湿原の牢獄~囚われの匣

作者:さわま


「釧路湿原で事件を起こしていたテイネコロカムイが、ケルベロスのみんなの活躍で無事撃破されました!」
 開口一番、笹島・ねむ(ウェアライダーのヘリオライダー・en0003)は元気にそう告げると、その丸い目をさらに丸くして言葉を続けた。
「でもでも、その結果大変な事が分かりました。テイネコロカムイは、死者の泉を見つけ出したと伝えられている古のヴァルキュリア『レギンレイヴ』の配下で、レギンレイヴと仲間を地上に解放するためのグラビティ・チェインを集めていたんです!」
 ねむの話によると、撤退したテイネコロカムイを追撃したケルベロスたちがたどり着いた場所は、死神の世界への反逆に失敗し幽閉された死神たちの牢獄で、彼らのリーダーこそがレギンレイヴであったのだという。
「とっても長い間牢獄に幽閉されていたレギンレイヴは世界の全部に復讐しようとしています。もしもレギンレイヴが地上に出ちゃったら、沢山の人が殺されて、その魂を使って沢山のエインヘリアルが生み出されちゃいます!」
 とは言え、唯一牢獄から抜け出す事が出来たテイネコロカムイを撃破した事で、今すぐにレギンレイヴ達が地上に出てくる事は無いらしい。しかし、テイネコロカムイがそうであったように、何かの拍子に彼女やその配下が地上に出てくる懸念は残ったままだ。
「このままレギンレイヴたちを放っておくと大変な事になっちゃうかもしれません。レギンレイヴたちが牢獄にいる今のうちに撃破しちゃいましょう!」

 牢獄の詳しい状況と、今回の作戦の概要をねむは説明する。
「テイネコロカムイをやっつけたケルベロスさんたちの話によるとですね。テイネコロカムイが逃げた異空間の先に『鳥籠』のような牢獄が沢山あったそうです」
 そのケルベロスたちが辿り着いた先は、テイネコロカムイが囚われていたと思われる『鳥籠』のひとつで、その空間には他にも40以上の『鳥籠』があり、それら1つ1つに1体のヴァルキュリアか死神が幽閉されていたというのだ。
「テイネコロカムイの『鳥籠』はケルベロスさんが触れると扉が開いたそうです。他の『鳥籠』も、ケルベロスのみんななら自由に出入りできる仕組みだと思います。あと『鳥籠』の外から内側には攻撃が届かないのに、内側からは外に攻撃できるんだそうです」
 『鳥籠』の外に出たケルベロスが、『鳥籠』の中のデウスエクスたちから攻撃を受けたという報告があった。その攻撃の威力はかなり減衰していたという話だが、数が多くその場から撤退せざるを得なかったそうだ。
「なので、テイネコロカムイの持っていた護符でテイネコロカムイの『鳥籠』に移動したあと、それぞれのチームが目標とする『鳥籠』に移動して、中のデウスエクスをやっつけてください! でも移動の時に、どこかのチームが集中攻撃を受けちゃう可能性があります」
 外からの攻撃が不可能な以上、敵の攻撃をかいくぐり『鳥籠』内に侵入して中の敵を撃破するより手立ては無い。しかし、いくら攻撃が減衰されるとはいっても40体以上のデウスエクスから集中砲火を浴びれば只では済まない。
「だから『鳥籠』に中のデウスエクスを挑発しながら近づいて、攻撃を引きつけられるよう工夫をお願いします」
 各々のチームが敵の攻撃を分担する事で集中砲火の危険は無くなる。敵を連携させず、迅速に目標の『鳥籠』へ移動する為の工夫があると良いだろう。

