湿原の牢獄~冬の女神は寒波と死を纏う

作者:青葉桂都

●湿原の牢獄へ
 釧路湿原で事件を起こしていた死神、テイネコロカムイの討伐に向かったケルベロスたちは無事成功したようだ。
 石田・芹架(ドラゴニアンのヘリオライダー・en0117)はまずそれを告げた。
「さらに、テイネコロカムイがグラビティ・チェインを略奪して、牢獄に捕らわれている仲間を脱獄させることを目的にしていたのもわかりました」
 牢獄に捕らわれていたのは死者の泉を見つけ出したとも伝えられている古のヴァルキュリア・レギンレイヴと、彼女に従うヴァルキュリアと死神の軍団だ。
 悠久ともいえる時間を幽閉されていたレギンレイヴは、世界のすべてに復讐することを目的としているらしい。
 もしも彼女が解き放たれたなら多数の一般人を殺害して、その魂からエインヘリアルを生み出すような大きな事件が起こるかもしれない。
「幸い、テイネコロカムイが撃破されたためレギンレイヴがすぐ地上に出てくることはなくなりました」
 しかし、すでに脱獄が起こったことからもわかるように、牢獄は完璧ではない。
 なんらかの理由で牢獄の壁が壊れ、レギンレイヴたちが解き放たれる可能性もあるし、彼女の存在を知った他のデウスエクスが利用しようとする可能性がある。
 特にエインヘリアルが彼女の力を手に入れれば、勢力を一気に拡大させるだろう。
「牢獄への移動には、テイネコロカムイを撃破した際に手に入れた護符が利用できます」
 使用すればテイネコロカムイが閉じ込められていた『鳥篭』に移動できるのだ。
 移動した先には40以上の牢獄が『鳥篭』のように浮いており、その1つ1つに1体ずつのヴァルキュリアや死神が幽閉されている。
 幽閉されている者たちは、当然ながら自由に『鳥篭』の外に出ることはできない。少なくとも、今のところは。
 ただし、外から来たケルベロスたちは牢獄を自由に移動することができる。
「皆さんはテイネコロカムイの『鳥篭』から、それぞれが攻撃目標とする『鳥篭』に移動して内部に潜入、幽閉されている敵を撃破していただくことになります」
 ちなみに『鳥篭』の外から中への攻撃は一切不可能なようだ。そのため、潜入するまでは攻撃を行うことはできない。
 逆に内部から外への攻撃は可能だ。威力はだいぶ弱まるようだが、潜入に手間取れば一方的に攻撃を受け続けることになってしまう。
 特定のチームに40体の攻撃が集中することがあれば、威力が弱まっていたとしても耐えきれないかもしれない。
「皆さんには攻撃の集中を避けるため、それぞれ1体の敵を担当して、挑発しながら接近していただくことになります」
 うまく担当する敵の攻撃を自分たちに向ける方法を考えて欲しいと芹架は言う。
 それから芹架は狙うべき敵についての説明を始めた。
「皆さんのチームで狙っていただく敵ですが、死神の1体で季音という名前のようです」
 黒い布を体に巻き付けたような衣服を身につけており、その上から氷を身にまとっている。
「攻撃手段ですが、呼気を吹雪に変えて吐き出すことができるようです」
 強い吹き出せば範囲を巻き込む激しい吹雪となり、敵を凍らせる。
 また、至近距離から微かな吐息で1人を一気に凍りつかせることもできる。あたかも石化したかのように、身動きがしにくくなってしまうだろう。
 さらに凍りついて枯れた植物を身につけており、これは攻性植物と同じようか武器として使用できる。もしかすると本当に攻性植物なのかもしれない。
 季音の冷たい表情からは、どんなことに興味を示すか読み取りにくいが、うまく挑発して欲しいと芹架は言った。
「また、彼女に限らず囚われた者たちは、脱獄するためにグラビティ・チェインを求めています」
 ケルベロスもまたグラビティ・チェインを持っている。
 機会があれば殺してチェインを奪おうとすることだろう。
 もっとも敵が『鳥篭』から出られない以上、避難させて殺されないようにするのは難しくない。
 戦闘不能、あるいは危機に陥った者がいれば避難させることを考えておいたほうがいいかもしれない。
「皆さんが殺されることも問題ですが、デウスエクスも少量ながらグラビティ・チェインを持っています。撃破した敵のチェインを利用して、残った敵が脱獄をはかる可能性も否定できません」
 鳥篭は外部から内部を確認できるので、他のチームの戦闘状況も確認して、撃破のタイミングをあわせることを考えてもいいかもしれない。
「死神はもちろん、ヴァルキュリアも皆さんの仲間になった方々とは違う存在です。できるだけ確実に全滅させていただくようお願いいたします」
 芹架は静かに頭を下げた。


