湿原の牢獄~白獅子の歌声

作者:刑部

「釧路湿原で事件を起こしとった死神『テイネコロカムイ』の撃破に向かったケルベロス達が、期待に応えてテイネコロカムイの撃破に成功したんや。
 そんで、テイネコロカムイの目的が『グラビティ・チェインを略奪し、牢獄に幽閉されている仲間を脱獄させる事』やった事も分かったで」
 杠・千尋(浪速のヘリオライダー・en0044)が笑顔を見せる。
「しかも牢獄に幽閉されとったのは、『死者の泉』を見つけ出したと伝えらとる、古のヴァルキュリア『レギンレイヴ』とその軍団である事も分かったんや。
 悠久ともいえる時間幽閉されとったレギンレイヴは、世界の全てに対する復讐を遂げる事を目的としとるらしく、彼女がこの牢獄から解き放たれたら『多数の一般人が殺害され、その魂からエインヘリアルが生み出される』様な、重大な事件が起こってまうかもしれへん」
 千尋の説明に神妙な顔で頷くケルベロス達。
「唯一牢獄から抜け出せとったテイネコロカムイを倒した事で、レギンレイヴ達が直ぐに地上に出てくる危険は無くなったんやけど、テイネコロカムイが脱獄しとった様に、この牢獄も完全っちゅー訳やない。なんらかの理由で、レギンレイヴらが解き放たれる可能性も0やあれへん。
 しかも、や。この牢獄の存在を他のデウスエクスが知ったら、その戦力を利用しようとする事が考えられるわな。特にエインヘリアルがレギンレイヴの力を手に入れてしまえば、その勢力を一気に拡大させる可能性が高い」
 明るくない未来予想図を語る千尋。
「そうさせへん為にも、今の内にこの牢獄に捕われとるヴァルキュリアと死神らを撃破して、この牢獄を制圧してまおうっちゅー訳や」
 と立てた人差し指を左右に振る。

「テイネコロカムイを撃破した時に手に入れた護符を使うたら、牢獄のある場所へ移動する事ができるんや。
 移動する場所には、40以上の鳥籠みたいな牢獄が浮遊しとって、その鳥籠1つに対して1体のヴァルキュリアか死神が幽閉されとる。この鳥籠に幽閉されとる者らは、この『鳥籠』の外に出る事はでけへんみたいなんやけど、牢獄の外から来た自分らケルベロスやったら、外を自由に移動する事が出来るみたいやねん」
 絵図面を描きながら説明を続ける千尋。
「みんなは、まずテイネコロカムイが幽閉されとった鳥籠に転移するやろ? そっからそれぞれが攻撃目標とする鳥籠に移動して鳥籠内に潜入、幽閉されとる敵をそれぞれが撃破っちゅー流れや」
 紙には1つの鳥籠から回りの鳥籠に矢印が引かれ、バツが描かれた図が出来上がっている。
「テイネコロカムイと戦った人らの情報やと、鳥籠の外から内への攻撃はまったく不可能みたいなんや。せやから相手が幽閉されとる鳥籠に潜入するまでは、こっちから攻撃する事がでけへん。
 反対に鳥籠の中から外へは攻撃できるみたいなんや。まぁ威力は大分落ちるみたいなんやけどな。威力が落ちとるとは言え、目的の鳥籠の中に入んのに手間取ったら、その間色んな鳥籠から攻撃を受け続けてまうかもしれへん」
 絵図面に各鳥籠から跳ぶ攻撃が描き足される。

「特に、特定のチームが計40体ものヴァルキュリアと死神に集中攻撃を受けたら、威力が落ちとるとは言え、耐え切れへんかもしれへん。……せやから、チームごとにそれぞれ担当の鳥籠を最初から決めて、その相手を挑発しながら近づいていくんや。ちゃんと攻撃を自分らに向けさせるように工夫せなあかんで」
 と基本戦術について説明する千尋。
「ほんで、レギンレイヴを攻撃するチームは、他の鳥籠で戦闘が始まった後にレギンレイヴの鳥籠に向かったら、集中攻撃を受ける可能性を減らせるやろ」
 と千尋が結ぶ。