「みんなのチームの目標は、『パンドラ・ゴースト』っていう女性の死神です。いつも大事そうに箱を抱えていて、その中に生き物の魂を閉じ込めているんです!」
 パンドラ・ゴーストは他人の事などお構いなしの無邪気な性格をしていて、自分が『鳥籠』に閉じ込められた事を恨んでいるという。
「自分も箱の中に魂を閉じ込めているのに、それは悪い事だって全然思ってません!」
 ねむは可愛い頬を膨らませ、憤りをにじませる。
「パンドラ・ゴーストは魔法のようなグラビティと箱の中の魂を無理やり操るグラビティで攻撃してきます」
 パンドラ・ゴーストの手から囚われた魂を解放するには彼女を倒すしか無いだろう。
「あと、注意して欲しい事があります! パンドラ・ゴーストは『鳥籠』から逃げ出す為のグラビティ・チェインを何より欲しがっているので、戦闘中でも戦闘不能になった人を殺してグラビティ・チェインを得ようとしてくるかもしれません!」
 今回の戦いにおいては、戦闘不能あるいは危機に陥った仲間を安全な場所に退避させる工夫も考えておいたほうが安全だ。

「あとですね。デウスエクスもグラビティ・チェインを少しだけ持っているので、倒された仲間のグラビティ・チェインを利用して牢獄から逃げ出そうとする敵がいるかもしれません。もし出来たらですが倒すタイミングを周りのチームの皆さんと合わせられると良いかもしれないです!」


参加者
八代・社(ヴァンガード・e00037)
一条・雄太(一条ノックダウン・e02180)
フェリス・ジルヴィルト(白雪子狐の道標・e02395)
シレン・ジルヴィルト(フェルモーント・e02408)
森沢・志成(半人前ケルベロス・e02572)
ノイア・ストアード(記憶の残滓・e04933)
黄檗・瓔珞(斬鬼の幻影・e13568)

■リプレイ


 誰そ彼ときの大鳥居。子狐ひとり居ったとさ。
 さあさ一緒に遊びましょ。子狐知らぬ声がした。
 うす暗闇の誰そ彼。誰とも知れぬ誰そ彼。
 相手は人かまた鬼か。神とも知れぬ誰そ彼。

「パンドラちゃん! フェリが遊びに来ましたですよ!」
 フェリス・ジルヴィルト(白雪子狐の道標・e02395)の視線のはるか先。そこに子狐の少女の目指す鳥籠とその中に囚われた女の死神がいた。
 脇目もふらずただ真っ直ぐに死神に向かってフェリスはひた走る。その横顔を兄であるシレン・ジルヴィルト(フェルモーント・e02408)は複雑な心境で見守っていた。
(「なんかフェリの方が懐いてるっぽいが、相手はデウスエクスだもんな」)
「向こうはまだこちらに気付いていないみたいだな」
「これだけの人数がいきなり雪崩れ込んできましたから、仕方ないですね」
 一条・雄太(一条ノックダウン・e02180)の呟きに、森沢・志成(半人前ケルベロス・e02572)が答えた。志成の言葉通り350人以上のケルベロスが一斉に牢獄に現れたのだ。死神がその中から挑発を行うフェリスひとりを見つけ出す事は難しいといえた。
「今さらやる事は変わらんさ、近付きゃ向こうも気付くだろ。最短経路を突っ切るだけだ」
 前へと進む足を止める事なく八代・社(ヴァンガード・e00037)が言った。
(「しっかし、ここに来た途端に無線は使えないわと今回は散々だな」)
 ま、中々思い通りにはいかないもんさと内心で肩をすくめる。
「よっしゃ行くぜ! 最短距離を最速で駆け抜ける!」
 雄太の声に全員が頷く。
 そしてケルベロスたちは一丸となりグラビティの飛び交う戦場を駆け抜けていった。
「流れ弾に注意してください。あまり離れ過ぎないように」
 側面のガードを固めるノイア・ストアード(記憶の残滓・e04933)が仲間たちへと声を掛けた。その側には同じく仲間の護衛につくミミックのアランの姿があった。
「りょーかいなんだよっ!」
 シュセリカ・アリアスティル(向日葵・e07048)が元気に答える。するとシュセリカの方にグラビティが迫っている事にノイアは気付いた。
「あわわっ、バリア!」
 シュセリカはとっさに隣に居たシャーマンズゴーストのアスティンを盾にしてそれを防ぐ。
「お手柄だよっ、アスティン!」
 パチパチと手を叩いて相棒を讃えるシュセリカ。威力が減衰されていた事もあり、アスティンへのダメージは軽微であったのは何よりだった。
 こうしてケルベロスたちは互いに連携し合い、先を進んでいった。
 そして。
「さあ、あと一息っていったところかな?」
 黄檗・瓔珞(斬鬼の幻影・e13568)のほんの少し先に目的の鳥籠があった。多少想定外の事もあったが、ここまでの被害は最小限度に抑える事ができたと言って良いだろう。
「……いや、これからが本番か」
 呟いた瓔珞の目に、こちらへと振り向きニンマリと笑みを見せる死神の姿が映り込んだ。