参加者
神城・瑞樹(廻る辰星・e01250)
ノーザンライト・ゴーストセイン(ヤンデレ魔女・e05320)
アト・タウィル(静寂に響く音色・e12058)
平島・時枝(フルメタルサムライハート・e15959)
ティ・ヌ(ウサギの狙撃手・e19467)
スノードロップ・シングージ(堕天使はパンクに歌う・e23453)
花・八雲(春の七草・e25679)
フィーユ・アルプトラオム(愛を求める少女・e27101)

■リプレイ

●冬の女神を引きつけろ
 ケルベロスたちは釧路湿原から虚空に牢獄が浮かぶ空間へと入り込んだ。
 無数に浮かんでいる鳥籠。
 その中から、ヘリオライダーに指定された敵を素早く探す。
「みつけました。あの鳥籠にいます」
 幼く見えるくせっ毛の女性が、浮かんでいる鳥籠の1つを指し示す。
 アト・タウィル(静寂に響く音色・e12058)の指したそこには、氷に覆われた黒衣の死神が牢獄に現れたケルベロスたちのほうを見ている。
 といっても、たくさんいるケルベロスのうち特定の誰かを見ているわけではない。
 ケルベロスたちは季音という死神のいる鳥籠を目指す。
「……。残念な冬の女神だな」
 移動しながら神城・瑞樹(廻る辰星・e01250)が告げた。
「うん、俺ギリシャ神話好きだから冬の女神=春の女神だと思ってんだよな。なんか残念だ。……着てる服は昆布っぽいが」
 彼はペルセフォネとデメテルの神話を思い浮かべていた。まとめた髪を揺らしながらシャドウエルフの青年は移動する。
 鳥籠まで移動するのに、急いでもおそらく3、4分はかかる。
 誰かに集中しないように挑発しながら移動しなければならない。……もっとも、瑞樹の言は挑発ではなく単なる本音であったが。
「へーい、そこの凍ってる黒いの。牢屋暮らしで冷え切ってるみたいだけど一丁アツくなってみるかい?」
 エアシューズの摩擦で炎を巻き上げながら、平島・時枝(フルメタルサムライハート・e15959)が呼びかける。
 もちろん攻撃そのものが届かないのはわかっているが、目的は寒いのが好きそうな敵に炎をチラつかせて見せることだ。
「火刑に執行にきた。わたし死神大嫌いだし」
 ノーザンライト・ゴーストセイン(ヤンデレ魔女・e05320)も告げる。
 季音が息を吸い、そして吐き出した。
 時枝やノーザンライトの体が吹雪に包まれるが、聞いていた通り鳥籠の外に向けられた攻撃は減衰する。大きなダメージはない。
「汚い姿ですわね、醜いですわ……その氷ついた花のセンスも最悪ですわね」
 吹雪が吹き抜けた後、フィーユ・アルプトラオム(愛を求める少女・e27101)が嘲りの言葉を発する。
 大切な人を傷つけられたことも手伝って、言葉には強い棘があった。
 最悪と言われた花が捕食形態となって動き出し、フィーユを捕食しようと襲ってくる。噛みつかれながらも彼女はさらに前進する。
 幾度か攻撃を受けつつも、ケルベロスたちは確実に鳥籠へ近づいていく。
「冬の死神だか何だか知らないデスけどもう今は春ネ。お呼びじゃナイデスネー」
 その名と同じ花を髪に咲かせたスノードロップ・シングージ(堕天使はパンクに歌う・e23453)が、吹雪を浴びながらも告げる。
 花・八雲(春の七草・e25679)は身に着けた攻性植物を季音へと向けた。
「お久しぶりです。お変わりがないようで。こちらは、あの頃の私ではありませんよ。さあ、この植物を食らって見せなさい。できるものなら、ね」
 かたわらではオルトロスのわさびも威嚇の仕草をしている。
 季音が凍るような冷たい視線を八雲に向けてきた。
「なんのことかわからないわ。でも――あなたの持っているそれはとっても魅力的ね」
 黒衣の死神が息を吐き出すと、それは外気を凍らせて床に破片を落とした。
「食べてしまいましょう。永劫に、氷の実だけをつけるように。
 噛みついてくる氷の花から身を守りながら前進する。
 ケルベロスたちは鳥籠へとたどりついた。
「倒しても、良いのでしょ?」
「ダメですわよノーン!?」
 ノーザンライトの一言に、フィーユが突っ込みを入れた。
 レギンレイヴ班からの合図はまだない。鳥籠に入りながら確かめるが、まだ鳥籠にたどりついてはいないようだった。
 彼らがレギンレイヴのもとへたどり着いて、撃破するのに合わせて倒さねばならない。
「まあ、最終的には倒すんだけどねえ」
 時枝が言った。
「長期戦になるけど、しっかりみんなを守ってね。でも絶対無理はしちゃダメ。……行くよ、プリンケプス!」
 ウサギのウェアライダー、ティ・ヌ(ウサギの狙撃手・e19467)は自分のサーヴァントであるボクスドラゴンに呼びかけた。
 頷いたプリンケプスは、彼女自身に続いて鳥籠に飛び込む。
 季音の呼気がまた吹雪を呼び起こす。目を開けていることさえつらいほどの雪と氷は、鳥籠の外に吹き付けてきたものとは比べ物にならない。
 それでも、退くことはできない。防衛役として一番前へ飛び出す。
 ティやプリンケプス、そして他のケルベロスたちは冷たい風の中得物を構えた。