「担当して貰いたいんは、白獅子のウェアライダーみたいな死神が捕えられてる鳥籠や。
 羽織袴で柄の先がマイクみたいになった刀を持っとる。こいついだけやのうて、他のやつらもやねんけど、奴さんらは、この牢獄から脱出する為にグラビティ・チェインを渇望しとる。せやから戦闘中であっても、ケルベロスを殺してグラビティ・チェインを奪い取るチャンスがあったらそれを狙いよる。
 戦闘不能になった仲間とか、危機に陥った仲間については、いつも以上に気を付けなあかんで。そやな、他の鳥籠からの攻撃が無いんやったら牢獄の外に撤退させるとか、殺されない為の工夫も考えといた方がえぇかもしれへん」
 と、千尋が注意を促す。

「殆ど討ち取っても、そこで得られたグラビティ・チェインを使うて一部の敵が牢獄から脱出するっちゅー可能性も否定でけへんからな。
 この牢獄は外から内部を視認できるから、他のチームの戦闘状況とかも考慮して、撃破するタイミングを合わせる事がでけたら最上やな」
 と笑う千尋の口元に八重歯が光るのだった。


参加者
マイ・カスタム(重モビルクノイチ・e00399)
ドルフィン・ドットハック(蒼き狂竜・e00638)
ジークリンデ・エーヴェルヴァイン(幻肢愛のオヒメサマ・e01185)
清水・光(地球人のブレイズキャリバー・e01264)
善田・万造(命のもとから鉄拳治療・e11405)
セット・サンダークラップ(青天に響く霹靂の竜・e14228)
鍋島・美沙緒(神斬り鋏の巫女・e28334)
日影野・燦(這い寄るコールタール・e32883)

■リプレイ


 テイネコロカムイが捕えられていた牢獄から出たケルベロス達が、それぞれ担当する鳥篭に向かって駆ける。その一つ。
「グラビティを遮断する牢獄に閉じ込められる敵とは、さぞ強力なのじゃろうのう!」
 先頭に立って嬉しそうに歯を見せて笑うのはドルフィン・ドットハック(蒼き狂竜・e00638)。
 その双角も雄々しく揺れ、弾む様に一直線に駆ける先の鳥篭、
「武士で歌手……なんというか、ニッチな客層にアピールしようとして爆死したコンセプトアイドルみたいだな」
 と、マイ・カスタム(重モビルクノイチ・e00399)がモノアイゴーグルを向けるが、そこに捕えられた白獅子の死神が、
「はっきりと聞こえぬが、拙者を侮辱しているという事は判るぞ」
 自分の居る鳥篭に向かって来るケルベロス達に対し、まるで音壁の如き重低音を響かせ、その歩みを阻もうとする。
「なにこれ? 歌? 歌なの? 本気で『歌ってる』のよね? 大丈夫?」
「ほんまほんま。うち知ってるで、手前みたいな輩が、なんとか侍、残念っていう残念さんやってことわな」
 それを受け、心底可哀相という表情を向けて更に挑発するジークリンデ・エーヴェルヴァイン(幻肢愛のオヒメサマ・e01185)に、頷いた清水・光(地球人のブレイズキャリバー・e01264)も地獄化した毛先を揺らし、その鳥篭に向かって駆け続ける。
「そこのライオン! 憎しみに捕らわれた愚かな主や仲間たちを持つと苦労するよなあ!」
 セット・サンダークラップ(青天に響く霹靂の竜・e14228)の声に、眉を吊り上げた白獅子……死神歌手シシマルは、彼らに向かって更なる音圧を叩き付けると、桜の大樹が現れ、桜吹雪がその音圧で受けた傷を癒す。
「もたもたしてても一方的に攻撃されるだけだよ。一気に鳥篭に突入だね」
 最後尾で皆の影に隠れながら、彼岸華の髪飾りを付けた藍色の強い黒髪を揺らし、桜花を使って回復を施した鍋島・美沙緒(神斬り鋏の巫女・e28334)が、仲間達を急き立てる様に声を上げ、それに応える様に速度を上げた一行は、音の壁を突き破ってその鳥篭に取り付いた。
「どうやって開け……」
 セットが振り返りながら鳥篭の扉に手を振れた瞬間、鍵などなかったかの様に開く扉。
 そこから突入しようとするケルベロス達の機先を制したシシマルが、鯉口を切った柄を掴んで踏み込む刹那。
「良い歌だ。魂に響く……」
「おぉ……違いの解る者が居ったか!」
 日影野・燦(這い寄るコールタール・e32883)の呟きにその足が止まり、彼の方をまじまじと見るシシマル。
「って嘘だよ。だって、引き篭もりの歌とか気持ち悪いじゃないか、結果の分かっているものなんて何で聞く必要がある?」
「ワシの歌を聴け~~~! 昭和時代から生きてきた~♪」
 だが次の瞬間、上がったシシマルのテンションを一気に下げる一言を燦が言い放って、汚いものを見るかの如き視線を送ると、楽器を掻き鳴らした善田・万造(命のもとから鉄拳治療・e11405)が弾き語って歌い始め、その隙に一気に鳥篭内への侵入を果たすケルベロス達。
「ふむ、まだ拙者の歌がよく分かっていない様だ。アリーナ席で聞きたいと願うそなたらの願いを叶えてやろう」
「びっくりする程ポジティブだよね? そもそも歌と剣とか、どう見ても別ジャンルの二兎を追えば、どちらも中途半端になるのは当然だね」
 ごほんと咳払いをしてケルベロス達に向き直るシシマルを、マイがそう評して仲間達を見遣る。
「拙者のこの完成されたスタイルを侮辱するか、ならば聞けぃ、拙者の美声を、ボゲ~~」
 歌声が不協和音の塊となって叩き付けられ、何故か皆の脳裏に、オレンジ色の服を着たちょっと太めの小学生の顔が思い浮かぶ。