 この鳥籠に囚われて以来、パンドラは退屈な時間を過ごしていた。匣に閉じ込めた魂と戯れるのはそこそこ無聊を慰めてくれたが、それにも限度があった。
 そんな折にケルベロスたちがやってきてくれたのだ。死神はいつ振りかの気持ちの高鳴りを覚えていた。
 そして今。こちらへと向かってひた走るウェアライダーの兄妹の姿を死神の瞳は捉えた。
「――ッ!」
「兄ぃ!?」
 シレンの肩口を魔法の矢が撃ち抜く。動きの止まったシレンにフェリスの歩みも止まる。
 そのシレンの横を振り向きもせずに社が走り抜けた。
「知り合いなんだろ。声を掛けてやらなくて良かったのかい?」
 社と並走する瓔珞がいうと、社が愉快そうに笑った。
「知り合いだからな。あの程度で心配なんざ出来やしないな」
 成る程と、背中からウェアライダーの兄妹のものと思われる足音が再び聞こえ始め、瓔珞も不敵な笑みを見せる。
「あいつらの突入を援護するぞ!」
「はい。上手く動いてよ……」
 雄太が鳥籠へとグラビティを放ち、志成がドローンを展開する。直接的な効果は期待できなくとも、パンドラへの牽制にはなるだろう。
 ケルベロスたちは次々と鳥籠へと突入していった。真っ先に飛び込んだ社が一足でパンドラとの距離を詰め、両手の大口径拳銃のトリガーを引いた。
「銃弾拳法・五段、正拳士。八代・社――推して参る」
 銃弾自体は死神の魔術防壁によって防がれたが、銃の反動で社が加速。鋭い回し蹴りを死神へと叩き込む。
「フェリスちゃん、狙われてるぜ!」
 隊列を整えていたフェリスに雄太の声が飛んだ。パンドラの魔法の矢がフェリスへと放たれようとしていた。
「無音の空。深淵の谷――」
 瓔珞の低い声が周囲に響き渡る。
「襲え黒影、いざや参れ―――『夢幻・深淵峡谷一本橋』」
 瓔珞から黒い影のようなものが放出され、一瞬、死神を包み込む。次の瞬間、魔法の矢が一斉に瓔珞に向けて放たれた。
「狐のお嬢さんの前に、まずはおじさんと遊んで貰いましょうかねぇ」
 自分の行動に首を傾げた死神に、瓔珞が不敵な笑みを浮かべるのであった。


