊本城に突撃してくるエオスポロスに1チームごとで対処してください。エオスポロスたちは熊本城突入の12分後に自爆して封印を破るためのグラビティ・チェインを放出します。つまり、12分以内に倒さなくてはいけないということですね」
 もっとも、12分以内に倒せなかったら即失敗というわけでもない。大きなダメージを与えることができれば、グラビティ・チェインが減少して自爆の効果が弱まるかもしれないからだ。たとえ戦闘中に敗色が濃厚になっても、諦めずにダメージを与え続けたほうがいいだろう。
「覇空竜アストライオスと四竜への対策も必要になるわけですが、奴らはエオスポロスどもの遥か後方で儀式をおこなっているので、まずはエオスポロスを突破しなくてはいけないんですよ。で、いろいろと検証してみたところ、エオスポロスと戦いつつ、少数の飛行可能なケルベロスさんが戦線を突破してアストライオスと四竜を奇襲する作戦が成功の可能性が最も高いことがわかりました」
 エオスポロスを突破してアストライオスと四竜を狙うのであれば、チーム内に飛行種族が最低でも一人は必要である。もちろん、一人だけでアストライオスたちに勝てるはずもない。格チームから突破した者たちが協力しなくてはいけないだろう。しかし、『協力』といっても、全員で一頭のドラゴンに挑むのは無理だ。敵もまた連携して妨害してくるのだから。
「でも、アストライオスとすべての四竜をやっつける必要はありません。四竜のうちの一頭でも欠ければ、儀式は中断されるはずですからね。突破した飛行ケルベロスの皆さんがメインの一隊とサブの四隊に分かれ、メイン隊が本命のドラゴンと戦い、サブ隊が他の四頭に攻撃を仕掛けて連携を阻止する――そういう作戦でいくべきでしょう。もちろん、『そういう作戦』なるものが口で言うほど簡単でないことは判っていますが……」
 心苦しそうな顔を見せた音々子であったが、その表情をとっておきの笑みで消し去り、おなじみの言葉でケルベロスたちを激励した。
「でも、大丈夫です! 皆さんならできます! 絶対にできまーす!」


参加者
矢野・優弥(闇を焼き尽くす昼行燈・e03116)
ルーチェ・プロキオン(魔法少女ぷりずむルーチェ・e04143)
夜陣・碧人(影灯篭・e05022)
狐村・楓(闊達自在な螺旋演舞・e07283)
天音・迅(無銘の拳士・e11143)
月・いろこ(ジグ・e39729)