「消音材でも付けておけば良かった的な? まぁ無いよりマシの筈」
「はぁ、なんだって? 聞かぬ、聞こえぬ、わけわからぬ。最近耳が遠くてのう」
 セットがヒールドローンの群を飛ばして守りを固め、耳に手を当てすっとぼけた万造が、光を真に自由なるオーラで包んで耐性を与えると、歌声を振り払う様にしてシシマルへの距離を詰めるケルベロス達。
「ここが行き止まりの牢獄であっても、この道を修羅道と知り推して参る」
 全身を地獄の炎で包んだ光が、ドルフィンの吐いたブレスに気を取られたシシマルに踊り掛る。
「拙者の歌を静かに聞けぬとは……」
 その光と、続いたジークリンデとマイを抜いた太刀で応戦し憤るシシマル。
「居眠りする生徒を嘆く教師と同じだな。静かに聞き惚れる様な歌を歌ってないって事だよ」
 攻撃は口先だけに留め、次々とヒールドローンを飛ばして守りを固めるセット。
 その時、別の鳥篭から1発目の信号弾が上がる。
 見れば周りを周遊する鳥篭でも激しい戦闘が始まっており、閃光や轟音が空間に響きはじめた。
「拙者の美声に魂を震わせよ!」
 一転シシマルの声が変わり、ファルセットで紡がれる澄んだ詩が詰める光らの耳朶を打ち、その動きを縛りに掛る。
「皆と力を合わせて、最善を尽くさんとの! 更にお主とも最高のステージを作らんとの! ここは『せっしょん』じゃろう? 人生街道ジュオンジュオンジュオン~♪」
 マイにジョブレスオーラを飛ばしながら万造が声を張り上げ、美沙緒の起こした桜吹雪が、そのセッションに文字通り花を添えて皆を癒す。その隙に、燦の攻性植物が蔓草の様に伸びてシシマルを絡めると、
「歌はようわからへんけど、ずっと閉じ込められて退屈やったやろ? 久しぶりのお客やねんから、サービスしてくれへんとな」
 光がグラビティ・チェインを乗せた一閃をシシマルに叩き込んで鳥篭の奥へと押しやった。