●鳥籠に吹く風
 季音が滑るようにケルベロスたちへと接近してくる。瑞樹に迫ってくる敵の前に割り込んだのは、プリンケプスだった。
 黒衣に包まれた両手がボクスドラゴンを捉える。
 静かに息を吹きかけると、プリンケプスが凍結していく。
「プリンケプス!」
 接近したティが惨殺ナイフを構えて季音を斬り刻む。氷を吹き飛ばしながらプリンケプスがブレスを吐いた。
「生き血を啜レ、美刃剥命!」
 スノードロップが美しい刃を振るう。その一閃は敵を捕らえたものの、次いで瑞樹が繰り出した白銀の弧を季音は跳躍して回避する。
 長い時を牢獄に封じられたままでいても、体がなまっているということはないらしい。
「まずは動きを止めなきゃってとこだねぇ」
 時枝は少し距離を取った位置から季音の隙を狙っている。
 近くにいたノーザンライトが静かに首を縦に振った。
「麻痺漬けにしてあげる」
 魔女が青白く輝く槍に軽く口づけをすると、稲妻が宿った。
 放電する槍をまっすぐ敵に向け、ノーザンライトが一気に接近していく。
 エアシューズで炎を起こしながら時枝も追った。
「天道より駆け降りて雲霞を斬り割り、悪心禍根を地に伏せん。……つまりは死ねって事よ、喰らえ天剣らいおっとおおぉぉぉうぅ!!」
 レプリカントの機能を瞬間的に全解放、グラビティ・チェインによる身体制御と練り上げた武技を組み合わせ、時枝は炎とともに加速する。
 神速で放つ刃が、敵の動きを止めていた。
 アトの奏でる曲と、フィーユが作り出した星座の結界が仲間たちを守っている。
 支援を受けながら八雲が稲妻を帯びたグレイブで季音を貫いた。
 古の死神は強力な能力を示し、凍る吐息は確実にケルベロスたちの体力を奪っていく。
 ティは鳥籠内を跳び回る敵へと追いすがり、その攻撃を体で受け止めていた。
 プリンケプスやわさびも積極的に攻撃からケルベロスたちをかばっている。
 2回、攻撃を受けたら倒れるくらい回復不能のダメージが蓄積したら無理せずに撤退するつもりでいた。
 だがその基準だとサーヴァントもいるティは戦闘序盤でもう撤退することになってしまう。まだまだ勝ち目がある状況で退くわけにはいかない。
 捕食形態となった氷の花が八雲へと伸びていくのを、ティはつかんだ。
 花が彼女へ矛先を変えるが、それがティの役目だ。
「あなたの敵はこちらですよ」
 牙から逃れながら、敵の懐まで飛び込む。伸ばした手が敵に触れ、接触点から季音へグラビティコアを打ち込む。
 重力崩壊によって生まれたエネルギーがデウスエクスの体内を傷つける。
 後方から飛んできた気の塊が、周囲に浮かぶ魔法の木の葉が、ティを守って体に刻まれた噛み跡を癒してくれる。
「助かります、アトさん、フィーユさん」
「皆さんが攻撃をする余裕を作るのが、私の役目ですから」
「そうですわね。でも、感謝はしてくれてかまいませんわよ」
 回復してくれた仲間たちと言葉を交わす。1人では長く耐えられない攻撃であっても、仲間が支えてくれるなら戦い続けることができるはずだ。
 防衛役の者たちが頑張っていても、攻撃のすべてを引き受けられるわけではない。
 季音の呼気とともに吹き荒れる吹雪は、前衛を中心に氷で覆っていく。
 スノードロップは愛用の短剣を構えて踏み込む。
 氷は体にまだまとわりついたままだが動くのに支障はない。
(「冬の死神デスカ。何かオネエサマが言うには、アタシのことを恨んでいる氷使いの人魚型の死神がいるとかナントカ。何か知ってるデスカネ」)
 記憶を無くす前になにかしてしまったらしい。が、記憶がないのだからサッパリわからない。もっとも、長く牢獄に捕らわれていた敵が知っている可能性は低いだろう。
「マア、油断せずkillキルとイキマショウ。紅に染マレ! 血染めの白雪!」
 後衛は回復に尽力してくれているが、スノードロップは敵から体力を奪う技をメインにして自分でも回復しつつ戦っていた。
 白い氷に覆われた死神の体を、白く美しい刃で切り裂く。
 鮮血が短剣を、そして彼女自身を染めて、体力を奪い取っていく。
 戦いはまだまだ長引きそうだった。