■リプレイ

●奮闘せよ!
 夕日を浴びる熊本城を背にして、八人のケルベロスと二体のサーヴァントが並んでいた。
 彼らの視線の先――東の空から飛来するのは四十頭以上ものドラゴン。
 侵空竜エオスポロスの群れだ。
「今回ばかりはさすがに緊張するぜ」
 普段は見せることのない翼をゆっくりと広げながら、竜派ドラゴニアンの月・いろこ(ジグ・e39729)が呟いた。言葉に反して、声音に緊張感はない。だが、黒い瞳の奥には闘志の光が灯っている。
「あいつらに魔竜王の遺産は渡しません!」
 レプリカントのルーチェ・プロキオン(魔法少女ぷりずむルーチェ・e04143)がバトルガントレットの拳を握りしめた。
「熊本のシンボルとも言える熊本城は私たちが守り抜きます!」
 気合いを入れている間に一頭のエオスポロスがすぐそこまで迫ってきた。
 それに応じて真っ先に動いたのは――、
「いくぞ」
 ――銀狼の人型ウェアライダーであるリューディガー・ヴァルトラウテ(猛き銀狼・e18197)だ。
 白バイ警官用のライダースーツのそこかしこからヒールドローンが飛び立ち、防御のフォーメーションを展開した。もっとも、対象となった後衛陣の数が多いので(ケルベロスが四人にサーヴァントが二体)効果は少しばかり減じているが。
「魔法少女ウィスタリア☆シルフィ、参上っす!」
 シルフィリアス・セレナーデ(紫の王・e00583)が名乗りをあげ、ライトニングロッドの『カラミティプリンセス』を構えた。先端の宝石からライトニングボルトが迸り、エオスポロスに突き刺さる。
「Roar!」
 エオスポロスが怒号を響かせ、ケルベロスたちを見下ろした。城への突撃を中断し、翼をはためかせて滞空しているが、自爆を諦めたわけではないだろう。まだ時が来ていないだけだ。タイミングを合わせるために仲間たちと事前に取り決めたのか、グラビティ・チェインを高めるためか、儀式の過程に必要なのか……理由は定かではないが、自爆するのは城を爆発圏内に捉えてから十二分後なのだから。
「Roar!」
 二度目の咆哮とともに電光のブレスを吐くエオスポロス。
「ルイ、お願いします!」
 シルフィリアス(なぜか『プリンセスモード』で変身していた)が体を仰け反らせるようにして叫び、黄金のオウガメタル『ラスター・ルイテン』からオウガ粒子を放出した。
 それらに包まれたのは、ブレスを浴びた後衛陣。ヒールドローンの時と同様に効果は減衰しているが、それを補うべく、ボクスドラゴンのフレアがいろこに属性をインストールした。
「ぎゃーう!」
 と、可愛くも勇ましい声で吼える小さな相棒を愛おしげに一瞥した後、夜陣・碧人(影灯篭・e05022)が『冬刃精の語り(フェアリーテイル・フロスト)』の呪文を詠唱した。
「冬の鎖、地と水を従える精。鍛冶師は氷刀を振るう」
 どこからともなく妖精が現れ、氷の刀でエオスポロスに斬りかかった。
 エオスポロスは巨体を僅かに捻り、その攻撃を躱したが――、
「はっはー! なかなかやるっすねー!」
 ――ハイテンションな声とともに突き出されてきたパイルバンカーを避けることまではできなかった。
 狐の人型ウェアライダーである狐村・楓(闊達自在な螺旋演舞・e07283)がイガルカストライクを見舞ったのだ。
「楽しそうだな、おい。ドラゴンを相手にしてるっていうのによぉ」
 オラトリオの天音・迅(無銘の拳士・e11143)が苦笑した。楓に負けず劣らず、彼も楽しそうな顔をしているが。
「相手がドラゴンだからこそ……そう、強敵だからこそ、楽しくてしかたないんすよ!」
 と、元気一杯に答える楓。目がきらきらと輝いている。
「『蛟』にラヴァグルトにオルカナロア、そして、このエオスポロス! いろんなドラゴンと戦えて、楓さんは本当に幸せ者っす!」
「根っからの戦闘狂だな」
 苦笑を深くしながら、迅は九尾扇を振り、自らに幻夢幻朧影を施した。いろこと同様、彼も翼を広げている。
 他のケルベロスたちは城を守る防壁だが、迅といろこは違う。アストライオスたちの儀式を打ち破る破城槌なのだ。
「古に伝わる八柱の龍王よ。汝が真名と血の契約において、我、優弥が命ずる」
 矢野・優弥(闇を焼き尽くす昼行燈・e03116)が『顕現、八大龍王(キャストハチダイリュウオウ)』の呪文を唱え、竜の眷属たちを戦場に召喚した。
 竜の眷属といっても、敵方のドラゴンではない。仏法の守護者として役割を持つ八体の竜神である。
「その力を我が眼前に示し、我が敵を討て」
 呪文に応じて小規模な氷の嵐を巻き起こす竜神たち。
 その嵐にエオスポロスが翻弄される様を見ながら、優弥は仲間たちに言った。
「オークだの竜牙兵だのに町を襲わせた後は、自爆特攻による封印の解放とお宝の転送ですか。正直、このまま好きにさせるのも癪ですし、お宝は我々が回収したいところですね」
「いや、封印されてんだから、回収できるわけないだろ」
 いろこがエオスポロスに向かって腕を伸ばした。指先から赤い糸が紡ぎ出されて、敵の体に絡みついていく。『赤蜘蛛の糸(レッドスパイダーストリング)』というグラビティだ。
「そもそも、その封印を守るために俺たちはこうやって戦ってるわけだし」
 その時、ケルベロスたちのスマートフォンが一斉に電子音を鳴り響かせた。
 一分毎にセットされたアラーム。
 この音が十二回鳴り響くまでの聞にエオスポロスを倒さなくてはいけないのだ。