 波状攻撃を仕掛けるケルベロス達の攻撃をいなしながら、朗々と歌い上げるシシマル。
「バカの一つ覚えみたいに歌って……良い声と酷い声の差が激しいんだよ」
 美沙緒がぼやきながら護符を投げ上げ、桜の大樹を喚び桜花を散らして回復を施すと、それにより麻痺やプレッシャーを跳ね除けたジークリンデと光が、挟撃する形で左右からシシマルを襲う。
「お主の歌と、わしが奏でる戦闘という曲。どちらが身体に染みわたるかのう?」
 ぶつけられる音圧を掻い潜ったドルフィンが、その2人と鍔迫り合いを演じるシシマルを竜尾も駆使し組み伏せに掛る。
「拙者の歌の方が心を震わせる事、疑い様もない!」
 そのドルフィンに向かって放たれた予備動作無しの斬撃。『ラハブの白装束』が大きく裂けて鮮血が滲み、流石のドルフィンも鳥篭の底を鮮血で濡らしながら後退する。カッと目を見開き、追撃を仕掛けようとするシシマルだったが、
「キミの雑音も、超威力の斬撃も全て『許してあげるよ』」
 燦が加えられたダメージが無かったかの様に見せる幻術を放ち、セットもティレクトデバイスによる重力攻撃を見舞った為、怒りを湛えたシシマルの攻撃目標がドルフィンから逸れる。
「あの攻撃だけはバカにできないわね」
 その間に美沙緒が、満月にも似たエネルギー光球をもってドルフィンを癒し、万造もそれを後押しする。
「耳栓をしても聞えるんだね。この気持ち悪い歌……」
「貴様っ……」
 マイを押し返したシシマルは、横合いから聞こえた燦の言葉に激しく反応し、柄に手を掛け一気に踏み込む……が、
「怒りで視野が狭くなったようじゃのう! これはさっきのお返しじゃ!」
 横合いからドルフィンが螺旋掌を叩き込み、シシマルの体が吹っ飛ばされる。

「どうした、こんなものか? 死に際のラストコンサート、もっとみどもにその声を聴かせてみよ!」
 地獄の火炎弾を叩き込んだジークリンデが吼えるが、シシマルはセットと燦に怒りの矛先を向けており、ジークリンデを一瞥しただけでセットに斬り掛る。
「……集中攻撃されるのもイヤだが、ガン無視されるのも腹立たしい『たしい』」
 眉に皺を寄せたジークリンデの声に、降魔した魂であるアモルっぽい声がハモり、愛剣『Love me do』に愛憎の炎を纏わせ斬り掛ると、
「やり過ぎないでね、ジークリンデさん」
 共に距離を詰めたマイがモノアイを向け小さく微笑む。
 後ろでは美沙緒がレギンレイヴの居る鳥篭を気にしているが、未だ信号弾は上がっておらず、同時撃破を考えればやり過ぎは禁物だった。
「大人しく拙者の歌を聞けぃ!」
 次々と放たれる攻撃、今も光の斬撃を受けながらも押し返したシシマルは、再び耳障りな重低音の音壁を作ってケルベロス達を押してくる。これに万造が対抗して声を張り上げ回復を飛ばすと、ドルフィンが竜闘業でシシマルの関節を決めた。
「そのままじっとしてなさい。ドルフィンさん避けて!」
 そのシシマルに捕食モードに変形したブラックスライムを嗾けるマイに、危うく一緒に呑み込まれそうになったドルフィンが抗議の声を上げる中、
「かなりダメージを与えている筈よ、まだ信号弾は上がってないのよね?」
 ジークリンデは眼鏡の赤縁を押し上げ、後衛陣に確認する。