●牢獄に朽ちる氷
 戦いは長引いていたが、レギンレイヴ班からの合図はなかった。
 もっとも、季音もまだ追いつめるには至っていない。最初の数分を移動に費やさねばならなかったし、長期戦に備えた戦い方をしている影響もあるだろう。
 ケルベロス側にも、サーヴァントを含めて倒れた者はいない。
「私の薔薇よ咲き誇りなさい!」
 フィーユは吹雪を浴びたノーザンライトと時枝の周囲に真紅の薔薇を生成する。
 自分の手で腕につけた傷から生まれた薔薇は、優しい香りと美しさで仲間を癒す。
 もっともこの薔薇の影響を長く受け続ければ幻覚にさいなまれることになる。
「フィーの……温かい」
「戦場ですわよノーン!? 目を覚ましなさい!!」
 なんだか戦場で見ていては行けない光景を幻視していそうな魔女を必死に呼び戻す。
「おいおい、遊んでる余裕はないんだぜ」
 瑞樹は仲良く騒いでいる2人に声をかけた。
 とはいえ彼女たちがしっかりと役目を果たしていることはわかっている。
「目覚めろ獣の血よ。宿れ月の魔力よ。唸れこの手足……ウェアライドアーツ」
 正気と共に獣の血を目覚めさせたノーザンライトが連撃と共に月の魔力を流し込んで敵を縛る技の効果を増幅させる。
「生殺しで悪いが、まだしばらくは付き合ってもらうぜ」
 魔女に続いて瑞樹も刀を一閃する。
 母に学んだ技術で繰り出す刃は、格上のデウスエクスにとってもたやすくは見えない。
 急所を貫いた刃がさらに敵の動きを制限する。
 数分もしないうちに、敵は総攻撃をかければ倒しきれるほど傷ついていた。
 ギリギリまで追い詰めたいと考える者もいたが、ゲームのように敵の残りHPや与えるダメージがわかるわけではないのであまり限界を狙うのはまずい。
 味方ではわさびが倒れている。さらに攻撃しようとした敵の動きが一瞬止まった隙に、時枝が代わって前衛に出た。
 ケルベロス側も追いつめられてきているが、レギンレイヴ班からの合図はなかった。
 まだ時間を稼がねばならない。
「倒れる前に教えて。誰が何故、あなたたちを閉じ込めたの?」
 ノーザンライトは季音に問いかける。
 死神は嫌いな彼女だが、幽閉されていた敵はさすがに可哀そうだと感じる。
「そんなことを答える必要ないわね。……教えたら、あなたたちの誰かが自殺してグラビティ・チェインをくれるというなら考えてもいいわよ」
「……そう。やっぱり、相容れない……」
 地球に危害を加える気である以上、最初からわかっていることではあった。ノーザンライトは息を吐くと、前線に出て守りを固める。
 ティに触れそうなほど接近した季音の唇から白い吐息が漏れ出て氷漬けにする。
「ごめんなさい、そろそろ限界です!」
 よろめきながらティが鳥籠から離脱する。
「そろそろ合図がなきゃ、厳しいかもねぇ」
 時枝が呟く。彼女やノーザンライトが防衛役に回ったことで余裕ができたが、永遠に続くものではない。
「皆さんが動きを止めぬよう、私から送る曲です。どうぞ……」
 アトはいつも手にしているハーモニカで行進曲を吹いた。
 テンポのいい曲は機械の動作が動き出して安定するまでを表現しており、聞く者の気分や体力を上向かせる。
 ただ、明るい行進曲でも、どこか物悲しく響いてしまうのはいつものことだ。