●突破せよ!
 やがて、四回目のアラーム音が戦場に流れ始めた。
「五分目突入だ……行くぜ」
「ああ」
 小声で言葉を交わし、空中で左右に分かれる迅といろこ。
 エオスポロスがその動きを察知するよりも早く――、
「全力でいくっす! フリーレンシュトラァールッ!」
 ――シルフィリアスが『カラミティプリンセス』から光線を発射した。ライトニングボルトではなく、魔力が込められた冷凍光線である。
 片方の翼を光線に射抜かれて体勢を崩すエオスポロス。
「無様な格好っすね!」
 敵に嘲笑を浴びせながら(言うまでもなく、自分に注意を向けるためだ)、楓が跳躍して間合いを詰め、エクスカリバールを振り下ろした。ジグザグ効果を有する撲殺釘打法。
 彼女が離れると同時にビハインドのミズキシュターデンがエオスポロスの背後に出現して攻撃を加え、主人である優弥が『顕現、八大龍王』で追撃した。
 そして、リューディガーが轟竜砲を撃ち込んだ。戦闘が始まった時からヒールとエンチャントの付与に努めてきた彼が初めて使った攻撃用のグラビティ。
 同じく回復を担当していたルーチェも攻撃に転じ、エオスポロスの懐に飛び込もうとした。
「Roarrr!」
 エオスポロスは苛立ちの声をあげて横に飛び、ルーチェの破鎧衝を躱した。
 ただ躱しただけではない。回避行動とは逆向きに首を振り、赤い目から光線を放っている。
 光線は水平の軌道を描いて後衛陣を傷つけた……が、迅といろこだけは無傷だった。前者は碧人が、後者はリューディガーが庇ったのだ。
「悪いな」
「……」
 謝意を伝える迅に碧人は無言で頷き、なおかつ目顔で『今です!』と合図しながら(声に出して敵に悟らせるほど愚かではなかった)ネクロオーブの『暗夜の輝石』を掲げた。その闇色の表面から放たれたのはクリスタルファイア。
『暗夜の輝石』とエオスポロスの間に引かれた火線が消える寸前、迅といろこは突破を試みた。迅はエオスポロスの右から。いろこは左から。
 しかし――、
「Roar!」
 ――エオスポロスは翼を広げて尻尾を激しく揺らし、二人の行く手を阻んだ。突破の意図に気付いたわけではなく、威嚇めいた動きをしただけかもしれないが、失敗したことに変わりはない。
 五回目のアラーム音が皆の耳朶を打った。
(「……もう一度だ!」)
 その音に気を取られることなく、リューディガーが再び轟竜砲を発射した(見切りが生じてしまうが、攻撃グラビティは一つしか用意してこなかったので選択の余地はなかった)。
 他の皆も次々とエオスポロスを攻め立てた。シルフィリアスがライトニングボルトで、優弥は禁縄禁縛呪で、碧人はシャドウリッパーで。
「タコ殴りにされてるじゃないっすか! ドラゴンのくせしてのろまっすね!」
 挑発して気を引きながら、楓が幾本もの刃を頭上に放った。そのまま地に落ちていくと思われたそれらは、しかし重力に逆らい、縦横無尽に動いてエオスポロスを斬り刻んでいく。狐村流操剣術の『五色散椿(ゴシキチリツバキ)』。
 その間にいろこが勢いよく飛び出した。
 しかし、それは陽動。
「ありがとさんよ! 行ってくるぜ!」
 いろこに気を取られたエオスポロスの横を迅がすり抜けた。
「Roaaarrr!?」
 当惑しながらも、いろこに改めて対処しようとするエオスポロスであったが――、
「どこを見ているんですか! 次は私が相手です!」
 ――ルーチェの破鎧衝を受けて、また隙が生じた。
 それに乗じて影が素早く戦場を離脱する影が一つ。
「後は頼んだぜ!」
 もちろん、いろこだ。
 彼方に消えゆく彼と迅に向かって、楓が激励の言葉を送った。
「楓さんの分まで戦ってきてくださぁーいっ!」