「あいや待たれい!」
 双方息切れして一旦距離をとる中、万造が芝居かかった調子で掌を向ける。
「こう争ってばかりでなく、ゆっくりとお主の歌を聞いてみたいのじゃがどうだろうか?」
「なにっ……」
 万造の言葉に得物を下ろすケルベロス達を見て訝しむシシマル。
「重低音の方はアレだしひどい事言ったけど、あの高い声の歌はいいな」
「そうやねぇ、あの歌は一聞の価値はあると思うわ」
 燦がそう褒めると光も同意を示して頷く。
「そ、そうか……そこまで言うなら、まぁ聞かせてやらん事もないぞ」
 少し照れながらマイクを構えるシシマルを、
「よっ、待ってました大統領!」
「ヒューヒュー!」
 ドルフィンとマイが囃してつつ、チラッチラッっとレギンレイヴの居る鳥篭を窺う。
「せっかく歌ってもらうんだから、舞台演出も必要だよね」
「ドローンの風で上手く舞い上がるかな?」
 と美沙緒が護符を投げ上げると、桜の大樹から散り落ちる花びらが、セットのドローンの起こす風に舞い上げられ、とても武士系死神ソロシンガーに合う情景を作り出す。
「『歌は愛です』……くっ」
 声色の違う言葉が口から漏れ、慌てて口を押えるジークリンデ。
「おお、この様な……夢の様な舞台を……あーごほんごほん」
 目を細めたシシマルが喉の調子を確かめる。
 無論、純粋に歌いたいだけでなく、攻撃してこないなら一方的に歌でのダメージを与える事が出来ると考えているシシマルと、信号弾まで時間を稼ぎたいので美沙緒の回復を配して様子を窺うケルベロス達の、虚々実々の駆け引きがこの様なおかしな空間を作り出したのである。
「それでは聴いて下さい。武士道と……」
 シシマルが超いい笑顔で曲名を告げようとした瞬間、レギンレイヴの鳥篭から信号弾が上がった。
「残念、鐘一つだ」
「聞きたい訳ないでしょう? ちょっとでも頭を働かせれば判る筈ですよ?」
 セットの飛ばす雷撃と燦の放った轟竜砲。それと共に、
「答え合わせの時間が来てもうたわ。歌はまた地獄がどこかで聞かせておくれやす。いざ散り乱れ、緋色の花を咲かせ!」
「な。歌も何もかも中途半端だっただろう?」
 地面を蹴った光とマイが次々と攻撃を叩き込む。
「おのれ……謀ったな!」
「謀ってなぞおらんよ。ただレギンレイヴが死んでもうたからのぅ」
 怒気を露わにするシシマルに、涼しい表情で返し殺神ウイルスの入ったカプセルを投じる万造。その言葉にハッとしたシシマルが、レギンレイヴの鳥篭を見上げたその隙を突き、
「という訳で、キミに逃げられたら困るという訳なんだよ」
「これぞロックミュージック! 芸術は爆発よ!」
 美沙緒が御業でシシマルを掴み、ドルフェンの一撃が喉に決まりシシマルの声帯を破壊する。
「私は私のコトバで語る。憎い『好きよ』殺す『愛す』わ。獣と姫は貴方の命を『愛を』ご所望よ。甘く苦い『切なくいとおしい』愛憎の溶熱で、貴方『あなたを』を美味しく頂くわ!」
 声にならない呻き声を上げたシシマルに振り下ろされた焔纏う巨剣。
 不思議な声がハモりながらジークリンデの振り下ろした其れが、シシマルが生涯の最後に見た光景となったのだった。

 他の鳥篭のあらかた決着が付いた様で剣戟の音が収まってゆく。
 だが、一息つく間もなく空間が震えはじめた。
「空間が崩れるぞ、脱出しろ!」
 別の鳥篭からの声に、慌てて最初の鳥篭を目指すケルベロス達。
 最後に誰も居なくなった空間を振り返り、ケルベロス達はここへ来た穴へと飛び込んだのだった。

作者:刑部 重傷:なし
死亡:なし
暴走:なし
種類:
公開:2017年3月17日
難度:普通
参加:8人
結果:成功!
得票:格好よかった 2/感動した 0/素敵だった 0/キャラが大事にされていた 4
 あなたが購入した「複数ピンナップ(複数バトルピンナップ)」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 シナリオの通常参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。