 パンドラが魔法を放つと、周囲に展開していたドローンが魔法目掛けて飛び込み爆発を巻き起こした。
「よしよし、ドローンの稼働に問題は無いな」
 志成が手元のコンソールを確認して満足そうな顔を見せた。ドローンは死神のグラビティに反応して、自動的に攻撃に飛び出し威力を減じさせるよう設定されていた。
 その隙に、シレンが死神へと攻撃を加えていった。近づいては剣を振るい、離れては銃弾を見舞う剣銃一体の戦いを繰り広げ、死神の動きを封じていく。
 さらに雄太が死神へと接近。渾身の一撃を叩き込もうとした所で、刹那、パンドラの顔が目に入った。
「――チッ!」
 雄太に生じた一瞬の躊躇。気がつけば雄太の足元から氷の嵐が吹き上がり、足元を凍りつかせていった。
 そこにノイアが槍を死神に向けて突き出す。
「放電――出力100%」
 切っ先から放たれた電撃が周囲に激しい火花を撒き散らした。
「やってくれたな、このヤロウ!」
 その隙に氷の嵐から抜け出した雄太が大きく跳躍する。
「『虎尾脚(サヤマスペシャル)』!」
 必殺の回転回し蹴りに吹き飛ばされたパンドラが地面を転がった。
「痛い……何でみんなして、わたしをイジメるの……」
「パンドラちゃん」
 涙目になったパンドラが顔を上げると、フェリスの姿があった。
「みんなとずっと遊んでいたいだけなのに……だから、わたしに痛くしないで? 大人しく殺されて。ね、いいでしょ?」
 フェリスに向かってパンドラは無邪気に微笑む。
「パンドラちゃんは間違ってますです! フェリたちと仲良くしたいんだったら……」
「五月蝿い! 怒鳴る人は嫌いよ。友達になりたいなら死んで! そうじゃないなら殺してあげる!」
「フェリス、そいつには何を言っても無駄だ!」
 社がパンドラへと近付くと、死神が手元の匣の蓋を開けた。
「嫌い嫌い嫌い嫌い! みんな死んじゃえ!」
 匣から溢れ出た魂が苦悶の呻き声を上げて解き放たれていった。怨霊と化したそれらは社の手足へとまとわりつき、吞みこんでいく。
「あくりょー退散っ! なんだよっ!」
 シュセリカの手から紙の束が放たれて、社にまとわりついた怨霊を吹き飛ばした。
「助かったぜ!」
「良いって事なんだよっ。チャーシューのおにーさん!」
 シュセリカがにぱっと笑う。言われて以前、シュセリカにお手製チャーシューを食べさせた事があったと、社は思い出した。


「火線を集中! 圧力で動けなくさせるよ!」
「抱え込んだその魂、お前の命ごと解放させてもらうぞパンドラ!」
 パンドラを中心に次々と湧き出る怨霊たちに、志成とシレンが素早く弾丸を撃ち込んだ。
「アラン、道を開いてください」
「アスティンも行くんだよっ!」
 ノイアとシュセリカがそれぞれの相棒に指示を出す。二体のサーヴァントは仲間の攻撃で勢力の弱まった箇所に身体を張って突撃していった。
 パンドラがこちらへと来るサーヴァントたちに目をやった瞬間。サーヴァントたちの後ろに潜んでいた雄太が飛び出し、低空タックルを叩き込んだ。
「よし、捕まえた!」
 もがく死神をガッチリとホールドする。そしてリフトアップ、鳥籠の柵に向かって投げとばす。柵に叩きつけられて大きく息を吐きだした死神に今度はフェリスが接近した。
 ――ザシュッ!
 フェリスの獣化した爪がパンドラの腹部を裂き、血が舞い散った。
 と、次の瞬間であった。パンドラが血塗れの手でフェリスの腕を強く掴む。
「捕まえたよ」
 死神の身体から爆発的な量の怨霊が噴き上がった。