●死守せよ!
 迅といろこをアストライオスたちのもとに送り込むことには成功したが、それは二人分の戦力が失われたということでもある。
 そのため、後半の戦いは予想以上に厳しいものとなった。
「あと二分か……」
 十回目のアラーム音が響く中、リューディガーがルナティックヒールの光球を投じた。
 それを背中に受けたシルフィリアスがライトニングボルトを放ち、間髪を容れずに楓が『五色散椿』で刃の雨を降らし、更に優弥が禁縄禁縛呪を仕掛けた。
 それでもエオスポロスは倒れない。
 とはいえ、当然のことながら、無傷ではなかった。両の翼の皮膜はそこかしこが引き裂かれて襤褸切れ同然になり、右の後ろ足は力なくだらりと垂れ下がり、片目は血で塞がっている。
「Roooar!」
 開いているほうの目から光線が発射され、後衛陣を薙いだ。迅といろこが抜けたため、ダメージは減衰していない。
 だが、その攻撃に怯むことなく、ルーチェが跳躍してバトルガントレットを突き出した。
 エオスポロスの目と目との間に破鎧衝のパンチが叩き込まれる。
 しかし、彼もまた怯む様子を見せなかった。
(「フレアのためにも、人がドラゴンとともに暮らせるような世界になってほしい」)
 満身創痍でありながら戦意を喪失していない強敵を見上げて、碧人がクリスタルファイアを放った。
(「だけど……いや、だからこそ、おまえのように凶暴なドラゴンは倒さなくてはいけないんだ」)
「Roarrrrr!」
 エオスポロスが天に吼えた。だが、クリスタルファイアを受けた痛みによるものではないだろう。
 おそらく、勝利を確信した喜びの叫びだ。
 その独唱に六つのスマートフォンの合奏が加わった。十一回目のアラーム音。
「……もう後がありません」
 焦燥に眉をひそめて、優弥が竜神たちをまた召喚した。
「さすが、ドラゴン! ……って、感心してる場合じゃないっすね!」
 竜神たちの氷の嵐が消えたところで楓がエオスポロスに肉迫し、力の限りにエクスカリバールを叩きつけた。
「こうなったら、相打ち覚悟でやってやるす!」
 シルフィリアスが『カラミティプリンセス』を構えた。敵の攻撃に合わせて『フリーレンシュトラール』を見舞うために。
 もっとも、『相打ち覚悟』とやらは無意味だった。覚悟を決めたからといって攻撃のタイミングを合わせらわれるわけではないし、そもそもタイミングが読めるほどの技量や余裕があるなら、相打ちを狙う必要はない。先に攻撃すればいいだけだ。
「Roar!」
 エオスポロスが爪の斬撃を繰り出した。
 標的は、タイミングを読めずに棒立ちになっているシルフィリアス。
 だが、二人の間にリューディガーが割り込み、盾となった。
「これ以上、貴様らの好きにはさせん」
 肉を斬り裂かれる激痛など意に介することなく、リューディガーは砲撃形態のドラゴニックハンマーを構えた。
 北区の青果市場で見た脳裏に蘇る。人々の生首。それを弄ぶ竜牙兵たち。
 熊本市を蹂躙していた九つと軍団との戦いにケルベロスは勝った。
 多くの市民を救うこともできた。
 しかし、犠牲者が一人も出なかったわけではない。戦果に比べれば、微々たる被害なのかもしれないが、その『微々たる被害』を忘れられるほどリューディガーは達観していなかった。
「好きにはさせん!」
 同じ言葉を声量を上げて繰り返し、達観と無縁の戦士は轟竜砲を発射した。
「いくっすよー!」
 シルフィリアスも叫び、本日六回目の『フリーレンシュトラール』を発射した。
 竜砲弾が炸裂し、光線が閃く。
「あえて、もう一度言わせてもらいまーす! 熊本のシンボルとも言える熊本城は私たちが――」
 ルーチェがまた地を蹴り、エオスポロスの首の根元に指天殺を突き刺した。
「――絶対に守り抜く」
 静かに後を引き取ったのは碧人。ルーチェを追って飛び上がり、エメラルド色の刃を有したエアシューズでシャドウリッパーを見舞った。
 だが、しかし、それだけの猛攻を受けても――、
「Roooooarrr!」
 ――エオスポロスは落ちなかった。
 そして、皆の頭上を通過して、熊本城に飛び込んだ。
 その一頭だけではない。他のチームと激闘を繰り広げていたであろうエオスポロスたちも次々と熊本城にぶつかっていく。数は全部で十九頭。群れの半分弱。残りの半分強はケルベロスたちに敗れたらしい。
 十二回目のアラーム音が無情に鳴ったが、すぐにかき消された。
 十九頭分の爆発音によって。

「あぁ……熊本市のシンボルがぁ……」
 ルーチェが両膝を地に落とした。
 悔し涙に濡れた視線の先に『熊本市のシンボル』はない。自爆で生じた膨大な砂煙に覆い隠されているのだ。
 いや、砂煙が晴れても、『熊本市のシンボル』は見えなかった。
 現れ出たのは無数の瓦礫。
 そして、かつて天守閣のあった位置に浮かぶ直径三メートルほどの怪しく輝く宝玉。
 ドラゴンオーブである。
 今はまだこの場にとどまっているがいるが、アストライオスたちの儀式を阻止することができなかったら、竜十字島に転移してしまうだろう。
「『お宝は我々が回収したい』と言いましたが――」
 優弥がぽつりと呟いた。
「――本当に回収できるかもしれませんね」
 彼はオーブの真下まで歩いていこうとしたが、目には見えない壁のようなものに弾かれた。オーブを中心にして異常な空間が形成されているらしい。
「とりあえず、撤退しましょう。ここにいても出来ることはありません」
 碧人に促され、皆はその場から離れ始めた。
 すぐにまた始まるであろう新たな戦いのことを思いながら。

作者:土師三良 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2018年7月7日
難度:難しい
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 5/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 3
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。