 演奏を続けながら彼女はレギンレイヴの鳥籠から注意をそらさない。フィーユもだ。
 スノードロップをかばって2人分の吹雪を浴びたプリンケプスが倒れる……。
 その時、アトはレギンレイヴを追いつめるケルベロスたちの姿を確認する。
 合図はまだだが、戦いはもう終わる。
「レギンレイヴがもう倒れます、攻撃に移りましょう」
「もう倒して構いませんわ!」
 アトとフィーユの声を聞いて、ケルベロスたちが動き始める。
「とっておきを見せちゃるデース!! わが声に従い現れヨ!! 抜けば魂ちる鮮血の刃!! ダインスレイブ!!」
 スノードロップが召喚した魔剣が、生き血を求めて敵を追い詰める。
「冬将軍去るべし。火刑執行」
 ノーザンライトが魔剣を追って、炎を巻き上げながら接近して蹴りを叩き込む。
「リア充で爆発しろ」
「良くやりましたわノーン、後は私に任せなさい!!」
 フィーユが接近し、妖しくも美しい大鎌が急所を切り裂く。
 レギンレイヴ撃破を告げる照明弾が上がった。
 ……だが、まだ敵は倒れない。
 おそらくは誰かが後一撃入れれば――。
 八雲は連続攻撃を受けた季音の隙を逃さずに動いていた。
 季音はなんのことかわからないと言った。けれど、八雲には確かに、彼女がかつて思い出の花畑を氷の地に変えたデウスエクスに見えていた。
 少なくとも……彼女が同じ冬の死神であることは間違いない。
「止めは、私が刺させてもらいます。自然の力で、冬に打ち勝つために」
 彼がしなくとも、瑞樹や時枝の攻撃が確実に倒してくれるだろう。
 けれどできるならば、攻性植物に込めた思いを見せたかった。
 捕食形態に変化した植物が、狙いすました動きで季音を捉える。
 自然に喰らわれた死神の残骸が、鳥籠に落下した。

●牢獄崩壊
 戦いは終わった。
「援護が必要な班があれば助けにいくつもりだったけど、他の牢獄も大丈夫かな」
 瑞樹が周囲を見回す。
 レギンレイヴを始め、どこの鳥籠でも戦闘はおわっているようだ。
「寒かったでしょう……私が温めて差し上げますわ♪」
「うん、寒かった。フィーと温めあわなきゃ」
 フィーユとノーザンライトが寄り添いあう。
 殺風景な牢獄の中でも、この戦場は特に寒かっただろう。
「できれば『死者の泉』がないか調べたかったのですが……」
 ティも周囲を見回すが、それがどこにあるかはわからない。
「残念ながら時間はなさそうデース」
 そして、牢獄はすでに崩壊を始めており、調査の時間はなかった。
 ケルベロスたちが牢獄から脱出する。
「わさび、終わりましたよ。さあ……帰りましょう」
 倒れているサーヴァントを助け起こすと、八雲は一瞬鳥籠を振り返る。
 そして彼もまた、牢獄から抜け出していった。

作者:青葉桂都 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2017年3月17日
難度:普通
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 4/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 1
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。