 フェリスの視界が怨嗟の声を上げる魂によって埋まっていく。喉元にかかった死神の手が強く握られ呼吸が止まる。意識が朦朧とする。
「フェリ!」
 声が聞こえた。
 フェリスが震える手を伸ばすと、大きく暖かい手が少女の手を掴んだ。
 グッと身体が持ち上がり、目の前に見慣れた兄の顔があった。
 シレンは妹を抱きかかえ即座に死神から距離をとった。
「上手くいったみたいですね」
「助かったぜ、ノイア。大丈夫か?」
 疲弊した様子のノイアにシレンが笑顔を見せた。シレンがフェリスを助け出すまでの間、身を挺して盾となっていたのだ。
「ストックはまだありますので、戦闘は続行できます」
 言ってノイアは腰のベルトからUSBメモリをひとつ引き抜いて首元に突き刺す。
「癒しの記憶をダウンロードします――『USBメディックメモリ』」
「これ以上粘るのは危険だ。ここで決めるぞ」
 社がパンドラを食い止めている雄太と志成に目を向けつつ口を開いた。
「おじさんもそれに賛成さ」
 瓔珞が頷く。できる事ならば他班と同時撃破を目指すのが理想であったが、既に設定していた限界ラインは超えている。敵の性質も鑑みれば最悪の事態が起こらないとも限らない。
「うんっ。それじゃ出し惜しみ無しでいくんだよっ!」
 アスティンに肩車してもらったシュセリカがパンドラへと突撃する。
「さぁ、ならせ。祝福の音」
 アスティンが大きくジャンプ。空中でシュセリカが両手から何かをばら撒く。
「沢山の星よ降れ! 『星詠みしゅーてぃんぐ』」
 キラキラと降り注ぐは大小様々、色取り取りの金平糖。それらは地面に落ちると盛大な爆発を引き起こした。
 その爆発の中から瓔珞が姿を現す。
「死神、お前に冥府の裁きを下すのは――僕たちだ」
 逆手に構えた『宵練・偽』をすれ違い様に死神に振るった。
「加速、開始――」
 両手の拳銃を投げ捨てた社が小さく呟く。
「M.I.C、総展開――」
 社の右拳が青白い光を発し、自身の長い影を地面へと落とす。そして次の瞬間、社はその影を置き去りにして死神の前へと姿を現した。
「終式開放ッ! 『魔導発勁・終式(デストラクトエア・オメガ) 』」
 撃ち出された右拳が死神の身体を吹き飛ばす。その先にはフェリスとシレンの兄妹がいた。
「やっちまえ、2人とも!」
「其は疾く走る狐火の獣――」
「且は空を裂く光輝の獣――」
「魔を清めし青き焔よ、魔を祓う光輝と共に――」
「魔を祓いし白き光よ、魔を清める狐火と共に――」
 フェリスとシレンの足元に狐火と光狼の2匹の召喚獣が姿を現す。
「「空裂き疾走る雷身となれ」」
 兄妹の声に応え、雷獣から放たれた2対の雷光が死神へと迫る。
「あ、あああアアッッ――ッッッ!!」
 パンドラの最期の叫びは光の中にかき消えていった。


「フゥ、最近は喫煙者にゃ肩身が狭いご時世だからな。ここが禁煙じゃ無くて何よりだ」
「全くだねぇ。ともかく全員無事で何よりだよ」
 鳥籠の柵に背中を預けた社が紫煙を吐き出すと、その隣で瓔珞が静かに頷いた。
 彼らの視線の先に蛍のように飛び交う光に囲まれたフェリスとシュセリカの姿があった。
「解放できて良かったんだよっ。ねっ、フェリスちゃん!」
「はいですですよ、シュセリカお姉さん」
 2人が見守る目の前で、やがて光は虚空に消えていった。
「またいつか、生まれ変わる時まで――おやすなさいです」
 優しく微笑んだフェリスの手元には荊を模した髪飾りがあった。
「色々とフォローありがとうな」
「無事目的が果たせたようで良かったですね」
 笑顔を見せた志成にシレンが頭を下げる。パーティで同じ役割をこなした2人であったが、要所要所で志成がシレンのサポートに入る場面があったのだ。
「お疲れ様でした」
 ノイアが鳥籠の外を見ていた雄太に声をかけた。
「ああ、お疲れ様」
 雄太が答える。2人は同じ旅団の仲間でもあった。
「あの娘の戦いも、そろそろ決着がつく頃だな」
「……はい」
 外を見つめる2人の脳裏に、別の鳥籠で戦っているはずの、同じ旅団のオラトリオの少女の姿が思い浮かんだ。

 あと少しでケルベロスと、古のヴァルキュリアと死神たちとの決着は着くだろう。
 彼らはその時を静かに待つ。仲間たちの勝利と無事を信じて。

作者:さわま 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2017年3月17日
難度:普通
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 2/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 1
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。